レポート

LPI-Japan,『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』開催

特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは2014年3月12日(水),『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』を東京都港区のコンラッド東京で行った。

登壇者は以下。

  • LPI-Japan理事長 成井弦氏
  • 楽天(株) 森正弥氏
  • (株)ディー・エヌ・エー 坊野博典氏
  • (株)オージス総研 山口健氏
  • (株)オープンウェブ・テクノロジー 白石俊平氏

以下に各講演について簡単に紹介する。

開会挨拶

まずLPI-Japan理事長の成井弦氏より開会の挨拶があった。

LPI-Japan理事長 成井弦氏

LPI-Japan理事長 成井弦氏

HTML5の優位性

HTML5は,エンタープライズ系にも,クリエイティブ系にも有用な言語である。また「ワンソース・マルチユース・マルチデバイス」の言語でもある。

ワンソース・マルチユース・マルチデバイス

HTML5で作成されたアプリケーションプログラムは,ソフトウェアの変更なく多くの端末で使用可能である。これを「ワンソース・マルチユース・マルチデバイス」と呼んでいる。現在HTML5をサポートしている端末はPC,タブレット,スマートフォン,Kindleなどの電子書籍端末,現在のTVの一部にもブラウザが入っている。それら以外にもカーナビ,ゲーム機,その他もろもろにもHTML5対応のブラウザが搭載されている。

エンタープライズの分野においてHTML5が使用されるため,最近のJavaはHTML5に対応している。ERPの最大手SAPも,HTML5対応のソフトウェアを提供している。

NHKはソチオリンピックのTV中継で,ハイブリッドキャストという形式で放送していた。今販売されている大手家電メーカの一部のTVは,HTML5対応のブラウザを搭載していて,新たに追加された情報を見られるようにできている。フジテレビもハイブリッドキャストを行うと発表している。

エンジニアはITの世界からクリエイティブの世界に入ることによって,これまでと違った世界を築ける。クリエイティブ系の仕事は海外に流れにくく,オフショアになりにくい。クリエイティブ系の世界は1人月の世界ではなく,バリュープライシングの世界である。クリエイティブ系の世界は年齢制限がない。クリエイターもITの世界に入ることによって,差別化を付けることが可能だと思う。HTML5はエンジニアやクリエイターを,IT+クリエイティブの世界に導くのに非常に優れた言語である。

3つの融合が差別化を生む

エンジニアやクリエイターにとってLPIC,OSS-DB,HTML5の3つの融合が差別化を生む。融合の範囲が広ければ広いほどこれまでよりもさらに強い差別化を築けると思う。LPI-Japanはサーバ系,クライアント系の認定を中立の立場で提供する唯一の団体である。ぜひとも3つの認定を利用して,皆さま方にさらなる優位性を得ていただきたい。LPI-Japanのメンバーは全員,それに貢献したいと考えている。

著者プロフィール

林也寸夫(はやしやすお)

gihyo.jp編集部の中の人。

URL:https://www.facebook.com/clagas2003

コメント

コメントの記入