レポート

最高賞金100万円「HTML5 Japan Cup 2014 The Final」応募289作品の中から最優秀賞が決定,表彰式を開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

投票,そして最優秀賞は?

4組のプレゼンが終わり,いよいよ最優秀賞決定のための投票が行われました。このファイナルイベントの参加者全員が自腹で10円玉を出して投票箱に入れていくという前代未聞? の投票形式です。

ここに10円を入れて投票します。集められた10円はすべて募金されるそうです

ここに10円を入れて投票します。集められた10円はすべて募金されるそうです

開票が行われている間に,急遽設立された「審査員特別賞」の発表と表彰式が行われました。牛乳パックをデザインして投稿するサイトPACPAC(いしかわ 氏)⁠Node.jsを使ってオンライン対戦が可能なカルタゲーム,花王カタログカルタ(博報堂アイ・スタジオ)⁠enchant.jsを使用し,スマートフォンでタップして遊ぶシンプルなゲームTouchBloomy(アルクリット)の3作品が選ばれています。

「PACPAC」いしかわ 氏(左)とプレゼンターの審査委員,池澤あやかさん

「PACPAC」いしかわ 氏(左)とプレゼンターの審査委員,池澤あやかさん

「花王カタログカルタ」博報堂アイ・スタジオの皆さん,右端はプレゼンターの審査委員,藤村厚夫氏

「花王カタログカルタ」博報堂アイ・スタジオの皆さん,右端はプレゼンターの審査委員,藤村厚夫氏

アルクリットのお二人,右端はプレゼンターの審査委員,ダニエル・デイビス氏

アルクリットのお二人,右端はプレゼンターの審査委員,ダニエル・デイビス氏

特別賞の発表の後,最優秀賞の決定と発表が行われました。発表するのは審査委員長の吉川徹氏です。場を涼しくした⁠ニセ発表⁠の後,いよいよ正式発表です。

ファイナルイベント参加者全員の投票の結果選ばれたのは,エントリーNo.3「コトバツナギ」でした。

最優秀賞発表の瞬間。両手を挙げて応えるfoka氏

最優秀賞発表の瞬間。両手を挙げて応えるfoka氏 最優秀賞発表の瞬間。両手を挙げて応えるfoka氏

発表の後,最優秀賞,そして優秀賞の表彰式が行われました。

巨大な優勝賞金パネルを受け取るfoka氏

巨大な優勝賞金パネルを受け取るfoka氏

優秀賞のあんどう氏(左)とプレゼンターで審査委員長の古川氏

優秀賞のあんどう氏(左)とプレゼンターで審査委員長の古川氏

同じく優秀賞の松田氏(左)と,プレゼンターの審査委員,秋葉秀樹氏

同じく優秀賞の松田氏(左)と,プレゼンターの審査委員,秋葉秀樹氏

優秀賞のIMJ 西田氏(左)と,プレゼンターの審査委員,羽田野太巳氏

優秀賞のIMJ 西田氏(左)と,プレゼンターの審査委員,羽田野太巳氏

受賞者,審査委員全員で集合撮影

受賞者,審査委員全員で集合撮影

最優秀賞,優秀賞,審査員特別賞の受賞作品と講評についても,詳しくはHTML5 Japan Cup 2014ブログをご覧ください。

授賞式が終わり,再び白石氏が壇上で挨拶を行いました。関係者への謝辞を述べた後,5jCupがこれからも続くことを宣言,コミュニティの新たなリーダーには,今回審査委員長を務めた古川徹氏が就任することとなりました。

リーダー交代式

リーダー交代式

新しいリーダーの元,これからもみんなでコミュニティを盛り上げていこうという呼びかけと共に,イベントはひとまず終了しました。続いて盛大な懇親会が開催され,中ではLT大会なども企画され,大いに盛り上がりました。

「中締め」として参加者全員で記念撮影中

「中締め」として参加者全員で記念撮影中

当日の模様を知りたい方は,動画でも公開されています。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入