レポート

JavaOneの世界が帰ってきた~日本最大級のJavaカンファレンス「Java Day Tokyo 2014」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2014年5月22日,日本オラクル株式会社主催のテクニカルカンファレンス「Java Day Tokyo 2014」が品川(東京)にて開催されました。ここではキーノートの模様をお届けします。

今年で2回目,日本独自のJavaカンファレンス

Java Day Tokyoは,日本オラクル株式会社が主催する,日本独自のJavaカンファレンスで,今年で2回目となります。

キーノートのホストを務めたのは日本オラクルFusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部シニアマネジャーの伊藤敬氏。

ホスト役の日本オラクルFusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部シニアマネジャーの伊藤敬氏

ホスト役の日本オラクルFusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部シニアマネジャーの伊藤敬氏

オープニングでは再びJava Dayが開催され,会場に集っていただい来場者への感謝の気持ちを述べた後,⁠今回の目玉は,今春リリースされたJava SE 8です。Java SE 8に注目し,ぜひ新しいJavaの世界を開いてください。そして,最もホットな分野となっているIoT(Intenet of Things)におけるJavaの可能性について楽しんでもらいたいです」と述べ,キーノートがスタートしました。

IoTとJavaの世界

キーノートのトップバッターを務めたのは,Vice President, Java & IoTのNandini Ramani氏。Nandini氏は,今のJavaを支える3つの柱として,

  • コミュニティ
  • テクノロジ
  • Oracleの責務(リーダーシップ)

を挙げました。

コミュニティに関しては,OpenJDKによる開発やJCPでの議論,そして,何よりも世界に散らばる900万人のデベロッパーの存在の大きさについて改めて紹介し,⁠Javaは世界一の開発プラットフォームである」と表現しました。

Vice President, Java & IoTのNandini Ramani氏。Nandini氏。次の革命と言われているIoTにおけるJavaの価値をさまざまな面から紹介した

Vice President, Jav

IoTの世界におけるJavaの存在感

技術面に関しては,これまで(Java 8以前)は,Java SE 7とJava ME(CDC 1.1,CLDC 1.1)でAPIはそれぞれ異なる関係で互換性が取りにくく,言語仕様としてJava SE 7に,CDC 1.1やCLDC 1.1が含まれる状況だったものが,Java 8が登場したことにより,Java SEとJava MEの関係がよりシンプルになり,将来的にはJava SEの技術の中に小型デバイス対応の技術が含まれ,開発や運用が今まで以上にしやすくなっていく,という展望を述べました。

これは,今後のインターネットを支えていくであろうIoTに向けた戦略であり,⁠Javaの重要性がますます高まっていく」とアピールしました。

この他,Java SE8のJavaScriptエンジン「Nashorn」⁠10年以上前から取り組んでいるJavaの並列処理の向上に向けて,今,最も期待しているものとして「Project Sumatra」を紹介しました。このProject Sumatraは,並列コンピューティングによる処理速度向上を実現させるための技術で,GPUによる演算とマルチコアCPUの組み合わせによって,高いパフォーマンスを実現するものです。Nandini氏は,現在,AMDと協力しながら開発を進めていると紹介しました。

また,Java SE 8ではコンパクトプロファイルがより小さく,また,目的に応じてフルサイズ以外のものが用意されるといった利便性の向上について触れられ,こちらもIoTにおける(容量制限のある)小型デバイスでのJava活用がしやすくなったことを取り上げました。

人口と一人あたりのデバイスの数を比較したもの。2003年には0.08台/1人だったものが,2015年には3.47台/1人,2020年には6.58台/1人になると予測されている

人口と一人あたりのデバイスの数を比較したもの。2003年には0.08台/1人だったものが,2015年には3.47台/1人,2020年には6.58台/1人になると予測されている

Java SE 8日本語ドキュメントリリース

そして,この日は,Java SE 8日本語ドキュメントがリリースされました。これにより,今まで以上に日本の開発者が開発しやすい環境が整備されたと言えるでしょう。

Java Platform Standard Edition 8ドキュメント
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/

Javaを通じたパートナーシップ

技術面の紹介がひと通り終わった後,2組の企業とのパートナーシップが紹介されました。1つはNEC,もう1つはパナソニックシステムネットワークスです。それぞれが取り組んでいるプロダクト,その中におけるJavaの活用を紹介しました。

NEC石黒氏は,同社が開発しているクラウド連携型ロボットPaPeRo⁠左の2台)を紹介した

NEC石黒氏は,同社が開発しているクラウド連携型ロボット「PaPeRo」(左の2台)を紹介した

パナソニックシステムネットワークス虻田氏は,同社が取り組むJava ME搭載電子マネー決済端末を紹介し,今後の流通におけるJavaの実用性を紹介した

パナソニックシステムネットワークス虻田氏は,同社が取り組むJava ME搭載電子マネー決済端末を紹介し,今後の流通におけるJavaの実用性を紹介した

最後に,Javaのロードマップが発表され,Nanidini氏のセッションが終わりました。

Javaのロードマップ

Javaのロードマップ

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入