レポート

「第45回 HTML5とか勉強会 ~「ユーザエクスペリエンスとペーパープロトタイピング」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2月17日,第45回目のHTML5とか勉強会は,マイクロソフトさんに会場をお借りして開催しました。今回は「ユーザエクスペリエンスとペーパープロトタイピング」をテーマとして,⁠とか勉』初のハンズオン形式の勉強会となりました。

本稿ではその内容についてレポートします。

画像

PC WebからモバイルWebへ。

勉強会の前半では,今回チューターしていただいた株式会社エクサの安藤幸央さんより,ユーザ体験をより豊かな物にするための試作・プロトタイピングの技やコツについて紹介いただきました。

画像

モバイルUXと役立つペーパープロトタイピング指南

まず最初に,ペーパープロトタイピングのメリットとデメリットを取り上げました。

紙とペンを使用するペーパープロトタイピングは,何よりも素早くでき,コストが少なく,やり直しも容易であると言います。また,機能や配置など,議論を重要な部分に集中させることができるそうです。

他にも,次のメリットがあると言及しました。

  • 使いにくさ,使いやすさが体感できる
  • 完成していると思わせない
  • 進歩の早い技術と違い,たぶん10年後も有効

ただし,次のデメリットもあると指摘しました。

  • 完成していないので,いろいろ想像しながら試すことになる
  • 動きやアニメーションはこの段階では検討できない
  • 風で飛んでいく
  • 紙で手を切る

そして,ペーパープロトタイピングの法則を紹介しました。

  1. 画面を見直すと気づきがある
    • 使いにくいサイトやアプリがあるとき,なぜ使いにくいのか自分の中で分析してみると,新しい発見できるかもとのこと。
  2. 道具にこだわろう!
    • 安藤さんが普段使用している道具やツールを紹介しました。

画像

  1. アウトプットの質はインプットの質と量に比例する
    • いいものを作りたいのであれば,いいものをたくさん見て,使って,調べること繰り返すことが重要と言います。
  2. 素早く試して,素早く失敗しよう
  3. 本当に大切な2,3の機能を作ろう
  4. 凝りすぎない。作り込みすぎない
  5. 完璧を目指さない。失敗を受け入れる
  6. 実際の環境で検討するのが重要
  7. 客観的に見る,時間をおいて見る
  8. 素晴らしい試作も,本物ではない

前半のまとめとして,ペーパープロトタイピングを行う際のコツとして,次の事柄を挙げました。

  • 必要な要素を適切な場所に配置する。本当にそこに必要か?
  • ある目的に向かって,素直に操作できるか流れを確認する
  • 間接的な操作(ボタンやスイッチ)と直接操作を意識する
  • アイデアが有益で正しい方向を向いているのか確かめる
  • 抜け,漏れ,作らなければいけない事項を洗い出す
  • 目的を実現するための機能,使いやすさ,楽しさを確認する

PC WebとモバイルWebとの連続したユーザ体験の構築

続いて,旅行サイトを例として,PCサイトとモバイルサイト(モバイル用アプリ)両方を提供するサイトでの,連続したユーザ体験の提供することの重要さについて説明しました。

例えば楽天トラベルではPC用のサイトとモバイルアプリ両方を提供していますがが,アクセス解析を行った結果,モバイルアプリ上でツアーやホテルを購入する人はそれほど多くはなかったとのことです。実際のところ,仕事の空き時間や電車乗車中などにモバイルサイトで旅行やツアーを検索・検討しても,購入の手続きはPCで行っている人が多かったことが原因でした。

画像

安藤さんは「PCとモバイル両方をうまく連携した体験を提供しなければ,良いサービスは提供できない」と述ていました。

著者プロフィール

さっくる

NTTコミュニケーションズ 先端IPアーキテクチャセンタ所属。html5jスタッフ。

Twitter:@sakkuru

コメント

コメントの記入