レポート

よりオープンになった新生Visual Studio~無償版Visual Studio Community 2013ほか,注目機能が多数実装,.NET Framework/.NET Core RutimeはOSS化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Microsoftは2014年11月12日(米国時間)⁠同社のイベントConnect();にて,同社の統合開発環境Visual Studioおよび開発テクノロジー関連に関して,新たな発表を行った。

発表を行ったMicrosoft,Scott Guthrie氏

発表を行ったMicrosoft,Scott Guthrie氏

よりオープンになったVisual Studio

これまで有償で,とくにMicrosoftテクノロジーに特化した形で提供されてきたVisual Studioが,今回の発表で従来の機能に加えて,さまざまなOSSテクノロジーとの親和性が高まった形となった。また,とくに注目したいのが,今回発表された「Visual Studio Community 2013」⁠

無償で使えるVisual Studio~Visual Studio Community 2013

Visual Studio Community 2013は,学生,OSS開発者,非営利団体従事者,小企業,スタートアップ,個人開発者に向けて用意された無償のVisual Studio。

Visual Studio Community 2013
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

製品版Visual Studio 2013と同様に,全アプリをターゲットに,Add-inが利用できる。なお,同じく無償で提供されているVisual Studio Expressは,次の製品版(2015)では用意されず,Visual Studio Communityに統合していくとのこと。

実用レベルのマルチプラットフォーム開発に対応~次期バージョンVisual Studio 2015 Preview

また,次期製品版となるVisual Studio 2015 Preview(以降2015)が発表された。2015の最大の特徴は,C++によるクロスプラットフォーム開発に対応・最適化された点。Visual Studio Tools for Apache Cordovaの強化により,ワンソースで,Windowsはもちろん,iOSやAndroid向けのバイナリ開発がしやすくなる。

その他,TypeScript 1.0に標準で対応するようになる。

また,後述の.NET Framework OSS化,Linux/MacOS X用の.NET Server Frameworkの発表と併せて,Windows/Linux/MacOS Xといったクロスプラットフォーム開発が可能となる。

Visual Studio 2013 Update4

さらに,製品版Visual Studio 2013の最新版,Update4も発表された。Update4では,Team Foundation ServerやVisual C++,CodeLensの強化のほか,JavaScriptエディタの拡充などが行われている。

.NET Framework/.NET Core RutimeのOSS化

Visual Studio関連の発表と併せて注目したいのが,.NET Frameworkに関するさまざまなOSS化,Windows以外のプラットフォーム対応だ。これまで,.NET Frameworkは,Microsoftテクノロジーの根幹を担うものとして,同社プロプライエタリなものとして提供され,利用されてきた。

しかし,昨今のテクノロジーの進化,とくにクラウドを利用したプラットフォームの重要性,多様化するモバイル対応といった観点から,テクノロジーのオープン化は必須の流れとなってきている。

今回,.NET Frameworkおよび.NET Core RuntimeがOSS化し,サーバサイドの.NET Server FrameworkがLinuxおよびMacOS Xに対応することとなった。

モバイル&クラウドの世界をより強固なものに

Microsoftはここ数年,モバイル&クラウドによるサービスカンパニーを方針として掲げてきており,Windows Azureを中心としたソフトウェア(インフラ)とSurfaceを中心としたデバイスによる戦略をとってきた。

今回の発表は,それらをつなぐ最も重要なテクノロジーの部分をオープン化することで,これまで提供してきた技術をMicrosoftからのみ発信していくのではなく,外部の開発者・企業からも開発・発信できる環境を整備したことになる。Visual Studioを軸にしたMicrosoftのテクノロジーのさらなる進化に期待したい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

  • VC

    自社工場内で使用する制御系アプリをC++で時々書いています。以前はMFC,最近は.netを使用してきましたが、別途ターゲットにframeworkをインストールしなければならず、また.netのバージョンでサポートしないOSがあったりするのが不便で、また大したソフトでもないので、いっそのことwin32に戻ろうとも考えています。今後どの環境で開発すべきか漠とした不安があります。参考になる記事を期待しています。

    Commented : #1  miyataji (2014/11/15, 11:51)

コメントの記入