レポート

イマドキC++erのモテカワリソース管理術! “プログラミング生放送+CLR/H+Sapporo.cpp勉強会”レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2014年7月12日(土)に,コミュニティ「プログラミング生放送(プロ生)⁠CLR/H」⁠Sapporo.cppによるITイベント,プログラミング生放送+CLR/H+Sapporo.cpp勉強会@札幌ユビキタス協創広場U-calaが開催されました。その模様をお届けします。

今回のイベントは,IT・開発系コミュニティ「プログラミング生放送」⁠IT関連・開発系技術に関する学習と研究を目的とした札幌のコミュニティ「CLR/H」⁠札幌でC++の勉強会などを開催しているコミュニティ「Sapporo.cpp」の共催です。

セッションは動画で公開しています。ぜひ視聴してみてください。

図1 会場の模様。今回は約25名の参加がありました。

図1 会場の模様。今回は約25名の参加がありました。

図2 午前中はプロ生ちゃんタクシーの撮影会も行いました。

図2 午前中はプロ生ちゃんタクシーの撮影会も行いました。

イマドキ C++er のモテカワリソース管理術!

Sapporo.cppの@hotwatermorningさんの「イマドキ C++er のモテカワリソース管理術!」です。このセッションを聴けばもうメモリリークすることはありません!

図3 「イマドキ C++er のモテカワリソース管理術!」@hotwatermorningさん

図3 ⁠イマドキ C++er のモテカワリソース管理術!」@hotwatermorningさん

セッションでは,C++でなぜメモリリークが発生してしまうのか,C言語や旧来のC++のリソース管理方法をはじめに説明しています。

次に,リソースの確保・解放をオブジェクトの寿命に紐付けてリソースを管理する手法のRAII(Resource Acquisition Is Initialization)を紹介。これによりリソース管理が簡単になります。C++では,スマートポイントを使いRAIIによるメモリ管理ができ,これまでメモリリークの原因を解消できるとのこと。

セッションでは,コード付きで解説および他の言語のリソース管理との比較も行っています。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm24210423

クロスプラットフォーム開発雑感

CLR/Hのしみみんさん@KatsuYuzuによる「クロスプラットフォーム開発雑感」です。クロスプラットフォームで開発する場合に気を付ける点を紹介しています。

図4 「クロスプラットフォーム開発雑感」しみみんさん

図4 ⁠クロスプラットフォーム開発雑感」しみみんさん

クロスプラットフォームのアプリ開発で,現在の花形はAndroidとiOSです。日本を除く世界でWindowsストア アプリとWindows Phoneアプリも普及中(?)とのこと。

クロスプラットフォームでは,開発対象・開発言語・ユーザー層もすべてばらばらです。開発については,Titanium・Unityなどさまざまな開発フレームワークが提供されています。最近ではiOS・Android・Windows系のすべてをC#とVisual Studioで開発できるXamarinも人気です。

クロスプラットフォームでは,はじめにOSなどの対象を決め,UIやユーザー層などの違いの理解が大切とのこと。また開発フレームワークの違いも理解し,クオリティやパフォーマンスにあったものを選びます。

セッションでは激熱のUniversal Windows Appsを例に,Windowsスト アプリとWindows Phoneアプリの統合,開発環境の統合,具体的にハマった点も紹介しています。

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm24209165

資料公開場所
プログラミング生放送+CLR/H+Sapporo.cpp 勉強会@札幌 ユビキタス協創広場 U-cala #pronamaclrhsapporocpp #pronama を開催しました - KatsuYuzuのブログ