レポート

「PyCon mini Kumamoto 2017」開催前レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

PyCon mini Kumamoto実行委員の清田です。2017年4月23日(日)に開催予定の「PyCon mini Kumamoto」の概要と見どころについてご紹介します。

熊本開催の経緯

地震のあった年(2016年)の夏,⁠Python Boot Camp in Kumamoto」を開催しました。その時の参加者でPythonで繋がる機会が熊本でも増やしたいという話でもりあがり,PyCon mini Kumamotoを企画しました。⁠PyCon mini Kumamoto」では,Kumamoto のPythonコミュニティの定着と広がりを目指しています。初回となる今回は,"未来"というテーマでイベントを開催したいと考えています。開催時期は熊本大地震のほぼ1年後であることと,熊本でのPythonコミュニティ活動としてはおそらく初めてであることから,未来を考える事が大切だと考えたためです。Pythonをキーワードに,未来を,参加者と共に感じたり考えたりできるイベントにできたら良いなと考えています。

「PyCon mini Kumamoto」ホームページ
URL:http://kumamoto.pycon.jp
参加申し込み
URL:https://pycon-mini-kumamoto.connpass.com/event/45063/

トークの見どころ

基調講演は,Google Cloud Platformチームの開発者Advocateのイアンさんです。開発者にGCPを快適に利用してもらうことが彼のミッションです。 Kubernetes,Storage,API,言語などを中心に扱っています。彼は,PythonとGoを愛用し,日本で最大のPythonカンファレンスであるPyCon JPの立ち上げを手伝ったりしました。今回,日本語で講演をしていただきます。

個人的に気になるトークは,jbking さんのPythonista関連です。iOSの開発をするのですが,プロトタイピングなどには使い勝手がよさそうです。また,どんな利用に向いているのかなど参考にできたらよいなと思っています。

また,寺田さんの「すぐ始められるPythonの環境構築」も初学者にはためになると思います。寺田さんは一度,Python Boot Camp in 熊本の時に講師で来られ,当時私も参加していたのですが,余談も含め面白い話や分かりやすい解説が印象的でした。

以下,順不同で以下のトークがあります。トークの割合は初級が60%とやや多めなので,興味のある方なら誰でも参加して良い内容だと思います。

  • まだ見ぬバグゼロという未来(新井 正貴)
  • kivyの利便性や有用性(齋藤 大輔)
  • PythonとBI基盤ではじめるPyData入門〜福岡ソフトバンクホークスを添えて(Shinichi Nakagawa)
  • DjangoのDB migrationがどういうしくみで動いているか(野中 哲)
  • すぐ始められる,Pythonの環境構築(寺田 学)
  • ボイスインターフェースの現状(仮)と,pythonを使ったフレームワーク(flask)でAmazon Echoがレスポンスを返すまで。⁠堀田 直孝)
  • 数理モデリングからはじめるPython数理最適化(初級~上級)⁠岩永 二郎)
  • Pythonistaの使いかた(jbking)
  • Python@AWS LambdaとDjangoを使ってアスキーアート自動生成Webアプリを作ってみた(矢野 高宏)
  • データ分析現場におけるPython活用事例の紹介(真嘉比 愛)

その他企画

今回のイベントでは,以下の企画を用意しています。

ランチディスカッション

ランチでは,お弁当を配布する予定です。お弁当を持ち寄って参加者と気になる共通のテーマに沿って話をできる場所を設けます。スピーカと話をしたり,他の参加者と交流する機会になります。是非,参加者と交流して楽しいランチ時間を過ごしてもらえたらと思います。

記念撮影

イベントの最後の時間に,参加者全員で撮影を行い,記録として紹介します。

クロージングLT

一人5分の持ち時間で,5人の方に好きなことを話してもらいます。入場受付の時に,LT参加の受付を行います。参加者全員に話を聞いてもらえるチャンスなので,是非トライしてみてください。

ジョブボード

当日,ホワイトボードを準備します。求人などのお知らせがあれば,こちらに掲示してください。

会場の紹介

熊本大学 工学部2号館

〒860-0862 熊本市中央区黒髪2-39-1

会場までのアクセス

実際の料金と異なる場合もありますのでご参考までに。

  • 熊本駅から 約26分,310円程度

    • 産交バス:楠団地,武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車
    • 都市バス:第一環状線 駅2 (大学病院・大江渡鹿経由)「子飼橋」下車徒歩10分
  • 交通センターから 約17分,230円程度

    • 産交バス:楠団地,武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車
    • 電鉄バス:楠団地,武蔵ヶ丘など (子飼橋経由)「熊本大学前」下車

著者プロフィール

清田史和(きよたふみかず)

PyCon JP 2016プログラム担当副座長。 株式会社ヴァズ所属。

2012年からPyCon JP実行委員として活動を開始。Pythonは,5年前に立ち上げたSnapDishというサービスでプロダクション利用。IT分野では,Startup業を生業としている。最近は,コーヒーを通じた国際貢献を視野に入れた分野や子どもの育ちを考えた保育教育実践にも積極的に関わり活動を行う。

他の所属は,学校法人北部学園幼保連携型認定こども園ほくぶ幼稚園理事長,株式会社ナチュラルコーヒー代表取締役社長など。

Twitter:@kiyotaman
Facebook:清田史和

コメント

コメントの記入