レポート

International Space Apps Challenge Tokyo 2014開催~1位を獲得したのは宇宙線を可視化するシステムをつくった「チーム☆インベーダ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2014年4月12,13日の2日間,東京大学駒場リサーチキャンパスにて,「International Space Apps Challenge Tokyo 2014」が開催された。

このイベントは,NASA主催の宇宙のオープンデータを活用したハッカソンで,NASAやJAXAが提供しているオープンデータを活用して,世界を良くするアプリやグッズ開発を創発することを目的に開催されたもので今回で3回目となる。

International Space Apps Challenge 2014
http://tokyo.spaceappschallenge.org/

ハッカソンの様子

ハッカソンの様子

今回印象的だったのは,3Dプリンタを利用したもの,hueやMOVERIOなど外部デバイスと連携させたものなど,ソフトウェアとハードウェアを関連付けて表現する作品が多かったこと。昨今の,ものづくりブームとあいまって,各チームごとに特徴の出た開発が行われていた。

さらに,今回は東京(日本)とボストン(アメリカ)の参加者による日米共同チームも参加し,今まで以上に国際的な雰囲気のハッカソンとなった。

オンラインを経由しつつ,時差を考慮しながら,それぞれのアイデアを形にしていく姿は,従来のハッカソンと比較しても非常に特徴的で,これからの国際化社会につながる取り組みになったと感じられた。

日米共同チームの1つが開発したEmotional Health。ボストンチームがデータ集め・クレンジング,東京チームがWeb開発・API作成を行うといった形で分担したそう

日米共同チームの1つが開発したEmotional Health。ボストンチームがデータ集め・クレンジング,東京チームがWeb開発・API作成を行うといった形で分担したそう

具体的な進め方は,まずチームビルディング後に,2日間かけてチームごとにアイデアの創発,実装までを行い,最後に発表し,採点されるというもの。

初日夜の懇親会では,ISACの名物(?)となった細工寿司が登場。左はH-IIロケットチラシ,右はスペースシャトルチラシ

初日夜の懇親会では,ISACの名物(?)となった細工寿司が登場。左はH-IIロケットチラシ,右はスペースシャトルチラシ 初日夜の懇親会では,ISACの名物(?)となった細工寿司が登場。左はH-IIロケットチラシ,右はスペースシャトルチラシ

第1位は宇宙線を可視化するシステム「チーム☆インベーダ」

最終結果は以下のようになった。

1位:チーム☆インベーダ

宇宙から降り注ぐさまざまな宇宙線をhue,MOVERIO,ARなどを使って可視化するアプリの企画・開発を行った。線の種類や強さによってhueの色や光り方が変わり,MOVERIOを通して今現在の宇宙線の種類や強さを文字情報で通知。アラートも掲載される。

普段見えない宇宙線を判りやすく可視化するという点,ウェアラブル製品をうまく取り込んだ点,宇宙の課題を楽しく考えるきっかけになる点など,さまざまな点での評価が1位に繋がった。

最終発表の様子(Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.)

最終発表の様子(Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.)

2位:みんなで見よう,インフルエンザ・ハザード

インフルエンザに感染したら,感染申告WebサイトへGPS付携帯でアクセスしてクリックすると,日時と位置情報がサーバに登録されるというサービス。

この感染状況と地温データをクロスオーバーさせて地図上に表示させることで,その相関関係がわかり,今後の広がり予測の参考にできる。社会的なテーマを捉えた点と,Hi-RezClimateチームとの協業が評価された。

3位:Faamo

JAXA衛星データを用いた農地のクラスタリングを行うことで,ユーザがしていた場所(産地)の地質の似ている地点(農地)をマッピング。農作物ごとの耕作可能地域を衛星データを元にした分析により類似点を見つけ,探そうというもの。世界の課題の1つとなる食料安全保障を取り上げた点で高評価を得た。国や地域を問わず使えるソリューション。

その他各賞

その他,各賞は以下のとおり。

賞名チーム
JAXA賞Hi-RezClimate
セイコーエプソン賞宇宙の歩き方
デンソーアイティラボラトリ賞Sprite Orbits
マイクロソフト賞space chat
欧文印刷賞Save the Hero

今回,1,2位を受賞した「チーム☆インベーダ」「みんなで見よう,インフルエンザ・ハザード」の両チームは,グローバル大会へ進出する。今から世界での評価が楽しみだ。

集合写真(Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.)

集合写真(Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.)

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入