レポート

モデリングを核としたプロセス改善でソフトウェア設計・開発の現場が抱える品質・コストにかかわる課題を解消

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

設計の効率化を実現する工夫を各種支援ツールとして実装

今回の取り組みではこうしたMBSEを実践していくためのツールの1つとして,スパークスシステムズのUMLツール「Enterprise Architect」を試行的に活用している。

たとえば,アクティビティ図から,表形式のユースケースシナリオを自動生成するような仕組みをExcelのマクロで作成し,レビュアーが好みに応じて選択できるようにしていることもそうした工夫の1つだ。また,システムに配置された機能ブロック図において機能間のインタフェース情報をデータフロー的に表示し,運用ごとに利用される機能をシステム全体の流れのなかで把握できるようにするといった工夫も施している。さらには,作成したアクティビティ図と機能ブロック図からアクションと機能要素を抽出し,運用と機能の関連性を可視化するためのマトリクス表を作成するという仕掛けもEnterprise Architectのアドインとして実装した。

「設計者の作業負荷を軽減させることは,設計者の手間を減らし,やる気にさせるというのと同義だと考えます。そしてそれが,MBSEといった新しい手法を現場に円滑に導入させ,最終的なゴールであるソフトウェアの品質向上を実現するうえでの要諦であると捉えています」と舟生氏は強調する。

JAXAにおけるMBSEにかかわる取り組みのステータスだが,取り入れることができるところから取り入れ,また,現場の意見を取り入れながら,ツールやプロセスのさらなるブラッシュアップを図っているところだという。

最後に舟生氏は「自信を持って言えるのは『非常に効果がある』ということ。MBSEが我々のシステム開発に多大な成果をもたらしてくれることを大いに期待しています」と語った。

単なる製品の事例紹介にとどまらず,多様な“気づき”を得る場となった

引き続き行われた2つめの講演では,ベアリングやステアリングなどの自動車関連部品の開発・製造・販売で知られる日本精工株式会社の高橋寛之氏が,自社の目指す「プロダクトライン開発」の実現に向けたモデリングの実践にかかわる概要を紹介した。

日本精工では,複数の自動車メーカに向けて多種多様な製品を同時に提供しているが,従来の⁠一品一様⁠のソフトウェア開発では,製品のバリエーションの多さからどうしても開発工数が発散し,ソフトウェアの複雑化も止めることができない状況であるという。

こうした課題の解消に向けた打開策として,同社が取り組みを進めているのが「プロダクトライン開発」への変革だ。コア資産,つまり標準成果物の計画的な再利用に基づく開発により,工数削減,品質向上を目指していこうというのがそのねらいだ。そして,そうした取り組みを支えているのがソフトウェアモデリングの活用であり,そのための支援ツールとしてスパークスシステムズのEnterprise Architectを採用している。

高橋氏の講演では,日本精工の主要製品の1つである電動パワーステアリング(EPS)用のソフトウェア開発を具体例に取り上げ,プロダクトライン開発の実践を見据えて同社がどのような工夫を行っているかが紹介された。具体的には,共通性や可変性といった再利用の視点からソフトウェアアーキテクチャを導出・ブラッシュアップしていく様子や,モデルによってその視点を表現している事例が解説された。

会場全体

会場全体

その後,実施された講演では,神奈川県住宅供給公社の笹沼透氏による,氏自身が取り組んできた複数の開発手法の組み合わせ・カスタマイズによる戦略的なソフトウェア開発の解説,またオーストリアLieberLieber社のRoman Bretz氏からは,欧州の特に自動車業界におけるEnterprise Architectの利用状況や,同社が開発したEnterprise Architectのアドインについて紹介が行われた。

今回は「Enterprise Architect 事例紹介セミナー」と題されたイベントではあったが,単にEnterprise Architectという製品に閉じた話題にとどまることなく,参加者にとってはモデリングを活用したソフトウェア設計・開発全般にわたる,多様な⁠気づき⁠が得られる場となったはずだ。

コメント

コメントの記入