レポート

Apache CloudStack,2歳を祝う!~Apache CloudStack Birthday Party in Japan開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2014年11月6日,⁠Apache CloudStack Birthday Party in Japan」が開催されました。

画像 画像

2012年11月6日はCloudStackがApacheプロジェクトに移管後,初めてのバージョンとなる⁠4.0-Incubating⁠がリリースされた日です。この日,Apache CloudStackは2歳の誕生日を迎えた,というわけです。主催は日本CloudStackユーザー会(JCSUG)で,会場はCloudStackベースの商用クラウドを提供するシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社のお部屋をお借りしました。ATNDでの登録者数は52名でした。

会場となったシトリックス・システムズ・ジャパン会議室

会場となったシトリックス・システムズ・ジャパン会議室

カジュアルな立食パーティ形式でしたが,そこはエンジニアの集い。CloudStackにかかわる方々からのライトニングトーク(LT)が行われました。持ち時間は5分。途中休憩を挟んでの前後半という形です。

前半,トップバッターとして登壇したのは,JCSUGの会長,大削緑氏。同ユーザ会の活動内容や運営組織の紹介ではじまりました。

JCSUG会長の大削緑氏

JCSUG会長の大削緑氏

2番手はJCSUGの副会長を勤める島崎聡史氏。5分で振り返るJCSUGということで,2010年12月の第1回ユーザ会からこれまで行ってきたユーザ会イベントでの出来事をピックアップ。来場者の方々も懐かしそうに話に花を咲かせます。

JCSUG副会長を勤める島崎聡史氏

JCSUG副会長を勤める島崎聡史氏

ここで,いつもJCSUGを支援くださっている北海道大学の棟朝先生よりいただいた,お祝いのビデオメッセージが上映されました。

北海道大学 棟朝先生からのビデオメッセージ

北海道大学 棟朝先生からのビデオメッセージ

そしてLTが再開。名古屋支部長の中谷悟氏は自身の最近の活動報告とユーザ会への今後の貢献予定を発表。めだまはOpenVNet(オープンソースの仮想ネットワークソフト)とCloudStackを組み合わせたクラウド構築のお話で,なんとか手動での同居に成功したとのこと。同氏のブログでOpenVNetのインストールを解説しています。

名古屋支部長の中谷悟氏

名古屋支部長の中谷悟氏

2014年9月に発足したばかりの広島支部の支部長,takata yoshitake氏はビデオ会議システムでの参加。同氏はもともと「広島サーバユーザ友の会(仮称)⁠に参加しており,ここでの勉強会でCloudStackを取り上げたことから広島支部の支部長を依頼されることになったとか。支部への参加者を絶賛募集中とのこと。ちなみに同氏から会場の皆さんに,CloudStackのハイパーバイザに何を使っているかを質問したところ,KVM,VMware vSphere,次いでXenServerといった様子でした。

同じくビデオ会議システムで参加した北瀬公彦氏からの発表は,CloudStackと自身とのかかわりを追うものでした。2010年当時,シトリックスでXenServerを担当していた同氏は,Cloud.com社のCloudStackとXenServerとを組み合わせて普及させる取り組みからスタート。CloudStackに相当入れ込んでいたようですが,なんとシトリックスがCloud.comを買収。自動的にCloudStackの担当になったそうです。が,今はIBMに転職され,SoftLayerの担当に。⁠決して裏切ったわけではありません」と会場の笑いを誘いつつ,SoftLayerとCloudStackの両者が使われているZyaという作曲ゲームを紹介。⁠CloudStack on SoftLayer⁠を流行らせたいと締めくくりました。

大阪支部からは鈴木譲氏が登壇。大阪でのユーザ会の参加者が最近少しずつ減ってきていることが悩みだとか。なんとか盛り上げるようにがんばりたいとのこと。また,国内で唯一CloudStack 4.3が使えるVPSサービスを行っている会社として,奥様が社長を勤めるJoe'sクラウドコンピューティングの宣伝もしっかりとされていました。

大阪支部 鈴木譲氏

大阪支部 鈴木譲氏

コメント

コメントの記入