レポート

モバイルでもクラウドでもSelenium「第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2014年10月18日,渋谷マークシティ サイバーエージェントセミナールームにて日本Seleniumユーザーコミュニティ主催による,第2回日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会が開催されました。今回開催のきっかけにもなった,日本初の本格Selenium書籍『実践Selenium WebDriver』の著者,翻訳者である玉川竜司氏・玉川紘子氏はもちろん,SeleniumやAppiumを実際に利用している開発者たちも登壇し,盛りだくさんのセッションが繰り広げられました。ここではその様子を紹介します。

Seleniumをもっと知るための本の話(玉川竜司氏)

玉川竜司氏

玉川竜司氏

「実践Selenium WebDriver」ができるまで

2006年から,自社のWebアプリの回帰テストにSeleniumを使用していましたが,そのときはうまくいきませんでした。その後,またWebのテストを行うことになったのですが,Seleniumの情報をネット上で調べると,Selenium 1とSelenium 2の情報が混在しており,全体像が見えず非常にわかりづらい状況でした。ちょうどその頃,2014年1月に今回の本の原書が出ました。この本が非常に良い出来の本で,日本語の書籍に対する需要があると自分でもわかっていたので,今回の企画が立ち上がりました。

また,ちょうど原書が発売されたタイミングで第1回目の日本Seleniumユーザーコミュニティ勉強会が行われており,勉強会の玉川紘子氏のライトニングトークの内容がこの原書に欠けている内容だったため,玉川紘子氏に「W(ダブル)玉川本を出しませんか?(笑)⁠と声をかけてJenkins×Seleniumの部分を埋めていただき,今回の本が誕生しました。

英語の技術書を読む話

英語の本は,日本語の本と比較にならないほど多いのですが,それらを日本語に翻訳する,執筆者・翻訳者の数も潤沢ではありません。技術書を買ってくれる人も英語の本と比べると少ないです。この状況は加速していて,日本語の技術書は今後減ってくるのではないでしょうか。売れるものを翻訳せざるを得ないので基本的な内容の本が多くなり,とがった内容は英語の本を読むしかないので,頑張って読みましょう。

しかし,何も知らない状態では英語にあたるのはキツイので,まず日本語の本である程度概要を理解してから英語の本に取り掛かれば,難易度は多少下がるのではないかと思います。今後も翻訳本は出てくると思いますが,英語の資料を当たるという習慣をできれば皆さんにつけていただきたいです(会社の若いメンバーにもそのように指導しています)⁠

技術英語の勉強法において,よくある勘違いとして「映画のDVDで勉強」というのがありますが,スラングもあり大変です。英語の技術書は,英語へのチャレンジとしてはもっとも楽なチャレンジです。

お勧めを2つ紹介します。

  • Kindle(言わずと知れたkindleです)
  • Safari(年会費で書籍が読み放題,なぜ日本では知名度が低いのか謎です)

Q&A

Q:電子版の発売は?
A:予定は今のところはないです。
Q:企画が通りそうな売上数は?
A:(言っていいのかな?と焦りながら)ウン千冊。今回の書籍のAmazonランキングはかなり良いほうです。
Q:どうして翻訳業を?翻訳期間は?自分もしてみたいんだがどうすればよいでしょうか?
A:Silverlightの翻訳本についてオライリー・ジャパンに問い合わせたのが始まりです。年間3~4冊ほど翻訳をしていますが,作業は地味でけっしてもうかる仕事ではないので,あまりお勧めはできないが,やるならば目的をしっかりと見据えてやりましょう!!
Q:翻訳をしてWebで得られない知識はありましたか?
A:英語圏では自分が作成したオープンソースソフトウェアについて書籍を書くことが多いため,英語圏の本には作成者しか知りえない情報が詰まっています。

じゃんけん大会

講演の後じゃんけん大会があり,5名の方に今回翻訳された書籍がプレゼントされました。休憩中には即席のサイン会のようなことも行われ,和やかな空気でした。

著者プロフィール

矢野聡(やのあきら)

株式会社オープンストリームにおいて,SEとして開発案件に従事。テスト嫌いだったので,何とかする方法はないかと思い「日本Seleniumユーザーコミュニティ」に参加。継続的インテグレーション,継続的デリバリーなどの単語が絡むものが好物。

コメント

コメントの記入