レポート

ヤフーvsクラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」イベントレポート【後編】

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

はじめに

2014年2月25日(火),『ヤフーvsクラスメソッド「iOS 炎の7番勝負」』が開催されました。前半戦4戦を終えて2勝2敗の全くの互角。いよいよ決着が付く後半戦のレポートをお送りします。

第5回戦 テーマ:iBeacon

  • 先攻:ヤフー 羽田さん
  • 題名:iBeaconとJavaScript

今年の4月にヤフーへ入社が内定している羽田さん。現在はインターン生としてヤフーで開発を行っています。

ヤフー 羽田さん

ヤフー 羽田さん

iBeaconでできること

iPhone,Android,MacなどBluetoothが使えるものを発信,受信機にして近づいた,離れたといったことを検知できます。iBeaconを飛ばす時に識別子として使うUUIDが簡単に傍受できてしまうので,運用にはセキュリティを考慮する必要があります。

iBeaconでやってること

米MLBドジャースタジアムの飲食店に専用のアプリをもって入ると,ユーザに対してプッシュ通知を飛ばしてクーポンを配布するといったことが実際に行われています。

「お手軽! Start iBeacon!」と題して,iBeaconのはじめ方の紹介がありました。1つめがMacOSアプリケーションを作ること,Mavericksならできるそうです。2つめがBleacon(node.js)を使うことで簡単にMacを発信,受信機にできるとのことでした。ただ,羽田さんが実際にやってみたところ,発信の方は上手くいかなかったみたいですね。

PhoneGapでiBeaconを実現する方法にも触れていました。cordovaというプラグインを使えば簡単に実現できるという紹介でした。

iBeaconでできるようにしたこと

PhoneGapでiBeaconをやりたいということでプラグインを作成

  • 後攻:クラスメソッド 荒川さん
  • 題名:実践 iBeacon

荒川さんも羽田さんと同様に内定者。インターン生としてクラスメソッドで開発を行っています。荒川さんは iBeaconの運用に関してのお話でした。

クラスメソッド 荒川さん

クラスメソッド 荒川さん

まずは,簡単にiBeaconの概要説明。Beaconの検知エリア内に入った,もしくは出たという事を検知できるというお話。また,Beaconの検知エリア内にいる場合におおよその距離を知ることができるということでした。

iBeaconの機能について,iBeacon単体には決済やナビゲーションといった機能がついているわけではないので,必要ならばそれらは別で実装する必要があるとのこと。開発時に最低限必要な決めごとという話の中で,特にBeaconの設置場所,配置が運用するにあたって重要なポイントになると解説されました。利用シーンを想定することでどの程度の距離でイベントを起こすかわかり,Beaconが複数必要な場合の配置図などが想定できるとのことです(予算や取り付け工数の把握)。

Beacon利用時の注意点として,検知が遅延する場合があるということと,建物の中でも電波が不安定になることがを挙げていました。Beaconの開発では実際に設置する場所で綿密な実地検証を行い,アプリケーションが正常に動作することをしっかり確認してください,と注意喚起し,他のアプリ開発にはない面白さがあると締めくくりました。

【発表資料】実践 iBeacon(クラスメソッド:荒川)

第5回戦 結果発表

得票数は次の通りとなりました。

チームヤフークラスメソッド
登壇者羽田荒川
得票数1302316033

画像

iBeaconをテーマに戦った5回戦はクラスメソッドの荒川さんに軍配が上がりました。発表後の質疑応答の際は多くの質問があがり,iBeaconに対する注目度の高さがうかがえました。

著者プロフィール

横山雄大(よこやまゆうだい)

クラスメソッド株式会社 アプリケーションエンジニア

建築出身の右脳コーディングプログラマ。UI/UXデザインをしている時が幸せ。ストレスフリーなアプリケーションデザインがモットー。

コメント

コメントの記入