レポート

今年もサンフランシスコに“夢のチカラ”が集結!「Dreamforce 2015」を彩ったVIPな面々

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Salesforce.comが毎年秋にサンフランシスコで開催するプライベートカンファレンス「Dreamforce」は,数あるIT系イベントの中でもトップクラスの規模を誇ります。期間中,サンフランシスコのダウンタウンは同社にジャックされたと言っても過言ではありません。会場となるモスコーニセンターはノース,サウス,ウエストのすべての建物がカンファレンスの場となり,ノースとサウスの間を隔てる道路(ハワードストリート)はずっと閉鎖された状態に。街中で交通整理をする警官がいつもの倍以上に増え,ただでさえ深刻なサンフランシスコの渋滞はさらに輪をかけた混雑となります。

閉鎖されたサンフランシスコ・モスコーニセンターを縦断する道路

閉鎖されたサンフランシスコ・モスコーニセンターを縦断する道路

9月15日から18日の4日間に渡って開催された「Dreamforce 2015」は世界中から16万5000人を超える参加者を集め,過去最高の規模となりました。しかしこのイベントのすごさはただスケールが大きいだけにとどまりません。そこで発表される新製品の内容は今後のITトレンド,とりわけクラウド業界に大きな影響を与えることもさることながら,同社CEOのマーク・ベニオフ(Marc Benioff)の幅広い人脈により,登壇するゲストの面々が非常に豪華でバラエティに富んでいるところにも注目が集まります。

会場付近はDreamforceのブルー一色に

会場付近はDreamforceのブルー一色に

昨年のDreamforce 2014にはヒラリー・クリントン前米国国務長官が登壇し,大きな話題となりましたが,13回めの開催となったDreamforce 2015にもIT業界きっての華やかなイベントにふさわしいゴージャスな顔が揃いました。本稿ではそれらの登壇者の一部を紹介しながら,今年のDreamforceを振り返っていきたいと思います。

マーク・ベニオフ─サービス精神旺盛なDreamforceの主役

4日間のカンファレンスを通して基調講演からゲストとの対談,一般市民とのQ&Aに至るまで,完璧にパーティホストとしての役割を果たしたのはSalesforceの創業者であり現在もCEO兼会長を務めるマーク・ベニオフ。Dreamforceの他のIT系イベントに類を見ない華やかさは,すべての来場者に楽しんでもらいたいというベニオフのサービス精神の現れだといえます。Salesforceはここ数年,同社のサービスの特徴をあらわすフレーズとして「Customer Success(顧客の成功)⁠をよく使っていますが,Dreamforceに参加していると,その理念をベニオフみずからが実践し,参加者を心から楽しませようとしていることが伝わってきます。

Dreamforceの⁠MC⁠マーク・ベニオフ氏

Dreamforceの“MC”マーク・ベニオフ氏

スティービー・ワンダー─オープニングを飾った稀代のスーパースター

9月16日午後1時(米国時間)に行われたDreamforce 2015の最初のキーノート,ベニオフCEOの前にオープニングステージに現れたのはなんとスティービー・ワンダー(Stevie Wonder)! モスコーニに突然響き渡ったおなじみのモータウンサウンドに,会場の驚きはすぐに大歓声へと変わりました。ライブ中,⁠Dreamforce is the Sunshine of My Life」など歌詞のところどころを"Dreamforce"に差し替えて歌うなど,これから始まるキーノートの前説というには豪華過ぎるパフォーマンスに会場は大喜びし,スタンディングオベーションで大スターを見送りました。

今回一番のサプライズ,スティービー・ワンダーの登場

今回一番のサプライズ,スティービー・ワンダーの登場

聴衆も熱狂

最終日のキーノートでベニオフが語ったところによれば,ベニオフが直接電話でスティビー・ワンダーに出演交渉をした際,⁠キーノートかあ…俺はあんまりそういうキャラじゃないんだけど」と最初は渋っていたスティービー・ワンダーを「大丈夫大丈夫,全然問題ないから!」とベニオフが押し切ったそうです。ベニオフの人脈の豊かさがあらためて証明されたミニライブでした。

