レポート

京都産業大学 情報理工学部 開設記念シンポジウム「情報セキュリティコースが目指すもの」開催~これからの情報セキュリティ・コンピュータサイエンス教育

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

京都産業大学(以下,京産大)は来年4月から予定している情報理工学部の開設に合わせて,情報セキュリティ教育をテーマにしたシンポジウムを,6月23日に京都キャンパスプラザで開催しました。

ここ最近,個人情報の漏えいやランサムウェアの猛威,企業のシステム障害などがニュースでもしばしば取り上げられるようになり,情報セキュリティに精通した人材育成の必要性が社会的にも高まりつつあります。本シンポジウムでは,主に制御システムのセキュリティ対策について,実際の現場で関わってきたファットウェア取締役社長で情報理工学部のセキュリティ関連科目を担当する小林和真氏と,業界の第一人者である立命館大学情報理工学部の上原哲太郎教授を招き,それぞれの情報セキュリティ教育への取り組みについての紹介と,今後の人材育成に関するパネルディスカッションが行われました。

時代の変化にあわせて柔軟な選択ができるよう学部全体をリブート

セキュリティを取り巻く状況は常に変化しており,人材育成を担う大学では変化に対応する動きが始まっています。京産大が新設する情報理工学部では,コンピュータ理工学部という名前で3つに分かれていた学科を1つにまとめ,全10コースある特定分野をテーマにしたコースの中から,学生がフレキシブルにカリキュラムを習得できるようにすることで,複数の方向性に対応できる多様性のある人材育成を目指します。

画像

定員は1学年160名で,1講師あたり学生は6名までという少人数制で国立に近い教育体制を整え,いずれか1つのコース要件科目を修得直すれば卒業でき,それ以外の組み合わせは自在というのが特徴です。情報セキュリティコースについては,担当する秋山豊和准教授の説明によると,コンピュータサイエンスの基礎教育とセキュリティ教育を密接に連携させ,高度な応用ができる人材の育成を目指すとしています。

画像

制御システムにおけるセキュリティについて

次に,一般にはあまり知られていない制御システム分野において,どのような仕事があり,どのようなスキルが求められているのかについて,ファットウェアの小林氏から解説が行われました。

倉敷芸術科学大学で14年教授を務めるのと並行して,インターネット総合研究所やマクニカなど多数の企業の技術顧問を歴任してきた小林氏は.産業分野で利用される技術に関して組合員が共同研究を行うNPO組織である技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)で3年間ボランティア勤務をするなど,業界の中でもかなり幅広い現場経験を持つ人物でもあります。実際にある商業ビルの制御システムに潜むセキュリティホールを見つけ出すといった実務経験も豊富で,現場の最前線にいる立場から,現在のセキュリティに対応できる人材育成の必要性を実感していると言います。

画像

「制御システムのセキュリティで難しいのは,建築前に想定した対応策が工事を終えたころには古くなっていること。商業ビルの場合,全システムを落とせるのは年末から年始にかけたわずかな休業時間しかないのでリプレイスも難しく,プロトコルに脆弱性が見つかった場合100%の対応は無理で,運用で対応するしかないのが現状です。表向きにはシステムが止まっていないように見せつつ裏側で対処しなければならないので,技術に加えて現場での対応力,発想力,創造性が必須となり,それらが情報セキュリティ担当者に求められる素質だと考えています」

生活に直結する制御インフラを守る人材をどう育てるか

いまや生活や社会インフラのほとんどに電子機器やネットワークが使われており,サーバやパソコンだけでなく,クローズなので大丈夫だと思われていたPLC(シーケンス制御)やDCS(分散制御システム)などのコントローラもセキュリティ対策が必要になっていると小林氏は指摘します。⁠制御システムでセキュリティ対策が難しい理由の1つに,機器の運用期間が約20年と長いことがあります。20年間使い続けられるファイアウォールは存在しないので入れ替えるしかないのですが,運用の前後を理解していないと導入後に止まってしまうので,システムが構築された経緯を知る必要があります」⁠

画像

また,セキュリティ人材の育成については大学だけでなく,IPAがINCS-CoE(InterNational Cyber Security Center of Excellence)を今年4月に開所し,トレーニングをはじめる動きもあります。小林氏が顧問を務めるCSSCでは,6つの模擬プラント室を設置して限りなく本物に近い環境と同じプロトコルを用いて教育できる世界初となる「サイバーセキュリティテストベッド CSS-Base6」という施設を設置しています。そこでは,装置単体では対応が難しい制御システムのセキュリティについて,多重防御と多層防御の組み合わせで防御機能を高める方法を学べるようにしているそうです。

画像

著者プロフィール

野々下裕子(ののしたゆうこ)

フリーランスジャーナリスト。大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか,本の企画編集や執筆なども手掛ける。掲載媒体は「@DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」などのほか,著書に『ロンドンオリンピックでソーシャルメディアはどう使われたのか』などがある。

Twitter:@younos

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入