レポート

ヤフーvsクラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」イベントレポート【前編】

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

2014年2月25日(火),『ヤフーvsクラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」』が開催されました。このイベント最大の注目点はなんといっても,対戦形式の勉強会だということ。事前告知の際にも「勝負」のキーワードに対する注目度が非常に高く,新たな試みに期待が高まっていました。14名の登壇者と約500人(会場とUSTREAM)の参加者が繰り広げる熱いイベントの様子をレポートします。

画像

イベント概要

iOS開発にまつわる7つのテーマに沿ってヤフー,クラスメソッドそれぞれの登壇者が5分間の発表を行い,本イベントのために制作されたWebアプリケーションを使って参加者は登壇者に投票し,その得票数を競います。最終的な勝敗は総得票数ではなく,それぞれのセクションで勝敗を決し,勝利の多いチームが勝者となります。

会場の模様

会場の模様

いよいよ開演!

クラスメソッド大橋さんの乾杯の音頭と共にいよいよ開演です。ビアバッシュ形式ということでアルコールやソフトドリンク,軽食などが用意されていました。

まずはじめに,クラスメソッド株式会社の紹介,当イベントを開催するまでの経緯,投票方法の説明がありました。なぜ,ヤフーとクラスメソッドが対決しているのか?というところでは,iOS 7の登場が大きな要因であったようです。

クラスメソッド大橋さんによる「まずは乾杯」

クラスメソッド大橋さんによる「まずは乾杯」

クラスメソッドがiOS 7リリース直後に「iOS 7特集」と題して自社ブログに70本同時に記事を公開し,大きな反響を得て,次は勉強会だと意気込んでいたところに,ヤフーが「iOS 7 エンジニア勉強会@ヤフー」を開催を告知。クラスメソッドはまさに「ぐぬぬ」。ライバル心に火がついたクラスメソッドはしっかり勉強会に参加し,「サービス(ヤフー)」と「受託(クラスメソッド)」という両者の違いはあるものの根本は変わらないのではないのかというところで,情報交換,情報共有の場を設けようとアプローチしたのがきっかけになったとのことです。

【発表資料】ヤフーvsクラスメソッドについて(クラスメソッド:大橋)

全員参加型の投票

当日はUSTREAMのライブ配信もされていたので,会場の参加者とUSTREAMの視聴者から投票を受け付けていました。

投票はWebアプリケーションのボタンを押して行い,発表開始から5分間受け付けられます。そして,リアルタイムの投票数に応じて投票演出用のスクリーンにパーティクルが舞う仕組みです。これで,会場の方々も会場に来ることのできなかった方も,一人一人が目に見える形でイベントに参加できるというわけです。実際に声を発しなくても,会場にいなくても手軽に意思表示ができるというのは非常に嬉しい演出だったのではないでしょうか。

Webアプリによる投票画面

Webアプリによる投票画面

投票時の演出

投票時の演出

著者プロフィール

横山雄大(よこやまゆうだい)

クラスメソッド株式会社 アプリケーションエンジニア

建築出身の右脳コーディングプログラマ。UI/UXデザインをしている時が幸せ。ストレスフリーなアプリケーションデザインがモットー。

コメント

コメントの記入