レポート

コミュニティのあり方からLinuxの未来まで ─LinuxCon Japan 2014,Linus Torvalds氏キーノート発言集

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

5月20日~22日の3日間,東京・椿山荘で開催中の「LinuxCon Japan 2014」2日目最後のキーノートはこの人,Linuxの生みの親でありカリスマ的存在と言えるLinus Torvaldsさんの登場です。昨年に続いてキーノートに来日したLinusさんの「お言葉」を聞こうと,今年も会場は満席となりました。

「人前で話すのは嫌いなんだ。でも人と対話するのは好き。みんなが一体何を考えているのか知りたい」というLinusさん。昨年と同じくIntelのLinux/オープンソースの責任者Dirk Hohndelさんを相方に,会場やDirkさんが事前に用意した質問に答えていく形式でキーノートは進みました。ここでは,その模様をかいつまんでお届けしたいと思います。

安定のコンビ,Linus TorvaldsさんとDirk Hohndelさん(右)

安定のコンビ,Linus TorvaldsさんとDirk Hohndelさん(右)

階層化する「信頼のネットワーク」

まずLinusさんの近況について,「私といえばLinuxカーネル,と思われてるけど,ここ10年くらいはカーネルコードは書いてないんだよ」と少し寂しそうに言った後,「マスコミなんかにカルト的存在のように扱われ,(最前列で写真を撮りまくってるプレスを指さして)こんな風に写真を撮られたりする…。イヤだと思うときもあるよ。どんどん撮ってもらって良いんだけどね」と最初からぼやきモード。

とはいえLinuxカーネルがのバージョンアップが順調に進んでいることには非常に満足しているようです。「ここ7年? いや9年くらいは3ヵ月ごとのリリースがきちんと守られていて,みんなハッピーだと思うよ」(Linus)。3週間後にはバージョン3.15のリリースも決まっています。これも,Linusさんがカーネル開発のマネージャとしての立場とLinuxというブランドの一種のアイコン的な役割をわきまえて,守り続けているからに他なりません。

LinuxCon参加者特典の「ワタシハリナクスチョットデキルヨ」Tシャツが気に入ったよう

LinuxCon参加者特典の「ワタシハリナクスチョットデキルヨ」Tシャツが気に入ったよう

会場から,UNIX系OSに起こると言われている「2038年問題」についてどう対応するのか? と振られたLinusさん,「そんな20年も先のことを心配するより今現在の問題を考えるべき」とバッサリ。「64ビットシステム上でも32ビットのサブシステムを使って古いバイナリが動くことは確認されてる。まあそのときが近づくとパニックは起こるかもしれないけど…」。たしかに,20年後には世の中がどうなってるかもわかりませんね…。

次にLinuxのテスティングプロジェクト,とくにLTP(Linux Test Project)についてどう思うかという質問がありました。現在の開発プロセスにおけるテストの重要性はますます上がってきています。ただしLinusさんに言わせると,Linuxカーネル開発においてはテストプロジェクトに対してコミットできる点は少ないと言います。「バグを見つけるのにテスト環境は使えないし,テスト環境を複数のプラットフォーム,そして何千ものデバイスに対応させるのは大変。ハード依存の部分が多すぎるんだ」(Linus)。テスト環境の適用が難しいのは,Linuxカーネルの開発体制とも無関係ではないようですね。

カーネル開発の話になったところで,このセッションの前に登壇したJames Bottomleyさんから質問が飛びます。Bottomleyさんの「カーネルレポート」のセッションでも少し触れていた,カーネル開発者の高齢化と世代交代の話題です。「カーネルメンテナーなどLinuxコミュニティでも古参の人はだんだん自分ではパッチを書かなくなってきていますが,新しい人を入れる活動よりメンテナーにパッチを書くよう呼びかけた方が良いのでは?」(Bottomleyさん)

これに対してLinusさんは「メンテナーをパッチを書く立場に戻したくはないね。年に3,700人もの開発者からパッチが送られてくるんだ。パッチを書く人は十分いる。パッチにコメントを入れたり,まとめたりする人が重要。パッチの書き方を指導する人,ぼくに直接パッチを送らないで,パッチをまとめて調整されたプルリクエストを送って来る人が必要なんだ。そうすると僕は全部マージするだけでよくなる。」と,むしろメンテナーやコードを管理する役割の人が増えてほしいと要望しました。

良いメンテナーになってくれる人,
いないかなー?

