レポート

インテグレータとしてモノとビジネスのギャップを埋めていく ―「Hadoop/Sparkエンタープライズソリューションセミナー 2016」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

オープンソースのシステムインテグレーションを事業展開している国内SIerのなかでも,HadoopやSpark,PostgreSQLといった大量データを扱うミドルウェア基盤の実装を得意とし,膨大なノウハウや知見を蓄積しているのがNTTデータです。とくにHadoopに関しては2008年というかなり早い段階からインテグレーションを開始しており,通信,金融,製造,ソーシャルサービスなどの分野で,多くの企業にHadoop導入/運用を担当してきた実績をもちます。また,Hadoop/Spark開発コミュニティをリードする存在であるコミッタ/PMCも数名在籍しており,Hadoopの貢献コード行数は世界第4位と,世界的に見ても非常に高い技術力と貢献で知られています。

開発コミュニティで活躍するNTTデータ関連のHadoopおよびSparkコミッタ

開発コミュニティで活躍するNTTデータ関連のHadoopおよびSparkコミッタ

11月16日,そのNTTデータのHadoop/Sparkへの取り組みを紹介する年次イベント「Hadoop/Sparkエンタープライズソリューションセミナー 2016」が開催されました。併催でApache KafkaやPostgreSQLに関するセッションが中心の「NTTデータ オープンソースDAY 2016」も行われ,ビジネスでは扱いにくいと言われがちなミドルウェアのオープンソースを,いかに個々のユーザ企業に適したデータ基盤へと整えているのか ―本稿では同イベントの基調講演で紹介されたHadoop事例を振り返りながら,NTTデータがめざすオープンソースビジネスのあり方に迫ってみたいと思います。

ミドルウェアを活かすために企業がとるべき「2つのアプローチ」

事例紹介の前にNTTデータ システム技術本部 OSSプロフェッショナルサービス 課長 下垣徹氏より,「NTTデータが考えるHadoop/Sparkを通じたデータ活用の勘所」と題したプレゼンが行われ,NTTデータのHadoop/Sparkビジネスの全体像が説明されました。

NTTデータ 下垣徹氏

NTTデータ 下垣徹氏

今回のイベントには予定していた定員を超える300名以上の来場者がありましたが,参加登録時の事前アンケートによれば,そのうちの70%が「Hadoop/Sparkに興味あり」と回答しています。ビッグデータやAIなどのブームを経て,数年前とはまったく異なるデータ活用のアプローチが企業に求められている現在,膨大で多様なデータを低コストで,かつ迅速に扱えるHadoopやSparkなどのオープンソースのミドルウェアのニーズが高まっているのは当然と言えるのかもしれません。「数年前は"データを活用する"といってもサンプリングが中心だったが,現在では全量データを扱える。またBIも単なるレポーティングから個々人や個別の案件に最適化したきめこまやかな分析へと大きく変わった。この変化の背景にはHadoopを中心とするミドルウェアがデータ分析の道具として整ってきたという事実がある」(下垣氏)。

参加登録時の事前アンケート,70%以上が「Hadoop/Sparkに興味あり」

参加登録時の事前アンケート,70%以上が「Hadoop/Sparkに興味あり」

その一方で,Hadoopにかぎらずオープンソースやクラウドといった新しいテクノロジをシステムとして導入しようとする場合,国内企業の多くはリスクを取ることを嫌がり,慎重になリすぎるケースが少なくありません。しかしUberやAirbnbの例を引くまでもなく,世界的に急速に成長する企業の多くはビジネスをスケールする際,ITインフラもハード/ソフトともに大きくスケールさせています。ビジネスの成功がITインフラの拡張にひもづくのは,いまや世界中のどこにおいても常識となりつつあるのです。

では国内企業はそうした現状にどう向き合えばよいのでしょうか。下垣氏は「インフラをスケールする際,ハードはクラウドとコモディティハードウェアの活用が,ソフトではミドルウェアの使い方がカギになる」と語り,Hadoopをはじめとするミドルウェアに対して企業が取りうるアプローチとして

先頭を走る
他社との競争に勝つためにスピード重視,ソフトウェアの完成を待てない時代をふまえて,リスクを理解して新しいものを取り込む
追従する
基本手にはリスクを取らずに投資効果を最大化するアプローチで,他人の通過したあとに,いかに効率よくトレースするかがカギ

という2つのやり方があるとしています。"先頭を走る"企業の場合は,多様化するニーズに合わせた技術を,たとえそれがまだ未成熟であってもリスクを承知で積極的に取り入れる傾向があります。ミドルウェアでいえばHadoop/Sparkエコシステムやオープンソースプロダクトなど,中身が公開されている技術を選ぶケースが多くなります。

ただし,そういった先進的な技術に対する知見をもった担当者/技術者がいなければこのアプローチは取れません。また,こうした企業はニーズの多様化にあわせることにフォーカスするあまり,フォローする技術の範囲が極端に拡がりがちです。下垣氏は「極端な拡がりはひずみを生み出す原因となる。すべてのプロダクトを全部フォローするのは無理で,ニーズの多様化にフォーカスするだけでなく,持続可能な進化とは何かを考えるべき」と指摘し,連続性を保った,サステナブルな技術のフォローを意識することの重要性を強調しています。

一方の"追従する"企業,ここにはおそらく国内企業の多くがカテゴライズされるのではないでしょうか。下垣氏は「企業としてはごくふつうの心情で,十分に理解できる」としながらも「ただ追従するだけでは,いつまでたってもビジネスでは二番手のままになってしまう。ビジネスで勝つためには必ずどこかで尖る必要が出てくる。すべての技術をトレースする必要はなく,既存技術ではまかなえない部分をピンポイントで埋めていくようにすれば,差し切ることは十分に可能だと信じている」と語っています。

「NTTデータは先頭を走る企業に対しては一緒に知恵を出していくお手伝いを,追従する企業には既存のノウハウをまとめて提供することができる。我々はインテグレータとして,(Hadoopなどの)モノと(顧客の)ビジネスのギャップを埋めていくポジションを取り続けたい」として,プレゼンを締めくくった下垣氏。"ビジネスで勝つためにミドルウェアにオープンソースを採用する"という企業が増えていくためにも,同社の「コンサルティング力/PoC力」「インテグレーション力」「サポート力」にこれからも期待がかかります。

NTTデータのHadoopビジネス

NTTデータのHadoopビジネス

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入