レポート

『【ヒカ☆ラボ】RainbowApps現役講師によるiPhone&Androidアプリ開発基礎講座!!』レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2014年3月27日(木)⁠レバレジーズ⁠株⁠主催のイベント【ヒカ☆ラボ】にて「RainbowApps現役講師によるiPhone&Androidアプリ開発基礎講座!!」が開催されました。今回のセミナーでは40名程が参加し,アプリ開発で最初につまづく「基本のキ」をiPhone,Androidの両方で一緒に手を動かしながらクリアにしていきました。

セミナー中で作成したのは基本的なアプリですがアプリ開発のざっくりとしたイメージができました。今回はそのセミナーの様子をレポートいたします!

今回はボタンを押したら文字が表示されるだけのアプリを,iPhoneとAndroidの2バージョンで作成することでOSの差を理解すると言うセミナーでした。

本レポートの内容
  • アプリ作りの大変なところとは
  • iPhoneアプリをつくる
  • Androidアプリをつくる
  • まとめ:はじめてのアプリ制作で気づいたこと

写真1 七島偉之氏

写真1 七島偉之氏

講師プロフィール
七島偉之(ななしまひでゆき)
茅ヶ崎在住エンジニア。業務Webシステムの開発に5年携わった後,モバイル系の技術に萌えすぎて2013年「野良エンジニア」として独立。スマホアプリ開発スクールであるRainbowAppsの横浜校と湘南校にてiPhone, Androidアプリ開発の教壇に立つ。

アプリ作りの大変さについて

図1 アプリ作りの大変さについて

図1 アプリ作りの大変さについて

アプリ作りは,

  • プログラミング言語を覚えなくてはいけないから大変

似ているようで似ていないので毎回つまずいてGoogleさんに聞かなくてはいけないです。

  • iPhone→Objective-C
  • Android→Java
  • OSが違い,それぞれの特徴・フレームワークを覚えなくてはいけないから大変
  • iPhone→iOS
  • Android →Android
  • 開発環境が異なるから大変

一つ一つの開発環境を使い慣れると簡単なのですが,機能も多いので使い方を覚えるまでが大変。

  • iPhone→Xcode
  • Android→Eclipse

そのため今回はシンプルなアプリを作って,iPhoneとAndroidの似ている所とそれぞれの違いを体験することを目的としてやって行きました。

図2 本日作るアプリ

図2 本日作るアプリ

iPhoneアプリの作り方

当日使用したテキスト(iPhone版)こちらのGitHub上にあります。

プロジェクトの作成

図3 プロジェクトの作成

図3 プロジェクトの作成

プロジェクトとはアプリに必要なすべての素材が入ったものです。今回はシングルビューアプリケーションを使用しました。七島さん曰く,シンプルなものから始めて付け加えて行くように発展させるほうがやりやすいと言うことでした。

ここでの「Bundle Identifier」はアプリを識別するための値。アプリの識別名は,ドメイン名などを逆にしたものを使用する事が多いそうです。ただ今回のようにお試しであれば適当で構わないとおっしゃっていました。

著者プロフィール

林英司(はやしえいじ)

前職はまったく違う業界だったが,より挑戦できる環境があったレバレジーズ(株)に入社。経歴関係なく実績を出せば次々に新しい仕事ができる現状に強くやりがいを感じている。仕事上,常に意識していることは「相手の想像を上回る」。少しでもモテようと生活感を出さずにミステリアスぶっていたら「ノリが悪い」「性格が悪い」「キモい」という事実無根なレッテルを貼られてしまったことが最近の悩み。

コメント

コメントの記入