レポート

「『nginx実践入門』出版記念!執筆者らが語る nginx Tech Talks」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2016年2月8日,エンジニアのためのイベント&コミュニティスペースdots.にて,nginx実践入門』出版記念!執筆者らが語る nginx Tech Talks」が開催されました。

同イベントは『nginx実践入門』の出版を記念して開催されたもので,執筆陣による制作秘話のほか,nginxを現場で活用しているエンジニアによるさまざまな講演が行われました。以下に同イベントの模様をレポートします。講演の資料は公開されており,本記事でも紹介していますので,詳しく知りたい方は参照してください。

nginx実践入門 メイキング - @cubicdaiya

久保達彦氏

久保達彦氏

まずは,書籍の執筆者の一人である久保達彦氏@cubicdaiyaによる講演です。メルカリでプリンシパルエンジニアとして活躍されています。書籍執筆にまつわるエピソードと,書籍では紹介できなかった内容などについてです。

本書の執筆がスタートしたのが2013年の11月で,発売が2016年の1月。約2年かかったとのことです。その間に,いくつかの内容の変更がありました。

削除された章としては,当初は「ハイパフォーマンスnginx」と題されたチューニングに関する章があったのですが,他の章を用途ごとにまとめているのでこの章のみ浮いてしまっている状態だったとのことです。そのため,他の章の該当する部分に分散する形にし,章自体は削除することになりました。また,拡張モジュールの作り方を解説する章も検討していましたが,しっかり解説すると1冊の本になってしまうレベルであること,内容が入門ではないことなどにより削除されました。代わりに,OpenRestyというnginxをLuaで拡張できるフレームワークの解説を入れることになったそうです。

一方途中で追加された章として,⁠安全かつ高速なHTTPSサーバの構築」があります。当初は他の章の一部だったのですが,HTTPSの重要性の高まりや2014年ごろから相次いだOpenSSLの脆弱性の報告などから内容が増え,最終的に1つの章を丸々使って解説する形になったそうです。

執筆後期には,HTTP/2に対応したnginx 1.9.5がリリースされ,それへの対応に追われたとのことです。

その他,本書で取り上げられなかったメールプロキシ,L4ロードバランサとしての使い方や,ngx_luaの最新のディレクティブについての補足がありました。

正誤情報とサンプルコードでみるnginxの使い方 - @harukasan

道井俊介氏

道井俊介氏

次は,もう一人の執筆者である道井俊介氏@harukasanによる講演が行われました。道井氏は,pixivでサービス全体の基盤や,データ解析基盤などの構築を行っています。現時点で判明している正誤情報と,本書で取り上げているサンプルコードからnginxの使い方を見ていきました。

まず本書のサポートページを紹介し,間違いに関してのお詫びがありました。サンプルコードについてはGitHubのリポジトリで公開しています。ここにあるシェルスクリプトを使うと本書の動作環境に揃えられて便利とのことです。

パフォーマンスチューニングに関しては,基本的には行わなくても十分パフォーマンス出るので,本書のとおりにやって必要になったらチューニングについて考える形をお勧めするそうです。

tcp_nodelayディレクティブを取り上げていないという読者の方のご指摘があり,それへの回答として,こちらはデフォルトでオンになっていて,かつnginxのコード内でオン/オフを繰り返しているのでいじる必要はないのであえて書かなかったとのことです。

4章「静的なWebサイトの構築」ではrootディレクティブの使い方についての間違いがあったのですが,こちらはわかりにくい書き方をしてしまったのが原因とのことで,本来運用するときはrootディレクティブの記述は1ヵ所だけにするのを推奨していました。

5章「HTTPSサーバの構築」の補足として,この部分は頻繁に設定を更新する必要があるので,本書でも補足しているとおり書籍で紹介している設定の内容をそのまま利用するのではなく,常に最新の状況を確認してほしいとのことでした。nginxには無停止でバイナリの更新が可能なので,常にアップデートするべきとのことです。

最後に,本書を執筆する際に,⁠実際のWebサービスにおいて活かせる,使える本にしたい」ということを意識したそうです。そのため,解説が特定のシステムに依存しないように配慮し,一般化して解説しているので,多くの方に参考にしていただきたいとのことでした。

スライドにある,章ごとにできるようになることを解説した図がわかりやすいので参考にしてください。

コメント

コメントの記入