レポート

Java“次の20年”への萌芽 ―「Java Day Tokyo 2016」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2016年5月24日,東京,品川にある東京マリオットホテルにて,日本オラクル主催によるJavaの年次カンファレンス「Java Day Tokyo 2016」が開催されました。昨年はJava 20周年にあたる記念開催で盛り上がりましたが,今年は「次の20年」でJavaをどのように変えていくかをテーマに,国内外から多数のスピーカーが揃い,それを支える多くの開発者が参加しました。

ここでは午前中に行われたキーノートを中心にレポートします。

Javaコミュニティは現在も発展中

キーノートの最初に登壇したのは,昨年までと同様,日本オラクル⁠株⁠取締役 代表執行役社長兼CEOの杉原博茂氏。今年はラフなジーンズ姿で登場した杉原氏は,Javaがどれほど世の中に浸透してきたかをさまざまな数字を挙げて紹介しました。

日本オラクル CEO 杉原博茂氏

日本オラクル CEO 杉原博茂氏

これまで人類が経験してきたテクノロジーイノベーションと同様に,現在社会が抱える多くの問題はクラウド,IoTといった新たなプラットフォームが解決していく,そこでキーとなる技術がJavaであると述べ,そこからJavaの現状をさまざまな角度から取り上げるスピーカーがリレー形式で次々と壇上に現れました。

プログラミング言語のネットでの話題性をランキングする「TIOBE Index」で,2015年からJavaが1位になっていることがキーノート中2度も取り上げられていました

プログラミング言語のネットでの話題性をランキングする「TIOBE Index」で,2015年からJavaが1位になっていることがキーノート中2度も取り上げられていました

Oracle,Java Platoform Product Management & Developer Relationsのディレクター,Sharat Chander氏は,Javaの開発事情について紹介。JavaのオープンソースプロジェクトであるOpenJDKは,2010年からの5年間でアクティブなコミッターが136%増えたそうです。

Java開発のエコシステムの発展を数字を挙げて紹介するSharat Chander氏

Java開発のエコシステムの発展を数字を挙げて紹介するSharat Chander氏

Javaの進化はやはりクラウドとともに

Java Platform Developmentのシニアディレクター,Bernard Traversat氏が登壇し,ラムダ(Lambda)式やStreamといった注目機機能満載のJava 8を「Modernizing Java」として紹介しました。Javaが登場したとき,非常に洗練されたプログラミングスタイルに新しさを感じた開発者も多かったと言いますが,Java 8はそれに匹敵するインパクトをもたらしたと言います。

Traversat氏はさらに「その先のJava」についても言及しました。Java SEはクラウド環でのさらなる活用を見据えて,ランタイムのセキュリティ強化,メモリ管理の効率化,マイクロサービスや起動の軽量化,そしてガベージコレクタ(GC)のより高度な予測動作等の機能強化に向かっていくとのこと。

開発中のJava 9のその先,Project Valhalla,Project Panamaについても言及するBernard Traversat氏

開発中のJava 9のその先,Project Valhalla,Project Panamaについても言及するBernard Traversat氏

続いて,Oracle Developer Tools groupのPrincipal Product Manager,Geertjan Wielenga氏によるJava開発プラットフォームNetBeansのデモが行われました。NetBeansもいよいよJavaSvript,HTML,CSS開発に対応し,より使いやすい開発環境に進化しています。

Geertjan Wielenga氏はオランダ人,いつもはアムステルダムで活動しているそうです

Geertjan Wielenga氏はオランダ人,いつもはアムステルダムで活動しているそうです

クラウドアプリケーションの基本プロダクト部門のディレクター,David Delabassee氏によるJava EEの進化の紹介。Microserviceと分散コンピューティングの対応がここ数年のキモです

クラウドアプリケーションの基本プロダクト部門のディレクター,David Delabassee氏によるJava EEの進化の紹介。Microserviceと分散コンピューティングの対応がここ数年のキモです

将来のエンタープライズアプリはJava EEのAPIとJava SEランタイムを合わせてコンパイルすることで,1本jarファイルを作り,それをさまざまなクラウドプラットフォーム上で改変なく動作できるというイメージ

将来のエンタープライズアプリはJava EEのAPIとJava SEランタイムを合わせてコンパイルすることで,1本jarファイルを作り,それをさまざまなクラウドプラットフォーム上で改変なく動作できるというイメージ

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入