レポート

パフォーマンスではAuroraに軍配!? SRA OSS石井達夫氏がPostgreSQL版Auroraを徹底検証

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2016年11月,米ラスベガスで開催されたAmazon Web Services(AWS)の年次カンファレンス「AWS re:Invent 2016」の初日,Amazonのアンディ・ジャシーCEOから発表されたいくつものアップデートの中でもとりわけ開発者を熱狂させた発表が,"Amazon Aurora PostgreSQL with Compatibility" ―AWSが誇るクラウドネイティブなデータベースエンジン「Amazon Aurora」にPostgreSQL互換バージョンがプレビューで提供されるというニュースでした。

「AWS reInvent 2016」でプレビュー版として発表されたPostgreSQL互換のAurora。AWSはユーザの要望にもとづいて機能拡張を行うが,PostgreSQLへの強いニーズがあったことがうかがえる。

「AWS reInvent 2016」でプレビュー版として発表されたPostgreSQL互換のAurora。AWSはユーザの要望にもとづいて機能拡張を行うが,PostgreSQLへの強いニーズがあったことがうかがえる。

2014年のre:Inventで発表されて以来,Auroraのスケーラビリティとパフォーマンスを評価するユーザは後を絶たず,数あるAWSのサービスの中でももっとも成長スピードが速いサービスとして知られています。そのAuroraに従来のMySQL互換バージョンに加え,プレビューとはいえPostgreSQLバージョンが追加されたことでAuroraの裾野はますます拡がりを見せています。

この"PostgreSQL版Aurora"に,アナウンス直後から強い関心を寄せてきたのがSRA OSS, Inc. 日本支社 取締役支社長 石井達夫氏です。現役のPostgreSQLコミッタであり,国内のPostgreSQLコミュニティに草創期からかかわってきた,文字通り日本を代表するPostgreSQLエキスパートの石井ですが,既存のRDBとはまったく異なる設計思想であるAuroraエンジンを実装したPostgreSQLにどんなインパクトを受けたのでしょうか。本稿では7月5日に東京・大崎で開催された「AWS Solution Days 2017 ~ AWS DB Day ~」のキーノートで石井氏が発表した「Amazon Aurora for PostgreSQL Compatibilityを評価して」のプレゼン内容から,クラウドデータベースの新たな可能性を拓こうとしているPostgreSQL版Auroraのパワーに迫ってみたいと思います。

「AWS Solution Days 2017」の壇上に立つSRA OSS, Inc.日本支社 石井達夫氏

「AWS Solution Days 2017」の壇上に立つSRA OSS, Inc.日本支社 石井達夫氏

PostgreSQL版Auroraとは何か?

もともとPostgreSQLはクラウドやAuroraが普及するかなり前から商用データベース,とくにOracle Databaseからの移行先としてつねに注目されてきたシステムです。⁠もっともOracleから移行しやすいOSSデータベースとしての評価が根付いている」という石井氏の言葉通り,OracleからPostgreSQLへの移行事例は国内外でも枚挙に暇がありません。その理由として,石井氏は以下の3点を挙げています。

  • (OracleとPostgreSQLが)機能的に似ている
  • 複雑なクエリやジョインも問題なく実行できる
  • 信頼性が高い

とくにPostgreSQLは同じオープンソースのデータベースであるMySQLと比較しても機能が豊富である点が高く評価されている点は周知のとおりです。この秋にはロジカルレプリケーションやネイティブパーティショニングを実装したメジャーアップデート「PostgreSQL 10.0」のリリースが予定されており,ユーザの間でも期待が高まっています。

一方,従来のRDBとは異なり,分散処理とスケールアウト,そして障害時の自動復旧に徹底的にフォーカスしたAmazon Auroraは,クラウドネイティブなアプリケーションが世に増えるにともない,劇的なスピードでそのユーザ数を伸ばしています。現在プレビュー版として公開されているPostgreSQL版AuroraではPostgreSQL 9.6をベースにしており,クラウドに最適化されたAmazon Auroraストレージを利用することが可能です。PostgreSQLと100%互換ではあるものの,パフォーマンス,可用性,堅牢性,リードレプリカといった部分でオリジナルのPostgreSQLを大きく凌ぐとされています。

石井氏はオリジナルのPostgreSQLとPostgreSQL版Auroraを比較して「Auroraはデータベースエンジン部分はまったくPostgreSQLからいじっていない。だがリードレプリカを独自実装しており,PostgreSQLのストリーミングレプリケーションは使っていないと聞いている」と説明しています。

PostgreSQLとAuroraの比較

PostgreSQLとAuroraの比較

石井氏がPostgreSQL版Auroraが登場した際,もっとも注目したのは「Write性能がオリジナルのPostgreSQLに比べて飛躍的に向上している」という部分だったそうです。その理由として石井氏は「Read性能を向上させる技術(スケールアウト,パラレルクエリなど)はすでに存在している。だがWrite性能の向上は難しい。なぜならアプリケーションレベルのシャーディングでWrite性能の向上は可能だが,アプリケーションの変更が必要になってしまう。これまでWrite性能の向上に関しては多くの試みがなされてきたが,まだ決定的なものはない状態」と説明しています。

しかしPostgreSQL版Auroraを試したユーザから「Auroraに乗り換えるだけでWrite性能が向上する」という声が徐々に聞こえてくるようになりました。PostgreSQLの第一人者である石井氏が「そんなうまい話が本当にあるなら,これはぜひ検証してみなければ!」と思い立ったのも当然でしょう。さっそくSRA OSS Inc.としても検証作業に乗り出すこととなりました。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入