レポート

真の差別化を生むための決め手とは? 「AWS Summit Tokyo 2017」基調講演3日目レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

5月30日(火)~6月2日(金)の4日間,東京,グランドプリンスホテル新高輪にて,Amazon Web Services(AWS)の年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」が開催されました。3日目のキーノートには米Amazon.comのCTO,Werner Vogels氏をホストにさまざまなゲストスピーカーが登壇し,昨年のワールドイベント「re:Invent 2016」で発表されたAWSの最新サービスがいま日本でどのように利用されているのかを中心に,クラウドコンピューティングの最先端事例がわかりやすく紹介されました。

キーノート会場となった「グランドプリンスホテル新高輪 飛天」⁠2,000人以上収容可能な大宴会場が講演前にはぎっしり。

キーノート会場となった「グランドプリンスホテル新高輪 飛天」,2,000人以上収容可能な大宴会場が講演前にはぎっしり。

冒頭,⁠このAWS Summitは『教育のイベント』だと考えてください」と切り出したWerner氏。最初はインフラだけのサービスから始まったAWSが,いまやコンピューティングのあらゆるシーンを網羅し,さらに当初からは想像しえなかった領域に到達しようとしています。⁠その現状を我々(AWS)側からだけではなく,参加している皆さんお互いに情報交換することで理解して欲しい」とイベントの趣旨を紹介しました。

AWSの現状を紹介するWerner Vogels氏

AWSの現状を紹介するWerner Vogels氏

世界,そして日本におけるAWSの顧客やパートナー,ビジネスの拡大状況に触れ,⁠AWSがクラウドのリーダーと呼ばれる条件」を上げました。その1つとして「世界中のいたるところにリージョンをもち,ユーザの近いところからアクセス可能かつワールドワイドで使える点」を強調します。これを大きく活用しているベンダとして,IoTに特化したMVNO事業を展開するソラコムが紹介されました。

「小さなチームで素早いイノベーションを起こす」クラウドの力

Werner氏の紹介を受けソラコム CTOの安川 健太氏が登壇しました。安川氏は「クラウドに関して薫陶を受けたWernerのキーノートに呼ばれて嬉しい」と挨拶し,同社とAWSのつながりについて紹介を始めました。

最初のゲストスピーカーとなった安川氏。キーノート後「最高の舞台に立てた」と嬉しそうでした。

最初のゲストスピーカーとなった安川氏。キーノート後「最高の舞台に立てた」と嬉しそうでした。

ソラコムのIoT基盤はすべて,⁠これまでクラウド上で作り上げられてきたインテリジェンスとつながることで価値を出してきた」と語る安川氏は,同社が構築した新時代のIoT基盤として,デバイスがインターネットを介してクラウドとつながるのではなく,デバイスから直接クラウドに接続して,その恩恵をフルに活用できるのが強みと説明します。こうした基盤によって同社は2015年秋の立ち上げから短期間のうちに,グローバルな顧客を多数獲得できました。なぜこれほど短期間に成長できたのか? それは「AWS上にAWSのベストプラクティスを適用しているから」と断言します。AWS出身者が多く,AWSを知り抜いたスタッフによるベンチャーならではの言葉ですね。

小さなスタートアップが急成長できた秘密

小さなスタートアップが急成長できた秘密

再び登壇したWerner氏は,いまAWSで実現できるさまざまな機能や技術は「スーパーパワー」であると語ります。⁠もはや⁠ITを活用しているだけ⁠では競合との差別化にまったくつながらない」⁠Werner氏)⁠

CPU,メモリといったマシンパワーの発展を例に挙げ,昨年末発表したAmazon EC2の高性能インスタンスを紹介

CPU,メモリといったマシンパワーの発展を例に挙げ,昨年末発表したAmazon EC2の高性能インスタンスを紹介

クラウドを使うことで,最新のハードウェア,I/Oアーキテクチャ,ネットワーク環境がすぐに最適化できてしまいます。またクラウド上でFPGAを使ってカスタムロジックを実行できる「F1インスタンス」等,いままでクラウドでは実現できかなったことが次々と可能になっています。これらを使ってサービスの可能性も膨らみます。Werner氏は顧客から「あなたたちは僕らを⁠ジェームズ・ボンド⁠にしてくれたね」と言われたそうです。⁠これこそが絶対的な差別化,AWSは成長し続けるサービスにとって,007シリーズの⁠Q⁠のような存在なのです」⁠Werner氏)⁠

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入