良いメンテナーになってくれる人,いないかなー?

「もっと言うと,うれしいのは,ぼくのコードをサブメンテナーからプルして,新しいレベルのメンテナー階層を作って間に入ってくれる人が出てきたとき。僕の代わりにコードを見守ってくれる人ができて,信頼のネットワークに入って階層を3つから4つというふうに増やしてくれる。こうやってメンテナーのツリーができていくのはすばらしいことだと思う」(Linus)。

コミュニティは「優しい」か?

話はガラッと変わり,最近米国政府(NSA)がネットワーク機器のOSにプライバシー盗聴用のバックドアを仕込んでいるという疑惑が話題になりましたが,それに関する質問です。「果たして国家が脆弱性をカーネルに仕込むというのはファンタジーでしょうか? 」

これにLinusさんは「もちろん国家がバックドアを入れるなんてことを受け入れてはいけない。でも完全に防ぐのは難しい。バグを完全になくすという考えで取り組むと失敗すると思う。オープンソースだとみんなが目を光らせて監視するチャンスがあるから,エコシステムとしてはセキュリティ的に健全。あとは自分がどこまでやるかを問いかける必要がある。」と答えました。「どこまで」とはどういう意味なのでしょうか? その疑問は次のコメントで説明されました。

「Dirkさんは相当気になるようだけど,僕自身はメールを盗聴されたりすることに極端に神経質じゃない。NSAが僕のメールを読んでたとしてもかまわない。…つまらないと思うよ。そんなにおもしろい人間じゃないし(笑)。それをどこまで許容できるか,だよ。」(Linus)。例としてEFF(Electronic Frontier Foundation)の活動を挙げ,「彼らはとてもよくやってると思う。法的にも頑張ってる」と評価しました。案外冷静というか,政府がどうのこうのよりも,カーネル開発者が取るべきセキュリティ課題のひとつとして捉えているのでしょうね。

さて,そんな寛容? なLinusさんを見て,Dirkさんがお約束のツッコミを入れはじめます。「年をとって体も丸くなってきたし,もっと優しい指導者になろうとは思いません?」

するとLinusさんは「僕たちは十分優しいよー。僕個人は置いておいて(笑),みんな優しいじゃないか」と安定の受け。「仲良くったって,みんな揃ってキャンプファイヤーで歌うたってもしょうがないでしょ? 人間みんな違うんだから,Greg(Kroah-Hartmanさん)みたいな思いやりのある人もいれば,僕みたいなひがみっぽい人もいて…。僕は議論好きだけど,議論が嫌いな人もいる。もちろん僕のことが嫌いな人だって。でもそれで良いと思う。コミュニティが同じタイプの人ばかりじゃないっていうのは健全なことだよ」(Linus)。

Dirkさんはツッコミの手を緩めません。「では,あなた自身はそんな中でどうなるべきだと思ってるんですか?」 Linusさんは「カリスマみたいに扱われてるのは承知してるし,いろいろとコメントが引き合いに出されるのもそれで良いと思ってるよ。避雷針として批判を受けるのも役割のひとつ。25年やってるんだから。『くそ野郎』と思ってるならその通りだよ!」と半ば開き直り? このネタはいつも盛り上がりますね。

ジェームズ,受けて立つぜ

ジェームズ,受けて立つぜ

これを見てDirkさんも「もう疲れてきたんじゃ? 娘が成人したら引退ですか?」と振ると,「いや,まだ開発を続けたい。実は先週インターネットに1週間さわらなかったんだ。すごくのんびりできた。でも1週間が限界だった。カーネルに関わってないと退屈でやってられないよ」と続投宣言。客席にいるJames Bottomleyさんに向かって「クーデター起こしてみる? やってみたらいいよ。俺まだやれる自信あるから」と挑発して場内を沸かせました。

そしてこの話題の締めとしてLinusさんは次のようにまとめました。「僕がこんなに自由勝手に言えるのも,これまでの開発の連続性,継続性をわかってくれているから。変なことにはならないとみんな知っている。だから僕は『ノー』と乱暴に言えるんだ。もちろん一部の人には受け入れられないかもしれない。でも誰かがノーといえることは重要。必要なことだと思う。僕より良い仕事ができる人が出てきたら(ノーと言える人が出てきたら)いつでも代わってもらって構わない」。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入