レポート

Conversations as a Platform――対話を軸にさらにヒトに近づいたコンピューティングの世界とソフトウェアが創る未来~de:code 2016開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2016年5月24,25日の2日間,日本マイクロソフト主催の技術者向けカンファレンス「de:code 2016」がザ・プリンス パークタワー東京で開催された。ここではキーノートの模様を中心にお届けする。

3回目となるde:code~Microsoft技術の立ち位置が改めて明確になったカンファレンス

今回で3回目となるde:code 2016。本イベントは,毎年春に米国にて開催されるMicrosoft本社の技術者向けカンファレンスbuildを受け,その内容のフォローアップに加えて,これからのMicrosoftおよび日本マイクロソフトが目指す方向について,技術的視点から発表やデモンストレーションが行われるというもの。

これまで以上に印象的だったのが,OSS(オープンソースソフトウェア)を含めた他の技術との融合という点。

今回もホストを務めたのは日本マイクロソフト執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長の伊藤かつら氏。オープニングでは,同社CTO榊原彰氏とともに,同社の音声認識パーソナルアシスタント機能Cortanaを活用したデモを交えながら,今のMicrosoftの姿,そして,de:code 2016の見どころについて紹介した。

今回もオープニングキーノートのホストを務めた日本マイクロソフト執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長の伊藤かつら氏

今回もオープニングキーノートのホストを務めた日本マイクロソフト執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長の伊藤かつら氏

伊藤氏が「MicrosoftはもうWindowsとOfficeだけの会社ではありません。古い概念ではなく新しい概念で価値を提供します」と,改めて今のMicrosoftの戦略である,モバイルファースト・クラウドファーストの考え方に触れれば,一方の榊原氏も「これまでのMSの技術,他の技術という考え方ではなく,良い技術なのか,役に立つ技術なのか。そこが大事だと考えています」と,両名ともMicrosoftやMicrosoftの製品ありきではなく,社会に対して今,Microsoftが提供できるもの,提供したい技術に取り組んでいることを強調した。

伊藤氏とともにオープニングに登場したCTOの榊原彰氏。今年のbuildで体験したこと,技術的予測などを紹介した

伊藤氏とともにオープニングに登場したCTOの榊原彰氏。今年のbuildで体験したこと,技術的予測などを紹介した

さらに榊原氏はbuildでの各種発表のフォローとして,⁠Xamarinの無償提供やbashのWindowsネイティブ対応など,これらはMicrosoftから技術者に向けたプレゼントです」と,Microsoftが技術者を尊重し,支援していくことについて語った。

そしてホスト役の伊藤氏が「“我々の産業は伝統ではなくイノベーションを尊重する⁠という理念を持っている人物,それが今のCEOです」と述べながら,Microsoft CEO,Satya Nadella氏を紹介し,オープニングキーノートの幕が上がった。

Satya Nadella CEO登壇

今回,日本国内の技術者向けカンファレンスに本社CEOが登壇したということからも,Microsoftが日本の技術者を非常に大切に考え,また,大きな期待を寄せていることが伺えた。

米国本社からSatya Nadella CEOが登壇。エンジニア出身でもある彼が目指す,これからのMicrosoftについて熱く語った

米国本社からSatya Nadella CEOが登壇。エンジニア出身でもある彼が目指す,これからのMicrosoftについて熱く語った

Satya氏はMicrosoftの今のPlatformについて

  • Build the intelligent cloud platform
  • Reinvent productivity & business processes
  • Create more personal computing

という3つのカテゴリに分けて解説していった。

要点としては,上から順に,⁠クラウド」⁠ビジネス」⁠パーソナルコンピューティング」⁠この3つの要素がMicrosoftが考えるプラットフォームの基本となっており,それぞれの項目に関して,技術や取り組みが行われていることになる。

さらにもう1つ,今回のde:code各所で耳にすることができたのが「Conversations as a Platform」⁠言葉の通り,⁠プラットフォームとしての対話」である。

これはすでにMicrosoft Researchが15年来の研究を進めてきた,音声,会話,画像などの認識技術を含めた,人間とコンピュータとの対話によるコミュニケーション,課題解決,アプリケーション・サービスの総称である。

Satya氏は,最近注目を集めているbotを例に挙げ,⁠これまでのアプリケーションはアイコンが入口となり,そこからユーザが利用し,コンピュータが解決する流れでした。しかし,これからはアイコンではなく,対話そのものがインターフェースとなり,アプリケーションからユーザに近づいていく世界になります」と,Conversations as a Platformの概念を説明したうえで,LINE botのりんなを例に挙げながら,⁠Microsoftはよりリッチなbotのプラットフォームを展開し,あらゆるところで利用できる,オープン化したエコシステムが生まれることを期待しています」と,この技術に対する大きな期待を込めたコメントを述べた。

この他,コミュニティに対するアプローチ,また,hololensのようなネクストリアリティに向けた研究・取り組みを,デモや実例とともに紹介し,とくに日本ではこうした部分のリードを期待するとともに,同社はとくにコンピュータの教育について,日本での展開を強化していきたいと述べ,発表を締めくくった。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2016年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入