レポート

Androidエンジニアの祭典「DroidKaigi 2017」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2017年3月9日,3月10日の2日間に渡り,ベルサール新宿グランドにてDroidKaigi 2017が開催されました。

DroidKaigi 2017は今回が第3回目の開催で,第1回の400人から600人,800人と順調に参加者数を伸ばしています。またセッション数は今回67セッションに登り,前回に比べて20件ほど増加しました。これは第1回の3倍に近い数字です。

このレポートでは1日目のウェルカムトークと,2日目に行われたYahoo! Japanの毛受崇洋(@takahirom)氏による「How to implement material design animation」を紹介します。

「ウェルカムトーク」

DroidKaigi 2017の開幕は実行委員長の日高正博氏の挨拶から始まりました。DroidKaigiの主旨について「技術情報の共有とコミュニケーションである」と説明しました。その上で,800人という規模のイベントをオンラインではなくオフラインで開催することについて,日高氏は「講演者・聴講者共にトレンドを知り,仕事や趣味における自分の課題意識を共有し,そしてテクノロジーを楽しんでもらいたいという思いがある」と熱く語りました。

画像

また今回のウェルカムトークでは,講演者代表として開幕セッションの1つを担当する講演者の@lvla0805氏,スポンサー代表としてCyberAgent社の藤原聖氏より挨拶がありました。

@lvla0805氏は「私が知っている情報は誰もが知っていて,需要がない」という考えは勘違いだったとし,⁠あなたにとって当たり前のことは,他の誰かにとってはとても重要な情報かもしれない」とし,ぜひ来年は登壇に挑戦してみてほしいと述べました。

画像

藤原聖氏は3回連続でDroidKaigiのスポンサーをしていることを述べ,⁠DroidKaigiの主旨に共感しており,スポンサーとして関われることを嬉しく思う」と語りました。

画像

魅力あるセッションの数々

DroidKaigi 2017では非常に魅力的なセッションが数多く行われました。その内容はライブラリの使い方や設計方針,デザインや保守など多岐にわたります。

セッション「How to implement material design animation」

このレポートではその中から興味深かったセッションを1つ紹介します。2日目に行われたYahoo! Japanの毛受崇洋@takahirom氏による「How to implement material design animation」です。

Googleがガイドラインを制定し,Androidアプリにおいて現在推奨されたデザインとしてマテリアルデザインが存在します。そのマテリアルデザインのガイドラインには静的な表現だけでなく,動的な表現(モーション)についても記述が存在します。しかし,これらはあくまでも「ガイドライン」であり,その具体的な実装方法については記載されていません。毛受氏はサンプルアプリを用意し,実際にガイドラインに則ったアニメーションの実現とその方法を講演しました。

画像

まず毛受氏はGoogle社のデザインガイドラインの記述を引用し,アニメーションを利用する目的を「ユーザーが考えることを減らし,アプリをより分かりやすくする」ためだと述べました。その上で,マテリアルデザインをどのようにアニメーションとして表現するのかという本題に入りました。

著者プロフィール

Jumpei Matsuda

Quipper Limitedに勤めるAndroidエンジニア。教育系のアプリ開発に従事している。

GitHub:https://github.com/jmatsu

コメント

コメントの記入