レポート

さよならSeasar,最後の!? Seasar Conference開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9.5 分

2015年9月26日,法政大学市ヶ谷キャンパスにて開催されたSeasar Conference 2015。フレームワーク名を冠するイベントながら,そのフレームワークの開発終了宣言が出てくるなどセンセーショナルな話題も多かった今回のカンファレンス。本記事では,その様子をいくつかの講演をピックアップしてレポートします。

オープニングトーク(DJ HIGAYASUWO)

Seasar2のオリジナル開発者でもあるDJ HIGAYASUWO a.k.a 比嘉康雄さんの発表から始まります。

画像

なぜSeasar2をやめたのか

冒頭から,Seasar2の人気絶頂期の開発中止とそれに伴うメンテナンスフェーズへの移行の理由を語ります。なぜ,認知が広がっていよいよこれからという段階であのように新規の開発が中止されたのでしょうか。

「技術は,最初のころは学ぶことが多くあるものの,ある程度経験値がたまると学ぶことが少なくなっていく」という傾向があります。既存のフィールドに居続けるとその人のスキルは伸びなくなってしまう,居心地の良さやその中で自分が優れているという感覚を得ることはできる一方で,そこで成長が止まってしまう問題があります。

比嘉さんは当時,エンタープライズJavaの世界ではやり切った感がありこれ以上これを続けても伸びないと思うようになっていました。もちろん,少しずつJavaのアップデートなど技術的変化の対応はありますが,それ以上の成長は見込めないと言います。

「明日は今日よりも成長したい」⁠その思いを強く持っていた比嘉さんはこのままSeasar2をやって守りに入ってしまうことを危惧し,新しい開発に切り出しました。Seasar2の路線転換には根本に比嘉さんの危機意識がありました。もちろん,自分の都合だけで開発を中止したわけではありません。ユーザ側に起因する部分もあると続けます。

ユーザも先ほどの問題と似たものを抱えています。フレームワークを使い始めると最初は学びが多くても,長年続けるとフレームワークがわかってきます。トラブルにも対応が早くなるし,ソースもわかるしと良くも悪くも慣れが生じます。 比嘉さんには環境に慣れ,それを極めた,十分やりきったという達成感があったら,エンジニアはそこから離れるべきだという考えがありました。この考え方も開発中止の根本にかかわってくる部分です。広く使われていたので責任を持ってバグフィックスは続けますが,Seasarを極めたら新しいところに行ってほしいと比嘉さんは考えています。

Seasar2からの卒業

ユーザへの思いを告げた後,比嘉さんから驚きのアナウンスがありました。Seasar2のサポート終了の発表です)⁠今まで継続していたメンテナンスも2016年9月16日で完全にやめ,サポートを打ち切る予定とのことです。

他の環境に移ってほしいと思いながらもサポートを打ち切らなかったのは,Seasar2のサポートへの責任に加えて,ファウンダーとして帰ってこれる場所を残しておきたかったという思いもどこかにあったという比嘉さん。今回,ついにSeasarの実質的な終了を思い立ったといいます。

比嘉さんからはSeasar2の新規開発中止の時期から,Seasar2サポートの中心にいた小林さんへの感謝の言葉が述べられ,会場からも小林さんにたくさんの拍手が送られました。

※)
Seasar2のサポート終了については比嘉さんが自身のブログで今後の方針などについて記事を書いています。詳細については当該記事や公式サイトなどをご確認ください。

会場との掛け合い

これまでのいきさつをまとめ,会場に来ていた聴衆からの比嘉さんやSeasarへの質問に答える形で講演は進んでいきました。

まずは,会場にいた庄司嘉織さんから次のような質問が挙がりました。

「比嘉さんはアウトプットが大事だと言っていますが,Seasar2(の開発)が止まってからアウトプットが記事にしてもソースにしてもぐっと減ったように思います。それはなぜなんでしょうか。飽きてしまったのか,あるいは何か戦略的なものがあったのでしょうか」⁠

これに対して比嘉さんはこのように答えました。

「実際にはその後もアウトプットは続けていました。ただ,2011年ごろからなくなってきたと思います。なぜそうなったかというと,2011年5月にジョインした企業の特性上,外に出せるものがあまりなくなってしまったのです。そのため,外部向けの話題というのは2011年5月からはほとんどやっていない。ニコニコ超会議に出たこと,今回,このカンファレンスに出たことが例外です」⁠

Seasar2の開発ストップとともに比嘉さんの業務の関係もアウトプットが減った一因となったようです。

続いて,高井直人さんからは「なぜ今になってSeasar Conferenceを開催したのか?」というストレートな質問が出ました。

「実はSeasar Conferenceの今回の立案者は自分ではない。企画してくれたの橋本(正徳)さんたちです」と,実質のイベント企画者として橋本さんを紹介しました。

「きっかけは飲みの席での話題ですね。そこからこのカンファレンスが始まりました」⁠橋本さん)⁠

開催のきっかけが伝えられたところで,比嘉さんが再び説明を始めました。

「今の話を受けてSeasar Conferenceとは何だったのかを,私自身の視点から解説します。Seasar Conferenceは,最初はSeasarのから騒ぎというイベントでした。OSSのイベントとして,まずはプロジェクトを盛り上げるために始まったのです。そこにコミッタたちがが集まることで,その優秀な人たちを企業が採用する場にもなりました。当時のNifty,Fdelphiなどを目の当たりにしていて,こうなることは予想していました。

