レポート

IoTを支える技術と人のパワーを感じた1日 ―「IoT Technology Conference powered by SORACOM if-up 2017」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

4月20日,⁠株)ソラコム主催のIoTに関する技術イベント「IoT Technology Conference if-up 2017」が開催されました。ここではその基調講演,およびユーザグループセッション模様をレポートします。

SORACOMのシステムを支えるしくみ

基調講演は,⁠株)ソラコム CTOの安川健太氏によるSORACOMのシステムを支えるしくみについてのセッションです。安川氏はセッションの冒頭,SORACOMのサービスについて「IoTシステムを構築する際にはさまざまな課題に直面するもの。そうした際にも,皆さんにはアプリに集中してもらいたいということでソラコムは事業を展開している」と紹介しました。

いろいろなサービスの構築を迅速に実現することができるSORACOMのサービス図1)⁠安川氏のセッションではその中心部分の中身はどうなっているのか,についての解説でした。

図1 SORACOMのサービス(今回取り上げるのは図中央下の「SORACOM」と書かれた雲の部分)

図1 SORACOMのサービス(今回取り上げるのは図中央下の「SORACOM」と書かれた雲の部分)

SORACOMプラットフォームはDipper,Polaris,Hubbleという3つの要素で構成されています図2)⁠Dipperは回線・セッション管理,認証,課金といった機能のマイクロサービス。それぞれがAPIで連携するという特徴をもちます。このアーキテクチャはローンチ以来,変わっていません。

図2 SORACOMプラットフォームの構成要素

図2 SORACOMプラットフォームの構成要素

SORACOMにおけるIoTスケールなプラットフォームを実現するためのコンポーネント設計のポイントとして,⁠⁠Horizontal ScalabilityとBuilt-in Resilience」⁠⁠Global前提の設計とLayeredアーキテクチャ」⁠⁠疎結合化と非同期化」⁠運用を考えた開発DevOpsと運用のための開発OpsDevの両輪」という4点を挙げることができます図3)⁠以下,この4点それぞれの説明がありました。

図3 IoTスケールなプラットフォームを実現するために

図3 IoTスケールなプラットフォームを実現するために

1.Horizontal ScalabilityとBuilt-in Resilience

負荷に応じてサーバ台数を増やすしくみがHorizontal Scalability,SPOF(Single Point of Failure)のない構成,障害箇所を自動で置き換えを実現するのがBuilt-in Resilienceです図4)⁠SORACOMのマイクロサービスはそれぞれをHorizontalにスケールさせることができます。

図4 Horizontal Scalability

図4 Horizontal Scalability

2.Global前提の設計とLayeredアーキテクチャ

SORACOMはグローバル展開が前提の設計になっています。これによって,2016年11月にUSでSORACOM SIMの発売を開始し,翌2017年2月にはSORACOM Air for LoRaWANを発表,さらに3月にはヨーロッパでSORACOMをローンチするなど,矢継ぎ早の展開が可能となりました。

またSORACOMのシステムはLayerdアーキテクチャで構成されており,インタフェース,アプリケーションインテグレーション,ネットワーク,データコミュニケーション等のLayerから成ります図5)⁠これにより,たとえばSORACOM Airは日本ではセルラーネットワークから始めましたが,グローバル展開に際しては海外キャリアに差し替えることができます。あるいはセルラーでなくLoRaWANに差し替えることも可能。技術的なカバレッジの確保が可能になっている点が特徴的です。

図5 Layerdアーキテクチャ

図5 Layerdアーキテクチャ

3.疎結合化と非同期化

SORACOM FunnelはAmazon S3に投げ込むためのクラウドリソースアダプタで,認証情報とリソース指定だけでクラウド連携を実現します。これはバックでサービスアダプタとしてAWS Lambdaが働いており,Lambdaで実装されたアダプタを追加することができるようになっています図6)⁠

図6 疎結合化と非同期化の例

図6 疎結合化と非同期化の例

4.運用を考えた開発DevOpsと運用のための開発OpsDevの両輪

最後のポイントは「運用を考えた開発DevOpsと運用のための開発OpsDevの両輪」⁠SORACOMの開発と運用の基本原則では,各コンポーネントにはPrimary Ownerを設定し,Primary OwnerはOwnershipをもって,開発・メンテナンス・運用に携わっています。これによってソラコムの開発社は全員DevOpsを実践していることになります。

一方,DevOpsの現場ではありがちなストーリーとして,開発者がどんどん攻める一方で,運用の守りが手薄になるといったことが起きやすいと言えます。SORACOMでは「OpsDevエンジニア」を導入し,運用中心のエンジニアが運用作業省力化のための開発を行っています。具体的には監視・復旧や繰り返し作業の自動化などに携ります。これによって実現されているのがHubbleにおける監視・デプロイのしくみです。OpsDevエンジニアは,たとえばインスタンスがなぜ落ちたのかを調べて,想定していない落ち方をしていたなら,それが起きないようにするためにツールの拡張をするといった仕事をしています。

グローバルにさまざまなサービスを展開しているソラコムのサービスが矢継ぎ早に提供され,さらに多様なサービスを安定的に提供できるソラコムの強みが感じられるセッションでした。

コメント

コメントの記入