パーカー・ハリス─SFDCのもうひとりのキャラ立ち創業者

Salesforceは今回のDreamforce 2015にあわせ,IoTプラットフォーム「Salesforce IoT Cloud」やマシンラーニングツール「SalesforceIQ」などのリリースを発表していますが,これらのプロダクト開発はすべて,もうひとりの創業者であるパーカー・ハリス(Parker Harris)の指揮下で行われています。16日のキーノートには"Lightning Man(昨年発表されたSalesforceのUI開発環境「Salesforce Lightning」に因んでいる)"のコスチュームに身を包んだハリスが登壇し,ベニオフと息の合った掛け合いを見せながらSalesfore IoTなどの新製品やLightningのアップデートである「Lightning Experience」⁠さらにMicrosoftとのパートナーシップ強化について発表を行いました。ベニオフの影に隠れがちなパーカーですが,Salesforceが創業からわずか16年で「Microsoft,Oracle,SAPに次いで世界第4位のソフトウェア企業(ベニオフ談)⁠に成長した背景にはパーカーの貢献を無視することはできません。

今回も体を張って貢献? パーカー・ハリス氏

今回も体を張って貢献? パーカー・ハリス氏

トラビス・カラニック─Uberにハートはある?

9月17日の午前,モスコーニセンターに隣接するイェルバブエナガーデンズにはUber TechnologiesのCEOであるトラビス・カラニック(Travis Kalanic)とベニオフの対談を聴くために集まった人々で,建物を1周するほどの長い列ができていました。2009年に創業してからわずか6年で評価額500億ドル,日本円にして6兆円を超える企業となったUberは,デジタルディスラプション(digital disruption)⁠最先端のITを駆使して既存の業界に破壊的な衝撃をもたらしたスタートアップの旗手として世界中から注目される存在となっています。いまやカラニックはベニオフにも劣らない米国の重要人物として位置づけられており,入場時はきびしいセキュリティチェックが行われていました。

UberはSalesforceのアプリケーション開発環境である「Force.com」のヘビーユーザとして知られており,ここ数年はDreamforceにも出展を続けています。一方でベニオフも「Uberの大ファンでしょっちゅう使っている。先日は新サービスのUberPool(Uberが地域限定でベータ展開している乗り合いサービス)を試してみたが,一緒に乗ったゴールドマン・サックスのビジネスマンも"これはいいね!"と言っていた」とUberユーザであることをアピール,両者が友好な関係であることを強調しています。

いまいろんな意味で最も注目されているサービスUberについて語るトラビス・カラニック氏(右)

いまいろんな意味で最も注目されているサービスUberについて語るトラビス・カラニック氏(右)

もっとも45分の対談中,一度だけ場が緊張したシーンがありました。ベニオフが最近話題になったAmazonの労働環境についての話題をカラニックに向けると,彼は「それは企業文化による。我々は我々の信じる理念を実践するだけ」と答えています。ここでベニオフは「じゃあ我々はUberにはハートがあると,どうやって知ることができるんだい?」と,おそらくカラニックにとっては予想外の質問をすると,カラニックはしばらく黙りこみ,⁠僕の心臓(ハート)はいままさにドキドキしているよ」とかわしつつ,⁠それは見ればわかるんじゃないかな。我々の会社には何万人ものスタッフがいる。そこに(ハートというべき)何かがなければ一緒には働けない」と短く回答していました。

Uberは現在,急成長の代償であるかのように,ドライバーのトラブルや利用者からのクレーム,既存のタクシー業界やLyftなどのライバル企業との闘争など,多くのビジネス上のチャレンジを抱えています。そうした理由からか,カラニックは終始,発言に慎重な態度を崩しませんでした。ベニオフもまたそうした事情を汲んでなのか,それ以上は言及しなかったのが印象的でした。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入