当時は,今ほど技術があることに重きが置かれていませんでした。つまり,技術力のある人が会社の中に埋もれていた時代,プログラマへのフォーカスが外れていた時代,実装に落とすことだけが求められており,すごい技術や新しいことが求められていなかったように思います。

そんな中で優秀な人がどんどんコミッタに集まってきました。そこで企業が技術力のある人たちを求めて採用を行い,良い形で転職してという人材の流れが生まれてきました。たとえば,Seasarのコミッタは100人ちょっと,今回のカンファレンスの参加申し込みは550人超。Pythonで有名なビープラウドの社長も来ていますし,他にもいくつかの企業の技術責任者も来ている,そういう人たちに売り込みをかけるいいチャンスの場になっていきました。

一方で,カンファレンスで話を聞くだけでは面白くありません。そういう機会は書籍にもWebにもある。リアルで,人が周囲にたくさん来るというのがカンファレンスの良いところでしょう。自分を売り込みたい人はもちろん,すぐに転職ではないにしても自分が関わっていること,取り組んでいることを外部に話すことはとてもすばらしいです。そして,時代とともに経営者やそれに近いポジションの人たちが優秀な人材を欲することが表面化してきました。

こういうカンファレンスの場で人材を見つけることは良いことだと思っています。Seasar Conferenceにはそういう面があり,続けてきた大きな理由の1つです。今回,数年ぶりに開かれましたので,経営者や人事担当者で⁠この人は⁠という人材を見つけたのであれば,せっかくなので声をかけてみてはどうでしょうか」⁠

ちょうど今紹介されたビープラウド代表佐藤治夫さんから「比嘉さんのように世界で使われるOSSを開発する方に憧れる人は多いと思います。今はDJ方面に進んでいるとのことですが,プロダクトを生み出したいエンジニアへのメッセージはありますか」と,エンジニアに向けたメッセージが求められました。

「2004年以降,Seasar2を世の中に出してから思っていること。多くの人にとっては,良いアイデアを思いついた,これを世の中に使ってもらってどのぐらいいいものか確かめたいというのが開発の動機だと思います。アイデアが動機。Seasar2以降はとくにその傾向が強いと感じていますが,私はそういう考えで動いていません。

重視しているのは⁠世の中の人が何を考えているか⁠です。たとえば設定などでXMLを使うのは前提,常識だったがXMLは面倒という声が世の中に多かくありました。そこからSeasar2では可能な限りXMLを減らす発想が生まれました。

2005年ごろからRuby on Railsが流行り始めました。それは,スクリプト言語のサクサク開発できる感じが受けていたのだと思います。そこの声を感じて,Seasar2.4ではホットデプロイを投入しました。

ほかの人も欲しい,自分も欲しいというものは,世の中の人のニーズと合致し喜ばれるものになり使われていきます。アウトプットするだけではむなしいですし,使ってくれるユーザが少しでも多い環境でやらないとアウトプットも続けられません。人が欲しいというものから機能に落とし込む,それを自分が本当に欲しいか考えて欲しければ作る。それをずっと続けてきました。

素晴らしいアイデアが使われるというわけではありません。使われるものが良いもの。アイデアの時点ではそこに優劣はない。使われるかどうかが問題です」⁠

最後に,ジャーナリストの星暁雄さんから,Seasar2の今後に対する質問が行われました。

「Seasar2は比嘉さんが所属する企業のビジネスに組み込まれ,いわば社業として続けられていたものもあるのではないでしょうか。ビジネスとしてのSeasar2を終わらせることができて,初めて今回発表できたのかなと思います。しかし,ユーザに対しては,Seasar2以降の何らかの道筋を示してあげたほうが親切ではないでしょうか」⁠

これに対して比嘉さんは次のように答えました。

「まず,私の所属企業にとってSeasar2はビジネスではありません。お金にするというよりは,Seasar2を広げていく活動の一環でした。商用サポートというのは手間のわりにお金の儲からない分野,OSSの商用サポートは多くありますが,実際はそれだけでは難しいのが現実です。多くの企業がセミナーなどと合わせてどうにか(ビジネスの形に)していると思います。ビジネス的には大変な分野です。

その上で,移行パスについて考えていることはあります。このフレームワークを組み合わせればなんとかなるというのを提示するのは簡単です。ただ,言ってはいけない気もしています。⁠立場として)権威的なところから発言するべきでないと思っているからです。たとえば,Seasar2の代わりにScalaを使うべきと考えている技術者が多いときに,私がSpringを使おうと言い出したら次はSpringでという流れが生まれてしまいます。私としては,今後の移行については,技術者自身が選択肢を選べるほうが良いと思っています。ですから,そこは各自で考えてもらいたいです」⁠

さらに星さんからは「他にもStrus 1.0を捨てられない現場があるのでは?」という追加の質問がありつつも,比嘉さんはエンジニア自信に選んでもらうことを強く推し,Seasar 2のサポート終了という大きな話題を含めたキーノートを終えました。

著者プロフィール

野田大貴(のだだいき)

株式会社技術評論社、書籍編集部に所属。趣味は半身浴。

コメント

コメントの記入