レポート

まずは要件定義から!~「はじめよう!要件定義」ではじめる,すらすらと手が動くようになる楽々要件定義レッスン Vol.2 セミナーレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

ITの普及に伴って,昨今では要件定義の重要性がますます高まっています。そのニーズに応えるために,6月6日(土)「⁠はじめよう!要件定義』ではじめる,すらすらと手が動くようになる楽々要件定義レッスン」というイベントが,株式会社Eqさんの会議室にて開催されました。

本イベントは書籍「はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~」の著者である羽生章洋氏を講師とした,同書を読了した人向けの実践的セミナーです。タイトルにVol.2と記されていることでもわかるとおり,今回のイベントは2回めであり,前回は今年4月11日に開催されました。

本稿では書籍『はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~』のポイントをわかりやすく解説した羽生氏の基調講演から,受講者全員が実際に手を動かしたワークショップの模様までを紹介いたします。

[基調講演]はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~

要件定義の書籍は非常に多く出版されていますが,どの書籍もページ数が多くて分厚く,そして大判であるものが大半です。それに対して書籍『はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~』は,非常にコンパクトなのが印象的ですが,そのコンパクトさを実現するために実際のプロジェクトで必要となる要件定義以外の様々なことについて,暗黙の前提を設定しているのだそうです。羽生氏は「身も蓋も無い話ですが」と前置きして,本書の前提条件を列挙しました。

  • プログラミングができる人がプロジェクト内にいること
  • UI設計ができる人がプロジェクト内にいること
  • プロジェクトマネジメントがちゃんとできること
  • DB設計がちゃんとできること
  • ヒヤリングスキル,接客能力があること

これらの条件の不備,とくにヒヤリングスキルの不足を補うようなテクニックまでをも要件定義の要因として含むことで内容が複合化されてしまい,ボリュームが膨大になり焦点がはっきりしない状態になってしまいがちです。⁠はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~』は上記のような複合要因を外すことで,純粋に要件定義に集中した書籍になっています。その結果このカテゴリの書籍では非常に珍しい試みである「小さい」⁠軽い」⁠絵が多くて文字が少ない」ということが実現できたとのことです。その効果のせいか,出版間もなくにも関わらず早速増刷がかかる程の人気書籍となっています。

「上流工程の書籍がカジュアルな感じで出せる。そんな呼び水となればいい。」と語る羽生氏

「上流工程の書籍がカジュアルな感じで出せる。そんな呼び水となればいい。」と語る羽生氏

『はじめよう!要件定義 ~ビギナーからベテランまで~』のキモ

続いて「ネタばらしは正直いうと野暮だと思いますが」と笑いながら,羽生氏は本書の肝について説明しました。それによると本書のポイントとなるところには「目玉焼きのイラストが描いてある」のだそうです。そういえば本書の表紙のイラストも目玉焼きですが,実は意図があってのことだったのです。

本書の中では「目玉焼きを作る」という要件があった場合に,成果としての目玉焼きを実現するには材料としての卵や道具としてのフライパンなど,そして手順としてのレシピが必要になるという説明がありますが,同じように「完成したソースコードという成果が欲しいなら,要件・仕様という材料とエディタやコンパイラなどのツールという道具,そして開発手順が必要になる」のだそうです。

成果を出すためには,さまざまなものが必要になる

成果を出すためには,さまざまなものが必要になる

材料が揃っても,実力がないと活かせない

さらに「ここからは書籍に書いてないけど重要なことで,今日のセミナーの開催理由にもつながります」と前置きしてから「成果を出すために必要な材料・道具・手順が揃っても,自分自身の⁠実力⁠がないとそれらを活用することはできない」と羽生氏は語りました。⁠実力⁠には2つあり,1つは「やるスキル」でありもう1つは「ボキャブラリ(応用力)⁠なのだそうです。

こういうときにはこうしたほうが良い,などの発想はボキャブラリがないと出にくく,技術力は高いけど融通が利かないという人は,このボキャブラリが足りてないことが多いのだとか。ではどうやったらボキャブラリを養うことができるのかというと,できるだけ色々なものに触れることが重要になるのだそうです。

しかし一方で,自分にとって予想がつくものや,気持ちいい情報ばかりに触れている状態では,実はボキャブラリはあまり増えないので,できるだけ異質なものに触れることが大切になるようです。

「大きい本屋さんに行ったとき,だいたい行くコーナーが同じならボキャプラリーが偏っている(羽生氏)⁠

「大きい本屋さんに行ったとき,だいたい行くコーナーが同じならボキャプラリーが偏っている(羽生氏)」

スキルの成熟にはモデルがある

“実力⁠のもう1つの面であるスキルについても話が及びました。スキルが成熟していくにはステップがあるのだそうです。まずは「知らない」状態から知識を頭に入れた「知っている」という状態に進むステップからはじまり,その「知っている」ことを実際に「やっている」という段階に進み,そして意識しなくてもあたりまえにやれている「できる」という状態に移行していくというモデルがあるのだと言います。

一般的に実力があると言われるには「できる」という状態に達している必要があります。しかしそうなるには,何度も何度も反復して「やっている」ということを行わなければなりません。

⁠ですから,手を動かさないとスキルはつかないんです」と羽生氏は語りました。そして「今日ご参加くださった皆さんは本書を読み終えています。これは要件定義について『知っている』という状態になったということです。でも実際に手を動かしてないうちは『やっている』になりません。やらない限りは『できる』にはなれません。ですから今日は,本を読んで知ってお終い,になるのではなくて,やってみるということをできるだけ経験してもらいたいと思っています」と今日のセミナーの開催意図を話しました。

「本を読んだだけでは『知っている』にすぎない」と語る羽生氏

「本を読んだだけでは『知っている』にすぎない」と語る羽生氏

改めて要件定義とは

ここで「要件定義とは⁠今実際にないものを想像し描く⁠作業になります」と羽生氏は語りました。ソフトウェア開発のプロジェクトで最も重要なことは,ビジョンを具体化することです。ここで言うビジョンとは突き詰めると「要件」となるので,要件を明確に描いて,それを実現するために何が必要なのかをバックキャストする必要があります。つまり,自分の目前から物事を考えるのではなく,どういうことを実現したいのかというゴールを先に決め,そのゴールから逆算していくことが重要になるのです。ですから「どんなゴールを達成すればいいのか?」ということを想像することが求められるのです。

「要件定義で必要なのは妄想力,常に妄想して,鍛えてほしい(羽生氏)⁠

「要件定義で必要なのは妄想力,常に妄想して,鍛えてほしい(羽生氏)」

注)バックキャスト
将来の制約から逆に現在なすべきことを考えること

すべてのものは2度作られる

1度目は頭の中で「想像」する作業が発生します。そして2度目は実際に作り上げる「創造」という作業が発生します。

プロジェクトでの「想像」とは要件のことであり,⁠創造」とはその要件が現実に実装されることになります。これがビジョンを実現するということなのです。

ビジョンを実現するということ

ビジョンを実現するということ

コメント

コメントの記入