レポート

自動化エンジニアのロールモデルを探せ!! 「システムテスト自動化カンファレンス2015」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

クリスマスの足音が近づく12月13日,3回目となるシステムテスト自動化カンファレンス(STAC2015)が東京赤坂のヤフー株式会社の会議室で開催されました。

今年のテーマは「システムテスト自動化エンジニアの今とこれから」です。これからの自動化の分野を牽引していくエンジニアが登壇する魅力あるイベントとなりました。今年も例年に漏れず,用意した220席はあっという間に埋まり,一時は50人以上のキャンセル待ちがでていました。昨年に引き続きレポートを担当させていただくことになりましたので,冬の寒さに負けない現場の熱気を最大限お伝えしていこうと思います。

画像

STAC2015はテスト自動化研究会(STAR)によって運営されています。STARは「テスト自動化技術における高度なスキルを検討・定義し,それを広く世に広く啓蒙する」ことを目的として2012年に発足し,本カンファレンスを主催しているコミュニティでもあります。昨年は自動化研究会の有志が『システムテスト自動化標準ガイド』を翻訳しています。

開会の挨拶/松木 晋祐

STARのメンバーの松木さんによるオープニングセッションです。はじめにSTARの趣旨,スコープ,これまでの実績などが紹介されました。続いて,今回の参加者の業務分野や自動化経験などのアンケート結果が紹介されました。今年のシステムテスト自動化経験者は60%程度,また自動化で問題があると感じているエンジニアは95%以上,繰り返し型ではない開発のスタイルは50%以上となっていました。このことから,今回はウォーターフォール開発の現場でシステムテストの自動化を担当し,何らかの問題意識を持っている参加者が多いようです。

松木さんによる挨拶

松木さんによる挨拶

松木さんから「主催者側,参加者側関係なく,会場の皆さん同士で交流してください。今日一日楽しんでいきましょう!」という言葉でSTAC2015が開幕しました。

テスト自動化のスキルを考えよう!~テスト自動化エンジニアに求められるスキル,期待される役割~

1.ISTQB編/早川 隆治(テスト自動化研究会)

STARのメンバーの早川さんによる,ISTQBで定義されているテスト自動化分野のエキスパートについてのセッションです。このシラバスは英語版のみ(2015年12月現在,英語版のダウンロードは一時中止)ですが,テスト自動化研究会の有志が翻訳をしています。

早川さん

早川さん

ISTQBのテスト自動化分野のエキスパートのシラバスは以下の2つのパートから成り立っています。

  • テスト自動化の管理
  • テスト自動化の技術

テスト自動化を作り上げる過程はソフトウェアの開発のライフサイクルと似ていて,きちんと設計をする必要があり,作ったものは改善していく必要があります。さらに自動化の対象のシステムと同期をとりながら作り上げる必要があるため,実際には開発と同じようなスキルが必要です,と早川さんは言います。

テスト自動化分野のエキスパートシラバスのダウンロードの再開が待ち望まれると共に,日本語化されるのが待ち遠しくなりました。

STAC2015 講演1 テスト自動化のスキルを考えよう!~テスト自動化エンジニアに求められるスキル,期待される役割~

2.SSF編/コヤマン(テスト自動化研究会)

STARのメンバーであるコヤマンさんのAutomationTest.SSFについてのセッションです。SSFはスキル標準フレームワーク: Skill Standards Frameworkの略であり,テスト自動化スキル標準であるAutomationTest.SSFをSTARの有志で検討中です。スキルレベルをレーダーチャートなどを用いて可視化することで,「現場の人が学習するための指標を作れるようにする」ということを目的としています。

コヤマンさん

コヤマンさん

α版では,テストレベルに依存しないテスト自動化のスキルは以下の4つのカテゴリに分けています。

  • テスト自動化関連の管理:うまくテスト自動化を進め維持する
  • テスト自動化戦略の作成:テスト自動化システムの開発ライフサイクルとテスト自動化戦略をまとめる
  • テスト自動化システムの開発:テスト自動化システムを作る
  • 自動テストケースの開発・実行:自動テストケースを作り実行する

本セッションではそれぞれのカテゴリを詳細に説明しました。特に事前アンケートでも気になっている人が多かった自動化戦略については,テスト自動化戦略とテスト自動化システムの範囲の違いを表している図も示され,わかりやすい説明となっています。

画像

最後にコヤマンさんから,このスキル標準はみなさんと一緒に考えて作っていきたいと思いますので,パブリックコメントをお願いしますというメッセージがありました。

自分に不足しているスキルを,レーダーチャートなどを使って一目で分かるというのは実務者にとってありがたいことですし,組織でシステムテストの自動化を進めていくときもマネージャーがどのようなエンジニアをアサインしたら良いのか判断するときの手助けになると感じました。

※)
すでに存在するソフトウェアテストのスキル標準であるTest.SSFとは別になります。

著者プロフィール

nemorine(ねもりん)

JaSST北海道実行委員/JaSST東北実行委員/TEF道 お肉担当/AgileJapan仙台サテライト実行委員/Certified ScrumMaster。

札幌の某半導体メーカに勤める開発エンジニア。北海道と仙台をこよなく愛す。開発も大好きだが,いいものを作るためには品質も大事だと気付き,ソフトウェアテストのイベントに参加するようになる。2012年から仙台ソフトウェアテスト勉強会を企画運営し,2013年5月に東北初となるJaSST東北を立ち上げた。2015年本拠地を札幌に移し、北日本のエンジニアとして頑張ることを誓う。

Twitter:@nemorine

コメント

コメントの記入