レポート

「GR-PEACHプロデューサーミーティング」イベントレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

オープニング

いま,何かが始まろうとしている。
待ってたぞ,
全人類の絶賛の嵐

と言うテロップが「ツァラトゥストラはかく語りき」と言う楽曲とともにスクリーンに表示されました。いつものオープニングです。

がじぇるねプロジェクトがGR-PEACHの量産に先立ち,ベータ版の検証や改善点を洗い出す協力者を広く一般から募集しました。2014年11月29日に彼らに対する説明会がルネサスソリューションズ軽子坂MNビルにて「GR-PEACHプロデューサーミーティング」が開催されました。東京会場で50名,大阪会場で20名がこのイベントに参加しました。ビデオ会議システムで両会場が結ばれており,大阪会場の参加者はこのビデオ会議システムを通してこのイベントに参加する形です。参加者それぞれにはGR-PEACHのベータ評価版が配られました。

GR-PEACH

GR-PEACH

会場の様子

会場の様子

がじぇるねプロジェクトの概要と現在までのあゆみ

最初に松山景洋プロジェクトリーダー(ルネサスエレクトロニクス⁠株⁠ グローバル・セールス・マーケティング本部 マーケティングコミュニケーション統括部 主席事業主幹)から,がじぇるねプロジェクトの概要と現在までのあゆみの紹介がありました。同プロジェクトは若松通商の小暮氏の呼びかけに呼応したルネサスの有志により2012年に発足しました。現在までにルネサスの国産32ビットアーキテクチャーCPUであるRX-63を搭載したGR-SAKURA発表。続いて低消費電力が売り物の16ビットCPU,RL78を搭載したGR-KURUMIを世に出した経緯があります。これらはオープンハードとオープンソースによるプロトタイピングボードです。

今までにMake Fairや社内のイベントであるデブコンなどに出展しました。2013年にはインドで開発者向けイベントを開催しました。またルネサスナイトというGR-SAKURAやGR-KURUMIを用いた作品のコンペが過去5回行われており,毎回ユニークかつ開発者の思いが伝わる作品が多く出展されています。

松山景洋プロジェクトリーダー(ルネサスエレクトロニクス⁠株⁠ グローバル・セールス・マーケティング本部 マーケティングコミュニケーション統括部 主席事業主幹)

松山景洋プロジェクトリーダー(ルネサスエレクトロニクス(株) グローバル・セールス・マーケティング本部 マーケティングコミュニケーション統括部 主席事業主幹)

「ベータ版評価の意義とプロデューサーの役割」

続いて若松通商の小暮氏より「ベータ版評価の意義とプロデューサーの役割」について説明がありました。今回のベータ版評価の参加者をがじぇるねプロジェクトではプロデューサーと呼びます。プロデューサーとは,たとえば芸能界であれば,タレントの卵を育ててデビューさせ,やがてはスターダムに押し上げる仕事です。今回の参加者にはこれと同様にそれぞれがGR-PEACHのプロデューサーになって欲しいという思いから,このような呼び方をしています。

プロデューサーに対する要望はベータ版の評価と改善点の提案です。それとGR-PEACHを使ってアプリや工作にチャレンジし,プロデューサーとしてやったことをとにかく自慢して欲しいとのことでした。

最初のGR-SAKURAを発表した当初は「国産のエレクトロニクス技術を世界へ」というスローガンでしたが,がじぇるねプロジェクトはARM/mbedを取り込りこみ更なる高見を目指します。

若松通商の小暮氏(写真提供:digiponta)

若松通商の小暮氏(写真提供:digiponta)

著者プロフィール

今岡通博(いまおかみちひろ)

愛媛県松山市在住,今岡工学事務所代表。

組込み系のソフトウェアおよびハードウェア(FPGA)の開発の請負を生業とするかたわら,地元の専門学校の非常勤講師や執筆活動を行う。

十数年前は現役のプログラマーでした。

当時は息をするようにコードを書いていました。

FPGAのコーディングもSMDの半田付けも得意でした。

最近は老眼も進み原稿書きへ転進を図っている最中です。

物書きで凌げるか暗中模索の毎日です。

Twitter:@imaoca

Facebook:https://www.facebook.com/imaoka.micihihiro

コメント

コメントの記入