レポート

クラウドに最適化されたデータベースエンジン「Amazon Aurora」のいま

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「Aurora(オーロラ)は,AWS史上,もっとも速いスピードで成長を続けているサービス」―7月28日,アマゾン ウェブ サービス ジャパンが行った報道陣向けの説明会において,同社 技術本部 エンタープライズソリューション部長/シニアソリューションアーキテクトの瀧澤与一氏は,データベースサービス「Amazon Aurora」への注目度の高さをこう表現しました。2014年の「AWS re:Invent」で発表されて以来,MySQL互換のマネージドデータベースサービスとして多くのユーザを獲得してきたAuroraですが,その勢いはリリースから2年経った現在も衰えることを知りません。なぜAuroraはこれほど力強い支持を得られているのでしょうか。説明会の内容をもとに,Auroraというデータベースエンジンのいまに迫ってみたいと思います。

説明会のスピーカを務めたアマゾン ウェブ サービス ジャパン 瀧澤与一氏(右)と岡嵜禎氏

説明会のスピーカを務めたアマゾン ウェブ サービス ジャパン 瀧澤与一氏(右)と岡嵜禎氏

なぜAmazon Auroraなのか?

前述したように,AuroraはAWSが提供するマネージドデータベースサービス「Amazon RDS(Relational Database Service)⁠のラインナップメニューのひとつで,MySQLと互換性をもつエンジンです。もっとも他のRDSとは異なり,Auroraは「パフォーマンスやスケーラビリティなど,クラウド時代のニーズに最適化させるためにAWSがゼロから再設計したデータベース」⁠瀧澤氏)という位置づけがされています。MySQLと互換性はありますが,はじめから"クラウドありき"で開発されたAuroraは,MySQLやその他のRDBMSにはない特徴をいくつも備えているのです。

AWS史上最速のスピードで成長を続けるAurora。リージョン内の3つのAZにまたがって6本のディスクを配置しデータベースの可用性を担保しているのが最大の特徴。

AWS史上最速のスピードで成長を続けるAurora。リージョン内の3つのAZにまたがって6本のディスクを配置しデータベースの可用性を担保しているのが最大の特徴。

たとえば「1つのリージョン内で3つのAZ(Availability Zone)にまたがって6本のディスクを配置し,それぞれのディスク上でレプリカを作成する。仮に2本のディスクに障害が起こってもリード/ライトは保証される。3本の障害でもリードは可能」⁠瀧澤氏)という点はクラウドにおけるデータベースの可用性を考慮するとき,非常に魅力的な特徴です。これらのレプリケーションは自動で行われるため,ユーザ側に余計な負荷は生じません。また万が一,データベースクラッシュが起こっても,キャッシュとログをAuroraのプロセスから分離できるため,Aurora再起動時にもキャッシュは残ったままで利用できます。気になるレプリケーションのレイテンシも10~20ミリ秒程度と,数秒前後のMySQLに比べて非常に低く抑えられているのがわかります。

スケーリングに関しても「64テラバイトまではディスクがシームレスにスケールする」⁠瀧澤氏)仕様になっており,ユーザ側で事前にプロビジョニングする必要はありません。この点も,クラウド時代のニーズ - 増え続けるデータを捨てることなく,スケーリングで解決したいというユーザの要望に応えた特徴だといえます。

Auroraが他のRDSと異なるのは機能面だけではありません。価格体系も"クラウドネイティブ"であることを前提にしており,ユーザは「実際に利用したディスク容量」に応じて料金を支払う,いわゆる従量課金制が基本です。このほかバックアップストレージ容量に応じて課金がされますが,プロビジョニングに関する料金は不要です。

進化するAurora

AWSがパブリッククラウド市場でNo.1の座を維持し続けている理由はいくつもありますが,⁠新機能追加などのイノベーションのスピードが年々加速している」⁠アマゾン ウェブ サービス ジャパン 技術本部 本部長 岡嵜禎氏)ことは大きなポイントのひとつです。たとえば2009年の時点では1年間でリリースされた機能改善や新サービスの数は24程度でした。しかしその5年後の2014年には516に,そして2015年には722にも上っています。おそらく今年もその数を更新することになるでしょう。

年々加速するAWSのイノベーションのスピード。2015年に追加された新機能や新サービスの数は700を超えた

年々加速するAWSのイノベーションのスピード。2015年に追加された新機能や新サービスの数は700を超えた

こうした絶え間ないイノベーションはもちろんAuroraに対しても行われています。以下,瀧澤氏が紹介したここ数ヵ月のAuroraアップデートの概要を挙げておきます。

Auroraクロスリージョンレプリカサポート

6月2日よりリージョン間でのリード/ライトが可能になりました。たとえば東京リージョンと米国東部リージョンをまたいでレプリカを作成することができるようになっています。クロスリージョンを利用するためのセットアップなどはすべてマネージドサービスに含まれているので,ユーザ側が行う必要はなく,コンソール経由で簡単に立ち上げることができます。ディザスタリカバリ環境,または他のリージョンにデータベースを移設するといったケースでの利用に適しています。リージョン障害が発生した場合には,クロスリージョンレプリカをマスターとして昇格することも可能です。

スナップショットをアカウント間で共有可能に

5月19日よりAuroraのスナップショットを他のAWSアカウントだけでなくパブリックに共有できるようになりました。また,同じリージョン内の他のAWSアカウントで起動しているAuroraスナップショットからリストアすることも可能になっています。データベース環境を分離したいとき,あるいはデータの共同利用を進めたいときなどに有効です。

Auroraで暗号化されていないスナップショットから暗号化クラスタを作成可能に

Auroraはリリース当初,暗号化機能は利用できなかったのですが,2015年12月から暗号化クラスタを作成できるようになりました。そして新たな機能として,暗号化されていないAuroraクラスタを,KMS(Key Management Service)を使って暗号化されたAuraraクラスタに移行できるようになっています。スナップショットからのリストアも可能ですが,その際は「Enable Encryption」を"Yes"に設定してから使用するキーを選択する必要があります。

ムンバイ(インド)リージョン対応

6月28日にAWSの最新リージョンがインド・ムンバイに開設されました。ムンバイリージョンでは最初から対応サービスが非常に多く,Auroraも最初から使えるようになっています。

MySQLバックアップからAuroraクラスタを作成可能に

7月21日より,オンプレミスやAmazon EC2上にMySQL環境を構築している場合,そのバックアップのスナップショットをAmazon S3にロードし,そこからAuroraクラスタを作成することができるようになりました。これにより,MySQL→Auroraのマイグレーションが非常に効率的に行えるようになります。Auroraにすでに備わっているMySQLからレプリケーションを実行する機能とあわせて利用すれば,アプリケーションを停止することなくMySQL→Auroraのマイグレーションが可能になります。⁠2テラバイト以上の大容量データのマイグレーションでもパフォーマンスのインパクトを最小限に抑えて移行することが可能。mysqldump utilityを利用した場合と比較すると20倍高速」⁠瀧澤氏)

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入