レポート

開発チームから業務チームまで,コラボレーションでハッピーに~企業にあるチームを「JIRA」でひとつに~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

9月26日,アトラシアンの主催による「JIRA+JIRA Service Deskセミナー」が開催されました。アトラシアンでは,プロジェクト管理ツールJIRAとプロジェクト管理情報ツールConfluenceを中心に,さまざまな連携ツールを提供しています。セミナーでは,「JIRA」およびJIRA Service Deskの機能紹介や導入事例,今後の展開などが紹介されました。今回はその模様をお伝えします。

画像

本社はマリノスタウン

9月26日,アトラシアンの主催による「JIRA+JIRA Service Deskセミナー」が開催されました。アトラシアンは,ALM業界においてマイクロソフト,IBMとともに3大ベンダーのひとつとして知られています。ALMは「Application Lifecycle Management」の略で,業務管理とソフトウェア開発の融合によって,案件管理,設計,実装,検証,バグトラッキング,リリース管理をツールにより促進,統一化を実現することをいいます。

アトラシアンでは,プロジェクト管理ツール「JIRA」とプロジェクト管理情報ツール「Confluence」を中心に,さまざまな連携ツールを提供しています。セミナーではまず,アトラシアンの代表取締役社長であるStuart Harrington氏が挨拶を行いました。Harrington氏は,見た目は外国人そのものなのに日本語が堪能。その秘密は幼少の頃から日本にいたためだといいます。

画像

2002年にオーストラリアで起業したアトラシアンは,2名のスタッフで初年度18000ドル(約195万円)を売り上げました。それから成長を続け,2014年にはスタッフが1000名になり,売上は約2億1576万ドル(約234億円)に拡大しました。顧客企業は業種や分野に関係なく,4万社を超えています。2013年には日本にも拠点を設立しており,日本国内でのこの1年の伸び率は昨年の倍近くになったといいます。アトラシアンはチームを大事にする会社で,最終的には企業にあるすべてのチームをひとつにし,全員をハッピーにしたいとHarrington氏は述べました。

現在,アトラシアンの日本法人は横浜のマリノスタウンにあり,イタリア料理店のあったスペースに入居しています。看板もそのままなのでイタリア料理店と思ってくる方もいるそうですが,アトラシアンは常にウェルカムなので,遊びに来て欲しいとアピールしました。

画像

続いて,アトラシアンのセールスを担当しているリックソフトの代表取締役,Atlassianコンサルタントである大貫浩氏が登壇,挨拶を行いました。大貫氏は,「アトラシアンはソフトウェア会社ながらセールスを持っていません。説明しに行く人がいないので,私たちが代わりにお客様先へ出向いています」と説明。アトラシアンの製品は,ソフトウェア開発から業務管理に至るすべてのフェーズで全般的にサポートをすると,メリットを強調しました。

画像

セミナーのセッションは,アトラシアンのテクニカルエバンジェリストである長沢智治氏による「JIRA collaboration without walls~JIRAが引き出す現場力~」で始まりました。長沢氏は,JIRAは131の国の28000社,1千万人が使用しており,最新バージョンは6.3.6になると紹介し,JIRAが引き出す現場力として「これからのチームの課題と取り組み」「ソフトウェア開発チームのためのJIRA」「JIRA@SCALE」「すべてのチームのためのJIRAへ」の4つをテーマにセッションを進めました。

画像

「これからのチームの課題と取り組み」について,長沢氏は「現場には壁があるものですが,JIRAはコラボレーション機能によって,イシューと呼ばれるアクティビティをマージすることで壁を壊します」と述べました。たとえばデザイナーとデベロッパー,ビジネスの間にも壁ができがちですが,JIRAはそれを壊してコラボレーションを広げていくことができます。そのポイントとして「Faster」「Connected」「Single source of truth」の3つを挙げました。

「ソフトウェア開発チームのためのJIRA」では,今まではビジネスモデルが決まっていましたが,今ではそれが固まる前にITで加速することができるとしました。これまでのソフトウェア開発は,アイデアに対して企画担当者が企画を行い,開発チームに要求を伝え,開発された機能をソフトウェアに実装するという流れでした。要求に対してソースコードを作成し,ビルドを行い機能化するという開発チームとは壁があったと長沢氏は指摘します。

画像

ここにアトラシアン製品を導入することで,ひとつのコンテキストに対してそれぞれの部署のビューで管理することが可能になると長沢氏はいいます。これにより,最初のアイデアの部分であるエンドユーザーからのニーズがちゃんと反映されているかを把握して作業を進めていくことができます。長沢氏はソフトウェア開発の一連の流れの図に,「JIRA」「Confluence」Stash「Bitbucket」Bambooをそれぞれ当てはめ,「Faster」「Connected」「Single source of truth」の3つのポイントを実現できるとしました。

画像

コメント

コメントの記入