レポート

テストを学んでいない開発者に贈る「WACATE2014冬」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

唯一無二のソフトウェアテスト勉強会 WACATE

若手のソフトウェアエンジニアの皆様,新春いかがお過ごしでしょうか。きっと早くもコードを書いたりバグと戦うという毎日を過ごしているかと存じます。私,金子昌永と申します。2014年12月6日から7日にかけて,有志により行われるソフトウェアテストの勉強会「WACATE2014冬」が開催されました。私はこの参加者の一人であり,この度その模様と魅力をご紹介する機会をいただきました。

画像

さて,昨今ではソフトウェアエンジニアのための勉強会は各地で毎日のように開催されており,泊まり込みで行うものもあります。中でも「WACATE」はソフトウェアテストを軸としている密度の濃い数十人規模の勉強会です。日本全国各地から集まる数十名が一泊二日を共にし,ワークショップ形式のセッションが多数を占めるプログラムに身を投じるという機会は他には無いことでしょう。

参加者層は,ソフトウェアエンジニアとして何かしらの仕事をしている方がほぼ全てのようです。業種はコンシューマ向けウェブサービスから産業向け組込みシステムまで多様で,職種はやはりテストエンジニアが多めですがプログラマもそこそこいるようです。同じソフトウェアエンジニアでありながら普段なかなか出会えない立場の方と出会えるのが勉強会の魅力ですね。

何よりWACATEのターゲットは若年層であり,初参加者層もそれなりにいるので,合宿型の勉強会にしては参加のハードルは比較的低いのではないかと思います。また,主催者も若年層の技術者が中心であるため,自身と比較して刺激を得やすいという特徴があるかと思います。しかもセッションオーナーはシンポジウム等での発表経験を持つ方が多く,クオリティは折り紙付きです。私は2014夏と2014冬の計2回参加していますが,どちらも得られたものは確かにあると感じております。

それでは,WACATE2014冬の内容をお伝えして参ります。

参加申し込み

WACATEは参加を申し込むところから始まっています。ポジションペーパーを提出する必要があるからです。このポジションペーパーは参加者同士の交流の源になるほか,後に紹介する投票にも使われます。書き方は皆さんそれぞれで,履歴書の自己PR文のようなもの,手書きのイラストをふんだんに使っているもの,笑いに走っているもの,いろいろあります。もしあなたがSNSを使っているのであればアカウント名を書いておきましょう。同志と繋がる絶好のチャンスです。申し込みをしたら後はWACATEは寝て待て。間違っても休日出勤になることのないようにタスクをこなしておきましょう。

オープニング

場所はマホロバ・マインズ三浦というところで,すぐそばには海が見え,心地よい潮風が運ばれてきます。⁠本当にここでソフトウェアテストのために一泊二日を費やすのか…」と,釣りにでも行きたい気持ちを押さえて会場のある建物に入ると,それらしい受付スタッフが待ち構えています。ここで参加費を払います。私は35歳以下なので22,000円です。36歳になると25,000円になるそうです(35歳の方,決断するなら今です!)⁠

大きめの会議室のような部屋に着くと,数名のグループごとに座るように机と椅子が並べられており,席も決められています。同じグループの方に挨拶をして雑談をしていると,ほどなくオープニングセッションが始まります。ここではWACATE誕生の背景や参加の心構え,一泊二日の過ごし方についてていねいにお話いただきました。

ポジションペーパーセッション

続いてグループの数名を相手に自己紹介をする場が設けられます。ここでポジションペーパーが使われます。このセッションでは各参加者のポジションペーパーをまとめた冊子を見ながら,参加者が互いに自己紹介をします。この自己紹介タイムはメンバーを変えて2回行われ,これで何名かの顔と名前が覚えられます。もう寂しくありません。ちなみにメンバーを変えた後のグループがこの後のグループワークを共にするチームとなります。

このようにオープンニングとポジションペーパーセッションを通して初参加の方がスムーズに馴染めるようにプログラムが組まれています。⁠よくできているなぁ」というのが率直な感想です。

画像

また,WACATEでは誰かのポジションペーパーに投票することが恒例となっており,最も得票数の多い賞は Best Position Paper(BPP)⁠ Award と呼ばれます。BPPに選ばれると,この記事のようにWACATEの模様をgihyo.jpにてご紹介する権利と,次回WACATEに無料で招待される上にBPPセッションを開く権利が与えられます。というわけで次回WACATE2015夏では一枠担当する予定です。

BPPセッション STORYかけてますか

前回のBPP受賞者である高橋一勢さんによるセッションです。作業計画を立てる際に,6W2Hのフレームワークによる具体化とそれぞれのリスクを考えることを,架空のシステムテスト実施作業の計画を例に語って頂きました。架空の例の割に妙に現実感があるのは,きっと自身の体験になぞらえているからなのでしょう。

単に計画するとは言わず『STORYを描く』と言っているのが高橋さんの主張の特徴で,確かにそう言った方が始まりから終わりまでを一直線にイメージとして考えられますし,想像力を働かせる気になりやすいと思いました。

画像

ボクらのプロセスにきづこう

『工程の方のプロセスであって,OSが管理するプロセスではない。』という注釈があるのがソフトウェアの勉強会らしいですね。といってもWACATEに来る層はアジャイル開発やXDDPなどに比較的親しみがありそうなので,この注釈は必要ではないかもしれません。

このセッションでは「宅配便」のプロセスを図示するというグループワークを行いました。まず個々人それぞれで(入力)(宅配便)(出力)⁠ というシンプルな図を書いてみることになりました。⁠荷物」を入力して,出力も「荷物」…?という疑問に突き当たった方が多いようです。私は「送りたい荷物」「受け取った荷物」に変換するプロセスと解釈しましたが,他のメンバーは違った解釈をしていました。

このようにプロセスを図示すると議論できることが意外に多くあるのですね。⁠宅配便」という身近な例ですら数名で30分程度の議論ができるわけですから,普段の仕事に当てはめてみると,新たな気づきや改善案が数多く出てくることでしょう。

画像

モデル検査入門

モデル検査の概観に関する講義と,状態遷移モデルに対する時相論理を検査する小演習が行われました。演習では『一度ラーメンを食べたくなると,ずっとラーメンを食べたい。』などという時相論理が真である状態遷移モデルが頻出しておりましたが,これはきっと講演者の食欲をモデリングしたものなのだろうと想像しながら演習に取り組みました。

画像

著者プロフィール

金子昌永(かねこまさのり)

クラリオン株式会社に所属。プログラマー,プランナーを経て,現在は社内のソフトウェア開発現場をソフトウェア工学の力で支援し,品質と開発スピードの向上に努めている。特に,テスト駆動開発や静的コード解析など,ソースコード品質に関する技術に関心がある。日立グループ内SNSを通じてWACATE創立者等の先駆者達と出会ったことをきっかけにソフトウェアテストを学ぶ。最近の目標はシンポジウム等での発表や執筆活動。

Twitter:@masskaneko

コメント

コメントの記入