レポート

Qtのフラッグシップイベント「Qt Japan Summit 2015」開催レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

2015年5月26日(火)に,秋葉原コンベンションホールで開催された「Qt Japan Summit 2015」は,300名を超える参加者を集め,大盛況のうちに終了しました。

「Qt Japan Summit」はマルチプラットフォームGUI開発フレームワーク"Qt"の最新情報に関するセッションやトレーニング,Qtを使用する上でのアドバイス等,初心者から熟練者までの幅広い層を対象としたイベントです。

例年,アメリカとドイツで開催され多くの参加者を集めており,Qtの フラッグシップイベントといえます。昨年は日本で初開催され盛況を博し,今年も引き続き開催されました。

会場を指す案内パネル

会場を指す案内パネル

このほど基調講演とセッションの資料が公開されましたので,合わせてレポートをお送りします。

Qtのこれからがわかる─基調講演

朝9時に開場されると,来場者は講演会場前の通路に並ぶスポンサー(SRA,ISB,Wind River,Adeneo Embedded,PTP,日本Qtユーザー会)によるデモを眺めながら基調講演の開始を待ちます。

展示では,さまざまなガジェットと連携したデモや,多数のデバイス上でのデモが並びましたが,中でも,胸のディスプレイににQtのロゴをあしらった話題の感情認識パーソナルロボットPepperがひときわ人目を引いていました。PepperにはC++ SDKがあり,Qtで作られたプログラムから動作をコントロールすることができるそうです。

展示会場で注目されていたPepper

展示会場で注目されていたPepper

午前中,会場2階大ホールでは基調講演が行われました。

ホールがほぼ満席となる中,開会挨拶がスタート。今回の挨拶を務めるのは日本Qtユーザー会の牽引者である鈴木 祐氏です。

鈴木氏は旧Trolltech所属のころから長年Qtの普及活動や開発に携わり,現在所属するPTPでも全録/露出シーン検索機能等を備えた高性能ビデオレコーダ「SPIDER」をQtで開発しています。そして今年,The Qt CompanyからQtのコミュニティ活動に大きく貢献した人物に与えられる「Qt Champion」の,世界で史上2人目の受賞者となりました。その鈴木氏がイベントのプログラム,スポンサー,楽しみ方などを紹介しました。

あいさつの最後に,最初の基調講演を始めようとするThe Qt CompanyのCTOでQt ProjectのChief Maintainerを勤めるLars Knoll氏に,日本Qtユーザー会からQt20周年記念の特製ケーキが贈られました。

ユーザー会製のQt20周年ケーキ

ユーザー会製のQt20周年ケーキ

思わぬプレゼントに驚きを露わにしながら,Lars氏は「Build your world with Qt」というタイトルで,Qtの基本的な紹介から話を始めます。

まずは,Autodesk Maya,Teslaのインフォテインメント/クラスタシステム,多くの旅客機に搭載されたエンターテインメントシステムといった事例を挙げて聴講者の興味を引きます。続いて代表的なAPIやツール類の紹介をはじめ,Qt QuickやOpenGLを用いたリッチなGUIを持つアプリケーション,Qt WebEngineを用いたHTML5+ネイティブのハイブリッドなアプリケーションの開発方法などについて紹介していきました。また,今後のIoT領域での需要増とそれにともなう課題にも触れました。

基調講演中のLars Knoll氏

基調講演中のLars Knoll氏

さらに,QMLからOpenGLを用いた既存の3Dモデルを操作できるQt 3D 2.0(テクノロジープレビュー版)や,WebGLのQML版といった位置付けのローレベルなAPIであるQt Canvas 3Dといった,Qt5.5から追加となる新モジュールもフィーチャーされました。

今後の開発方針として,タッチデバイス化の進む組込み領域により注力するという意向を強調し,あわせて組込み開発で有効なツールセットを紹介しました。

最後に今後のスケジュールとしてQt5.5の最終リリースが6月末,5.6のリリースが11月予定となることを発表し,Knoll氏のセッションは終了しました(この後,Qt5.5は7月1日リリース,5.6は12月初旬に変更されました)⁠

コメント

コメントの記入