レポート

コードの前にボディをハックせよ! ヘルスハックカンファレンス開催レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ヘルスハックカンファレンスとは?

「仕事はとても楽しいしやりがいがある。だけど体調があまりよくない……」
⁠よく頭痛や腰痛に悩まされている……」
⁠最近,気がつくと,ベルトの上にお肉が乗っているのに気づいた……」

プログラマーはとてもやりがいのある仕事ですが,座り仕事であり,不確実性との戦いです。その結果として,体調を崩したり,生活が乱れがちになる人が多いです。

20代の若いうちはそれでもなんとかやっていけますが,30歳を越えてからは,徐々に身体に無理がきかなくなり,多かれ少なかれ身体にガタが来てしまいます。

そんなプログラマーに対して,レガシーコード改善の前に,まずは自分のレガシーボディ・レガシー生活習慣の改善を!というライフスタイルを提案することを考えました。そして筆者(懸田)の住んでいる愛媛県松山市で2016年3月に開催したのが,ヘルスハックカンファレンスです。

ヘルスハックカンファレンス公式サイト

ヘルスハックカンファレンス公式サイト

きっかけはヘルシープログラマー

ヘルシープログラマ

ヘルシープログラマ

きっかけは,昨年夏に出版されたヘルシープログラマでした。本書は,プログラマーが自分の仕事の流儀(=アジャイル,ハッキング)で自身の身体・健康を改善するための書籍です。

実は筆者自身が数年前から,走ることで身体や生活習慣の改善に目覚め,生活がガラッと変わった経験がありました。そのため,この書籍に書かれていることは概ね理解できたし,とても共感しました。

特に本文中に出てくる事例の登場人物が,情熱プログラマの著者であるチャド・ファウラー氏だったことにも驚きました。彼は自身の体の不調をなんとか改善しようとアジャイルの流儀で取り組んでいたことを知り,とても親近感を覚えました。

東京で話題に。……地方でも!

東京で昨年8月に開催された出版記念イベントでは,100人以上の人が集まったそうです。今やネットの時代で世界中の情報がどこにいても入手可能になっている反面,こういったイベントやリアルでの交流という点では,どうしても地方は東京よりも遅れてしまうものです。待っていても来ないので,ならば自分でやってしまえ!という勢いで開催しようと決意したのが昨年8月でした。

早速Twitterで東京の出版記念公演に登壇した,玉川さん,井原さんに連絡を取りました。最初は2015年内に開催しようとしていたのですが,準備不足のため開催を断念し,2016年の3月にターゲットを合わせて開催することになりました。

頭と身体で体験するコンセプト

最初は,愛媛県近隣のエンジニアを対象に,登壇者を含むヘルスハックの情報共有というコンセプトでイベントを開催しようとしました。しかし,いろいろ準備を進めていく中で,少し欲が出てきました。それは県外から松山に人が来てほしいということです。そんな中で考えたのが頭と身体の両方で楽しむ・体験するというコンセプトでした。

そのため,ヘルスハックカンファレンスは2日間に渡って開催することにしました。 初日の会場をゲストハウス松山のイベント会場で行うことで,松山城のすぐ近くという立地と,講演・懇親会・宿泊が同一会場という,参加者の利便性を高めました。2日目には自然の中でのアクティビティ体験や松山の郷土料理を楽しむという2部構成にしました。

カンファレンスへの参加申し込みは主にFacebook,TwitterのSNSで告知をし,ランディングページ経由のDookeeperで申込みを行いました。限られた労力で告知を行ったため,イベント自体を知らない方も多かったと思いますが,登壇者含め16名が松山に集まりました。大半は愛媛県外からの参加者で,関西や山陰方面からはるばる参加していただいた方もいました。

ヘルシープログラマに影響を受けた翻訳者のヘルスハックは?

初日はまず最初に筆者からイベント開催の挨拶をしました。その後講演のトップバッターは『ヘルシープログラマ』の翻訳者である玉川さんです。技術書の翻訳を手がける玉川さんとしては今回の翻訳は変化球だったとのことですが,思ったよりも周囲から評判がよく,ご自身もその影響を受けて取り組まれている工夫があるとのこと。今回の発表は,本書の紹介と思いきや,ご自身のヘルスハックの事例を話していただきました。

玉川さん

玉川さん

現在,玉川さんは毎日オフィスの17階の階段を歩いて上り下りするというハックをしているそうです。お金を払い,時間を作ってジムに通うのも自分を追い込む一つの工夫ですが,日常生活の中で自然と運動習慣を組み込むのは継続しやすいのではないかと感じました。

100マイルレースの先にプログラマは何をみたか?

次に,出版記念イベントで基調講演を務めた株式会社ビットジャーニー井原さんが「走ってよかった10のこと」というタイトルで講演しました。井原さんが走ることに目覚めてどう変わったのかについて話していただきました。出版記念イベントでは,SNS上でガチ過ぎると話題になっていたので個人的にとても楽しみでした。

井原さん

井原さん

井原さんの走ることにハマったきっかけが筆者と似ていて,共感するところが非常に多くニヤニヤしながら話を聞いていました。そのきっかけとなったのがBORN TO RUNです。読んだことがない方は是非オススメします! この書籍では,人体の構造は生物学的にみて,他の動物と比べても長距離を走ることに最適化されているということが,様々なストーリーを絡めて描かれています。本書を読むと,きっとあなたも走りたくなることでしょう。

井原さんは走ることにハマりすぎて,海外の100マイル(約160km)の山岳レースにも参加しました。筆者も井原さんほどではありませんが,フルマラソン以上の距離のウルトラマラソンやトレイルランニングにもチャレンジしています。人はいくつになっても(少なくとも40歳過ぎても)肉体的にも成長できるのです。

井原さんの言葉の中では,100マイルレースに出たことで,顧客から信頼されるようになった(=仕事よりも,100マイル走ることのほうが辛いので,逃げないでやってくれるという信頼)という話が印象的でした。

著者プロフィール

懸田剛(かけだたけし)

ゼンソー代表,Agile459代表,ヘルスハックカンファレンス発起人。2010年より東京から松山に移住し,アジャイル・スクラム,プロジェクトファシリテーション,パタン・ランゲージなどのスキルを活かし,顧客の現場で価値提供のための人づくり,仕組みづくり・文化づくりを支援している。ブログはいきてま@えひめ

コメント

コメントの記入