レポート

「WACATE2015冬」参加レポート ~1年の計はWACATEにあり,2016年テスト始め~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この記事は1月9日(土)および10日(日)に神奈川県三浦海岸(マホロバ・マインズ三浦・別館)において開催されたWACATEの参加レポートです。

WACATEは2007年から年2回のおおよそボーナスの出る頃,つまり夏(6月または7月),(12月)に合宿形式で開催されるソフトウェアテストと品質に関する勉強会です。17回目となった今回は例年より遅い時期,1月の開催となりました。1月ということで,WACATE2015冬~2016年テスト始め~という年始らしいタイトルがつきました。

WACATEには夏は1つのテーマを深く掘り下げる,冬はテストに関するトピックを出来るだけ広く浅く,というように別のコンセプトがあります。今回は冬なので広く浅く,です。2日間にみっちりと詰め込まれたソフトウェアテストに関するテーマに取り組んだワークショップの様子について参加者を代表して私,ちかみがレポートします。

当日は朝9:30から会場となるマホロバ・マインズ三浦・別館の玄関を入ってすぐの所に受付が開設されました。実行委員に氏名を告げて,参加費を支払い,資料やネームカードを受け取ります。その後,ワークショップ会場のある10Fまでエレベータで上がります。会場はエレベータを出てすぐの会議室です。

会場にはテーブルでいくつかの島が作られていて,テーブル番号が①~⑪のように振られているので,朝もらった資料から自分の名前を探して,指定のテーブルへ着席します。そうこうしているうちに,他の参加者も続々と集合してくるので同じテーブルに着席した参加者や実行委員の方に挨拶したり,ネームカードに名前を記入したりしながら開始時間を待ちます。今回は満員御礼の参加者59名ということで座席はすべて埋まり,会場には早くも参加者の期待(一部不安?)と熱気が満ちていました。

いよいよ始まる―ようこそWACATE2015 冬へ!

開始時刻の10:00を回り,いよいよ2日間のワークショップが始まります。オープニングでは実行委員の並木氏よりそもそもWACATEとは?の説明や諸注意の説明がありました。また配布されたネームカードの色についても説明がありました。ネームカードは参加者の参加回数により色分けされていて,初参加の方が黄色,2回以上WACATEに参加された方が緑色,そして一定回数以上参加している常連の方は青色,実行員が赤色となっています。

WACATEは若手向け(おおむね経験10年未満)のソフトウェアテストのワークショップではありますが,参加者は必ずしもテスト技術者・テスト専任担当者ばかりではなく,開発者もマネージャーの方も参加しており,年齢や経験も社会人1年目からこの道ウン十年のベテランの方までさまざま。他ではありえない多様な参加者とテストについて2日間じっくり議論できるのはWACATEの大きな魅力だと感じました。

画像

ちなみに私は常連枠(青色)&おっさん枠での参加でしたが,常連参加者としてWACATEというコミュニティに貢献したいという思いを満たす他にも,週末をつぶしてでも勉強にくる熱心な参加者から刺激を得たり,会社では指導者的な立場を期待される者(まぁ,そういうお年頃)として,演習や議論が豊富で概念解説もよくまとまっているWACATEのコンテンツや講師のプレゼンは「明日からマネしたい」と思うほど参考になり,とても価値を感じます。そんなWACATEの価値に気付いているのでしょうか,同じ会社から何人もの参加者がきているケースもありましたが,安心してください。ちゃんと別々な班にバラバラにされますから。

参加者は皆,この2日間でしっかり知り合い増やして人脈を広げることになります。

WACATE最初のお約束―恒例のポジションペーパーセッション

オープニングが終わると次は毎回恒例,WACATE名物のポジションペーパーセッションです。ポジションペーパーは参加者全員(実行委員も含む)が参加にあたり,あらかじめ提出する立場表明書で,参加にあたっての意気込みや持って帰りたい事,議論したいこと,自己紹介などなどを記入しています。ポジションペーパーセッションでは持ち時間一人3分で,このポジションペーパーを使いながら同じテーブルについた参加者どうしで自己紹介をしていきます。自己紹介が一巡したら,こんどは席替えをして再度同じテーブルについて参加者どうしで自己紹介をします。今回も実行委員の苦労の班分けで,さまざまなコンテキストの人が1つのテーブルにつきます。半分以上が初対面です。このときのメンバーが以降のグループ演習をするときのとなります。

画像

ところで,自己紹介で使ったポジションペーパーですが,せっかく個性豊かなさまざまなコンテキストをもった参加者同士が知り合うためのツールですから,参加同じ班になった方の分だけ見るのではもったいないのです。そこで,残り約50人分も目を通し2日目のお昼休みまでにもっとも「加速している」と感じるポジションペーパーを選んで投票するとい課題が与えられます。WACATE(ワカテ / Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)のAはAccelerating,つまり「加速」です。参加者どうしが,勢いのありそう,加速していそう,情熱を感じるなどの視点で1つポジションペーパーを選びます。全参加者分に目を通すのは大変なのですが,ここにも折角の機会を生かして人脈を広げてもらおうという仕掛けがあります。参加者の投票に結果から2日目の最後にBest Position Paperとして選出されます。

BPPセッション:私の「テスト」,あなたの「テスト」

午前中2つ目のセッションは,浦山氏によるBPPセッション『私の「テスト」,あなたの「テスト」』です。

BPPセッションもWACATEではすっかり恒例となったセッションです。BPPセッションでは前回のWACATEでBPPに選出された方から参加者へ自分の加速体験や,テスト愛など熱いメッセージを語ってもらいます。が,基本的に内容はBPPセッション担当者に任せられているようです。

今回,浦山氏はセッションの時間をプレゼンテーションで使うのではく,参加者の個人ワークとその結果をもとにした議論という形式にしていました。まず「テストとは何か?あなたはどう捉えているのか?」という事を配布したA3の紙にマインドマップで書いてもらい,それを同じ班の参加者どうしで見せ合って議論するというものです。いろいろな背景をもつ参加者とあってできあがったマインドマップはまさに十人十色。マインドマップの書き方も微妙に異なり,テストとの関わり方の多様性を実感できました。また絵に描いて語り合う体験は,短い時間でありながらチームビルディングにとても役に立つと感じました。

昼食はお楽しみの海鮮丼,そして食べたら午後のセッションへ突入

午前中2つのセッションをこなした後は,お楽しみのお昼ご飯です。会場となった三浦海岸を含む地域はマグロが有名。お昼は海鮮づけ丼でした。期待を裏切らないおいしさで毎回参加者の楽しみの一つです。ちなみにお魚苦手な方も安心してください。ちゃんと毎回肉系どんぶりも用意されていますから。

午後は3つのセッションが用意されています。内容も,「テスト計画」「同値分割や境界値分析」「テストプロセス改善モデルであるTPI NEXT」と,広く浅くの「WACATE冬」らしく,バリエーション豊かです。

著者プロフィール

ちかみかつゆき

SIerに所属するソフトウェアテスト技術者,プロセス改善担当。愛知県在住。

WACATE常連。WACATE2015冬でBPP賞に選出され,WACATE参加者代表として参加レポートを書かせていただきました。WACATE以外にもTEF東海,JaSST等のコミュニティに出没中。テスト設計コンテスト東海地区審査員。テスト設計研究コミュニティーTFC KA・RI・YAメンバー。

コメント

コメントの記入