レポート

48時間でゲームは作れる! Global Game Jam 2015参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

制限時間は48時間で,ゲームを1本制作!

Global Game Jamというイベントをご存じですか?

Global Game Jam(GGJ)とは,世界中のゲーム開発者がイベントで出されるテーマをもとに世界同時にゲームを開発するハッカソンです。開発に与えられる時間はわずか48時間。この短い時間の中で,プログラミング,グラフィック,音楽,そしてリリースまでをこなさなければいけません。また,開発は一般的に,その場で組んだ,もしくは直前に発表されたチームで行います。

参加者はアマチュアの学生やプロで主に構成され,中には高校生や業界20年以上の大ベテランまでいたりします。この集まった参加者から即席のチームを編成し,3日間でゲームを開発します。アマチュアはプロの仕事に触れることができ,プロは仕事では挑戦できないゲームを自由に開発できるのがGGJの醍醐味です。

GGJは2009年から始まり,今年で7年目。今回の2015年大会は1月23~25日の3日間にわたって開催され,世界78ヶ国に設置された計518の会場に28,837人のJammerが集い,5,438本のゲームが開発されました。 GGJは,世界最大のゲーム開発イベントとしてギネス記録に登録されていますが,今年もGGJの参加者は増えています。

本稿ではそんなゲーム開発者の祭典であるGGJの国内会場の一つ,札幌会場の模様をレポートします。

GGJの会場の一つ,札幌会場

札幌会場

札幌会場は,札幌ゲーム製作者コミュニティKawazのメンバーが中心となって運営されており,札幌で行うGGJとしては今年で5年目です。今年の参加者は約80名15チーム。これは国内19会場の中でも最大規模です。また,札幌会場の参加者は

  • プログラムを組むプログラマー
  • キャラクターやUIを制作するイラストレーター
  • BGMや効果音を制作するコンポーザー
  • 企画やバランス調整をするプランナー(バランス調整はレベルデザイナーとも呼ばれています)

など,幅広い技術を持った人たちが集まるのが特徴です。

Game Jamの様子

オープニング,テーマ発表

イベント初日である1月23日,18時頃に参加者が集まり,オープニングが行われました。

GGJでは毎年,参加者に1つの「テーマ」が与えられ,参加者はそのテーマに沿ってゲームを開発します。

直近3年のテーマを振り返ると,次のように抽象的なテーマが与えられていました。

  • 2012年:ウロボロスの蛇(の絵)
  • 2013年:心拍音
  • 2014年:We don't see things as they are, we see things as we are.(フランス人作家,アナイス・ニンの言葉)

GGJ 2012のテーマ

GGJ 2012のテーマ“ウロボロスの蛇の画像”

そして今回,GGJ 2015で与えられたテーマはWHAT DO WE DO NOW?という質問文でした。

GGJ 2015のテーマ

GGJ 2015のテーマ“WHAT DO WE DO NOW”

画像や音,有名人の一節と抽象的なテーマが続いていたGGJですが,今回質問文となったことにより,さらに難解なテーマとなりました。 しかし,テーマ発表用の動画では,テーマに続いて次のように言及されていました。

どういうこと?とか,そんなものからどうやってゲームを作るんだ?なんて聞かないでください。なぜなら,あなた次第だからです!

テーマに縛られずにゲームを作るのがGGJなのです。できたゲームを見せ合って,いろんな視点に気づかされるのもGGJの楽しみです。

このテーマのもと,48時間の長いようで短い戦いが幕を開けました。

製作風景

製作開始とともに,参加者は自分の得意な分野の能力を発揮します。

プログラマー

プログラマー

コンポーザー

コンポーザー

イラストレーター

イラストレーター

今年も札幌会場では多種多様な技術やデバイスを利用したゲームが開発され,中には複数のフレームワークを組み合わせてゲームを制作するグループもありました。 各班の使用状況をまとめると次のようになります。

各チームで使われた,言語・フレームワーク・ツール環境

班番号 使用された言語・フレームワーク・ツール
2, 8, 9, 12 Unity(C#, UnityScript)
1, 13 cocos2d-x(C++)
3 Paradox3D(C#)
4 Leap Motion + Node.js + CreateJS
5 UIKit(Objective-C)
6 Unreal Engine 4 + Oculus Rift
7 DirectX 9/11 native(C++)
10 dxlib(C++)
11 SpriteKit(Objective-C)
14 Unity + Oculus Rift + Leap Motion + Node.js
15 Wolf RPGエディター

その中でも特に注目を浴びたのが,Oculus RiftやLeap Motionなど最近話題となっているゲーミングデバイスを組み合わせてゲームを制作していたチームです。彼らの不思議な動作がどんなゲームになるのだろう,と大いに話題を集めました。

Oculus RiftやLeap Motionを使ってゲームを開発しているチーム。一体何が出てくるのか謎です。

Oculus Riftをかぶって謎の動作をしている Oculus Riftをかぶって謎の動作をしている

また会場は,全部屋にソーシャルストリームが設置され,他の部屋で開発している人の様子が伝わるようになっていました。それにより会場独特の一体感が生まれていました。

さらに今年は,日本の他の会場とのビデオ通話による進捗報告会も行われていました。

進捗報告会の様子(Thetaで撮影)

Thetaで撮影された会場連携イベント中の写真

ちなみにこの画像はThetaという全天球カメラを用いて撮影されています。 このカメラで撮ったイベント時の写真はすべて閲覧できます。

著者プロフィール

崩壊プラグ

兵庫県出身。幼少期よりエレクトーンを叩きこまれ,家にあったMacをいじり倒してはDTMに目覚める。そして,中学校でVisualBasicを触りプログラミングにも目覚めた。高校ではHSPでゲームを何本か作り,北海道大学へ進学後,Kawazに出会いcocos2d-xを学ぶ。自身のiPod touchをプロジェクタに繋ぐ時のお決まりのセリフは「(ホーム画面の背景が)初音ミクなのは気にしない」。

Twitter:@collapsedplug
SoundCloud:soundcloud.com/collapsedplug

コメント

コメントの記入