レポート

SPECIAL REPORT「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」が2015年4月28日,東京・渋谷ヒカリエホールにおいて開催されました。エンジニアを対象にした初の大規模技術カンファレンスとなっており,長時間にもかかわらず盛況のイベントとなりました。ここではその模様をレポートします。

「グローバル化」「LIFE」で,さらなる成長を

オープニングに登場したのは,LINE⁠株⁠の代表取締役社長CEOである出澤剛氏写真1)⁠出澤氏は「LINE初の大規模な技術者向けカンファレンスですが,これだけ多くの方に興味を持ってもらえてうれしい」と述べ,LINEが最も大きく成長している企業であり,常に挑戦を続けていることを強調しました。そして,その難しさとして「ユーザの多さ」「プラットフォームの多様性」を挙げ,⁠LINEの挑戦には,技術的なハードルがたくさんあります。このカンファレンスでは,LINEが取り組んできたこと,目指していくことをみなさんにお伝えしていきます」と述べました。

写真1 CEOの出澤剛氏

写真1 CEOの出澤剛氏

2011年6月にスタートした「LINE」は,公開から3ヵ月で100万ダウンロードを記録しました。そして最初のブレークスルーとなったのが,同年10月4日に提供を開始した無料通話とスタンプ機能のリリースだったと出澤氏は振り返ります。ここからLINEのユーザ数は加速度的に伸びました。そして現在,LINEはグローバルの月間アクティブユーザ数が2億500万人,1日あたり最大170億のメッセージがやりとりされています。230以上の国と地域でサービスを提供しており,そのうち13ヵ国で登録ユーザ数が1,000万を超えています。特に日本(5,800万人)と台湾(1,700万人)のユーザ数が圧倒的であるとしました。

出澤氏は「今のLINEは,やっと世界戦のチケットを手に入れたところです。これから山を登っていくことになるので,これからが大変です。その中でエンジニアも世界と関わりながら成長してほしい」と述べ,LINEのチャレンジとして「トップシェアを取ること」⁠プラットフォーム化」を挙げ,そのために「グローバル化」と,生活に密着したサービスを展開する「LIFE」に取り組んでいくとしました。

優秀な技術者をグローバルで育てていく

続いて,上級執行役員CTOである朴イビン氏が,⁠LINE Global Culture」と題した講演を行いました。朴氏は,他社の開発者の方から,LINEの開発環境や文化についてもっと知りたいという声が多かったため,ここではLINEの文化について紹介するとしました。

LINEは日本をヘッドクォーターとして,6ヵ国にブランチオフィスがあり,5つの開発拠点があります。朴氏は,効率的な開発を進めていくためのキーワードを挙げていきました。まずは「Autonomous Teams」⁠主体的)というキーワードです。LINEでは,開発者が主体的にプロジェクトを立ち上げており,そこに国や部署にかかわらず興味のある人たちが集まって開発が進んでいきます。一方で,正式サービスにまで発展できないプロジェクトを「コールドケース」と呼び,年に一度コールドケースを共有し,プロジェクトの活性化を図るチャンスの場としています。

「リモートコラボレーション」も,LINEの開発で特徴的なキーワードだと言います。朴氏はそこで必要になるものとして,リモートでもビジョンを明確に共有できる技術,また実際に口頭で話しながら意思を可視化する技術を挙げました。

LINEの開発ではスケーラビリティが基本になるため「チャレンジ&コントリビューション」として,システム設計には多くのリサーチを行い,さまざまなOSSも試しているとしました。また「トラスト&リスペクト」もLINEで重視しているとのこと。これについて,⁠最後まで自分のプロジェクトとして責任を持つこと」⁠レビューやコメントレベルではなく,はっきりした意見を言うこと」⁠評価や意見を尊重して反映させていくこと」などにより優秀な技術者が育ち,組織も成熟していくとしました。

海外に「遠征隊」を送り,現地で改善・実装

LINEの上級執行役員でありサービス開発担当である池邉智洋氏は,⁠LINE Messenger for the World」という講演を行いました。池邉氏は「LINEは1つのプロダクトでありプラットフォームですが,各国の事情に合わせることもエンジニアの仕事です」と言います。

LINEでは,サービスを開始した当初から英語版を用意し,ユーザ数の増加に伴い海外展開にも積極的に取り組んだと言います。現地のキャリアとの調整など,国外特有の品質の問題がありましたが,池邉氏が重視したのはエンジニアが現地に行って「肌で感じること」でした。そこでLINEでは,エンジニアをさまざまな国に「遠征隊」として派遣しています。

遠征隊はつど構成され,4日くらい滞在します。現地に着くと,まず空港などでSIMカードを購入し,現地のネットワークでLINEのサービスを使ってみます。滞在中は,なるべく現地の人と同じような行動をとり,場所ごとにサービスが快適に使えるかどうかをチェックしていきます。そして,現地で問題を見つけて改善し,実装まで行います。

実際に海外に行ってみると,意外な事実も判明すると言います。池邉氏は具体的な例として,パキスタンからの無料通話先は,国内よりもサウジアラビア向けが多いこと,スペインでLINEユーザが増加すると,同じスペイン語圏である南米でもユーザが増加することを挙げました。

LINEではこのほかにも,国ごとに普及しているAndroid端末の特徴や,都市部における地下鉄の電波状況といった細かい情報を地道に集めるとともに,海外にPOPの設置を進めています。また,Appレビューやイベント分析などを組み合わせてユーザの問題を発掘し,すばやく改善のプロセスを回しているとしました。

LINEのメッセージ基盤とマイクロサービス

LINEの開発センターでサーバを担当している鶴原翔夢氏写真2は,⁠LINE Platform Development Chronicle」と題した講演を行いました。内容は「LINEメッセージング基盤の進化」および「LINE流マイクロサービス」です。鶴原氏はLINEのユーザ数推移のグラフに基盤の歴史を重ね合わせ,説明に入りました。

写真2 開発センターの鶴原翔夢氏

写真2 開発センターの鶴原翔夢氏

サービス開始当初は,アプリケーションサーバにTomcat,リバースプロキシにApache,L4ロードバランサというアーキテクチャで,Tomcatの背後にRedisとMySQLを配置するという,一般的なWebサイトと同様の構成となっていました。なお,JavaとSpringという組み合わせは現在も変わらないと言います。ここから,メッセージングにおける改善のトライ&エラーが始まりました。たとえば通知では,PollingからPUSH通知,long pollingと変遷し,Erlangを加えたゲートウェイ「LINE Event Delivery Gateway」⁠LEGY)を開発しています。

マイクロサービスについては,LINEが提供するサービスに求められる「スピード」⁠機能」⁠品質」を実現するために,開発スタイルをモノリシックからマイクロサービスに切り替えたと言います。マイクロサービスでは,メッセージングとソーシャルグラフを実装したTalk-serverを中心に,通話,画像・動画配信,スタンプ販売,公式アカウントなどをリンクさせ,さらにサービスゲートウェイを介してBusiness Connectやタイムラインとリンクさせています。

さらにバックエンドサービスとして,認証管理やAbusing,イベント処理,外部連携ゲートウェイ,Push基盤などを用意することで,マイクロサービスを容易に立ち上げられるようにしました。鶴原氏は今後の課題として「マルチデータセンター」「マイクロサービスの発展」を挙げ,講演を締めくくりました。

コメント

コメントの記入