レポート

「Battle Conference U30」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2017年3月11日,株式会社サイバーエージェントの主催により,東京都港区にあるTABLOIDにおいて「Battle Conference U30」が開催されました。

本イベントは登壇者,参加者ともに30歳未満としたのが特徴です。内容は大きく2つに分かれ,⁠Talk Battle」では各講演で最も良いと思ったものに投票し,最も人気のあった講演を決定します。⁠Programming Battle」はチーム戦のプログラミングコンテストです。以下では「Talk Battle」の,⁠ネイティブ&Webフロント」⁠データサイエンス」というグループで行われた講演の模様を中心にレポートします。

なお,イベント開始時に開場挨拶として株式会社サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏,基調講演として株式会社Gunosy新規事業開発室執行役員松本勇気氏の発表がありましたが,残念ながら時間の都合上取材ができませんでした。

講演で使われた資料は公式ページからリンクされており,映像配信プラットフォームFRESH!でも講演を配信予定ですので,詳しく知りたい方はそちらを参照してください。

毎週リリースを支える技術

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 金子直人氏

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 金子直人氏

発表者は株式会社リクルートマーケティングパートナーズの金子直人氏。ゼクシィキッチンというレシピサイトのiPhoneアプリを開発しています。毎週リリースを行うためにレイヤアーキテクチャを採用し,依存関係を一方向にすることで変更のコストを抑えているそうです。また,開発スピードと品質を両立するために,ユニットテストでカバーする範囲を限定するなどの工夫をしているとのことでした。

HTTP Live Streaming in iOS

株式会社サイバーエージェント 青山遼氏

株式会社サイバーエージェント 青山遼氏

発表者は株式会社サイバーエージェントの青山遼氏。FRESH!をはじめ多くの動画サービスで使われているHLS(HTTP Live Streaming)というプロトコルについての講演です。デモとしてiPhoneで撮影した動画をその場に配信するなど,HLSが非常にシンプルで使いやすいプロトコルであること,回線速度に応じて画質を変化させることで安定した配信が実現できることなどがよくわかる内容でした。

小さく作って大きくアピール!~プロトタイプのすゝめ~

サイボウズ株式会社 刈川陽平氏

サイボウズ株式会社 刈川陽平氏

発表者はサイボウズ株式会社の刈川陽平氏。プロトタイプ作成のメリットとして「早期にフィードバックを受けることで修正コストを低くできる」⁠作成しているプロダクトに価値があるのかを知ることができる」を挙げていました。良い意味で使い捨てができるようにするためあまり時間をかけないほうがよく,目安としては3日~2週間くらいで作ることができる規模にするのが良いとのことでした。

アクセシビリティはじめました

サイボウズ株式会社 杉山祐一氏

サイボウズ株式会社 杉山祐一氏

発表者はサイボウズ株式会社の杉山祐一氏。自社のプロダクトをアクセシビリティ対応しようとしたとき,最初はうまく進まなかったそうです。その理由として,以下の3つがあると分析していました。

  1. 時間が取れない
  2. メンバー間に温度差がある
  3. どこから手を付けてよいかわからない

1の対策として,2週間に一度アクセシビリティデーを設定して定期的に行うようにしたそうです。そのときは「少人数,事前準備必要なし」とし,できるだけ負荷にならないように工夫しました。

2の対策としては実際に障害を持つ方に操作していただき,自社のプロダクトを使うのに苦労していること,アクセシビリティが重要であることをメンバーに実感してもらったそうです。

3の対策としては,障害者の方と同じ状態にして使ってみて,使いにくいところから修正していく,という方法を取ったとのことです。

最初から完璧に行うのは難しいので,できるところから進めていくのがうまく回るようになった秘訣だそうです。

コメント

コメントの記入