レポート

Androidエンジニアが熱く語った2日間 〜DroidKaigi 2016 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2016年2月18日,19日の2日間にわたり,東京工業大学 大岡山キャンパスにてDroidKaigi 2016が開催されました。

2015年4月に開催された前回のイベントには約400名が参加しましたが,今回はその1.5倍にあたる600名が参加し,Androidに関わるさまざまな技術の話題に熱心に耳を傾けました。

本稿では,基調講演を中心に両日のオープニングイベントの模様をレポートします。

DAY.01(Feb.18)

主催者挨拶 日高正博氏「普段聴けない話が聴けるお祭りだと思ってほしい」

開会式にあたる主催者挨拶では,実行委員長の日高正博氏@mhidakaが挨拶と諸連絡を行いました。日高氏はAndroidを中心としたモバイル技術サークルTechBoosterを主宰しており,同サークルのブログではAndroidの技術情報を豊富に公開していることで有名です。

日高氏は2015年に引き続いて2回目となるDroidKaigiの主旨を「エンジニアが主役のAndroidカンファレンス」であり,現場の第一線で活躍しているAndroidエンジニアたちが参加者たちと知見を共有するための場所であると説明しました。

DroidKaigi 2016 実行委員長 日高正博氏

画像

今回は,海外からのスピーカーが6名も来てくれたこと,発表される45のセッションは後日YouTubeで配信されることなどを話し,最後に「普段聴けない話が聴けるお祭りだと思ってほしい」という言葉でDroidKaigi 2016は開幕しました。

基調講演 wasabeef氏「OSSの動向を捉えた実装方針」

1日目の基調講演はサイバーエージェントのwasabeef氏@wasabeef_jpによる,OSSライブラリの紹介と選定方針についてのセッションです。Android向けの新しいOSSライブラリが次々と生み出されたり,定番のライブラリがアップデートされていく中で,そのときもっともよい実装方針を考えていくことを話しました。

wasabeef氏自身もrecyclerview-animatorsBlurryなどの人気OSSライブラリ作者であるため,講演には注目が集まりました。

CyberAgent wasabeef氏

画像

まずは,Android開発の前提条件が変わってきているという話題から始まりました。昔のAndroid開発で注目されていたのはどのように機種依存を解決して安定して動かしていくかという観点でしたが,Android 4.x以降の近年では機種依存由来の問題は減ってきています。wasabeef氏は,開発者は開発手法に専念できるようになってきているという見解を示しました。

wasabeef氏は普段,次のような情報源からOSSの動向を観察しているそうです。

このように情報感度が高いwasabeef氏が,仕事で動画サービスのアプリを作る際に検討した内容を,次の各観点から紹介しました。

  • 言語環境の補助やバックポート
  • Viewの操作を楽にするライブラリ
  • Android Data Binding
  • ネットワークライブラリの定番構成
  • JSON & Protocol Buffer
  • Parcelableを補助するライブラリ
  • 画像ロード系ライブラリ
  • 画像にエフェクトをかけるライブラリ
  • 最近の依存性注入(DI)ライブラリは何を選べばいいのか
  • 昨年流行ったRxとの付き合い方
  • アプリ内データベースとO/Rマッパーの選択
  • EventBusライブラリの移り変わりと現在
  • デバッグ時に便利なライブラリ
  • dexファイルの65k制限への対応について

セッション全体で,50個程度のライブラリが登場しました。wasabeef氏が現在関わっているプロジェクトでは,テスト用のdependencyを含めれば100個近いライブラリが使われているそうです。

OSSライブラリはさまざまな知見や思想が詰まっており,参考になる実装が多く存在しています。「ライブラリそのものを採用しなかったとしても,どのようなライブラリが人気になっているのか,どのようなことができて,どのような実装になっているのかは把握しておくべきである」とwasabeef氏は提言し,基調講演を締めくくりました。

著者プロフィール

中川幸哉(なかがわゆきや)

新潟のウォーターセル株式会社で,「アグリノート」を中心に農業向けのWebサービスやアプリを開発している(エンジニア募集中)。AndroidネイティブからCordova上でのReact+ReduxやiOSネイティブに浮気してみたところ,スキルセットがReact Nativeに寄ってしまって困惑する日々を過ごす。

Web:http://blog.nkzn.info/
Twitter:@Nkzn

コメント

コメントの記入