レポート

IoTインフラの進化が世の中を変える ─「SORACOM Conference “Connected.”」基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

クラウド直結のIoT通信のプラットフォーム事業で注目される(株)ソラコムによる初の大規模なユーザイベント「SORACOM Conference “Connected.~IoT つながる その先へ~」が1月27日(水),東京。大崎ブライトコアホールにて開催されました。午前中に行われた基調講演では,会場を埋め尽くした800名を超える参加者を前に,同社代表取締役社長の玉川憲氏による新サービスの発表やサプライズゲストの登場など,盛りだくさんの趣向が凝らされたものでした。

基調講演に立つソラコム社長 玉川憲氏。同社を「NTTドコモとAWSの両巨人の肩の上に乗ったIoTバーチャルキャリア」と紹介。

基調講演に立つソラコム社長 玉川憲氏。同社を「NTTドコモとAWSの両巨人の肩の上に乗ったIoTバーチャルキャリア」と紹介。

「AB」に続く「CDEF」─4つの新サービスを発表

玉川氏はまずソラコムの創業コンセプトから,創業から4ヵ月間の活動,そしてユニークなユーザ事例を次々と紹介していきます。初期投資のいらない1日10円の従量課金でスモールスタートからスケールもでき,プログラマブルなAPIを備えた基盤は,4ヵ月の間に1,500を超える顧客を獲得し,デバイス,インテグレーション等のパートナーも117社もの申請を受けています。

ここでソリューションパートナーとして,セールスフォース・ドットコム 取締役社長兼COOの川原 均氏が登壇。

ここでソリューションパートナーとして,セールスフォース・ドットコム 取締役社長兼COOの川原 均氏が登壇。

マンションのショールームに設置したセンサーデバイスとSORACOMのSIMを入れたタブレットからの情報をクラウド上で処理し,訪れた顧客の興味に合わせた情報を表示するサービスを紹介。

マンションのショールームに設置したセンサーデバイスとSORACOMのSIMを入れたタブレットからの情報をクラウド上で処理し,訪れた顧客の興味に合わせた情報を表示するサービスを紹介。

そして玉川氏から,現行サービスへの新たな機能追加が発表されました。1つは,コントロールパネルやAPIへのアクセス管理機能―SORACOM Accesee Management(SAM)です。メンバーごとにアクセスできる権限や利用可能期間を細かく設定可能で,大規模なIoTシステムに携わる役割別にきめ細かい管理が可能になりました。もう1点は,IMEI(International Mobile Equipment Identity)の取得です。デバイス固有の識別番号を読み取ることにより,SIMと携帯モジュールをペアで管理,SIMの盗難時等に照合して処置が可能です。いずれも無料で利用できます。

ユーザ環境と直結「SORACOM Canal」「SORACOM Direct」

続いて新サービスの発表です。最初の2つはSORACOMのネットワークとユーザのネットワークをインターネットを介さず直接つなぐことによって強固なセキュリティを確保できるサービスです。

閉じたIoTシステムを求める声に応えた

閉じたIoTシステムを求める声に応えた

1つは「SORACOM Canal」。Canalとは運河のことです。これはAWS内にユーザのクラウド環境がある場合にAmazon VPC(Virtual Private Cloud)の仮想ネットワーク機能を使ってSORACOMサービスと接続します。もう1つの接続サービス「SORACOM Direct」はAWSの外にあるユーザのサーバやデータセンターにAmazon Direct Connectの機能を使って専用線接続を行うサービスです。どちらもAWSのサービスをうまく取り入れたサービスですね。

なお,現行のSORACOM Beamでもユーザのシステムとのセキュリティを確保した通信をうたっていますが,こちらはHTTPやTCP,UDPといったプロトコル別の変換機能により実現されるため,利用アプリケーションやサービスが限定されます。CanalとDirectはこれにくらべてシンプルに全通信を外部と切り離すことが可能です。

ここでシークレットゲストとしてさくらインターネット フェローの小笠原 治氏が登壇

ここでシークレットゲストとしてさくらインターネット フェローの小笠原 治氏が登壇

「さくらのIoTプラットフォーム」構想のキモとなるIoTデバイスと同社クラウドのセキュアな接続にSORACOM Directを採用することを初めて表明しました。

「さくらのIoTプラットフォーム」構想のキモとなるIoTデバイスと同社クラウドのセキュアな接続にSORACOM Directを採用することを初めて表明しました。

「さくらのIoTプラットフォーム」構想のキモとなるIoTデバイスと同社クラウドのセキュアな接続にSORACOM Directを採用することを初めて表明しました。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入