レポート

災害救助に求められる総合技術を競う「レスキューロボットコンテスト」が神戸で開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

救急時に役立つロボット開発,そして,人材育成を目指して

被災地で人命を救うレスキューロボットの技術開発と人材育成,そして災害救助のあり方を啓発することを目的とした「第17回 レスキューロボットコンテスト」が,8月11,12日に神戸サンボーホール(兵庫)で開催されました。

第17回 レスキューロボットコンテスト(レスコン)
https://www.rescue-robot-contest.org/17th-contest/

画像

今回で17回目を迎える⁠レスコン⁠は,阪神淡路大震災をきっかけに1999年に提案され,2001年から毎年開催されています。特徴は,単なるロボットの開発技術だけでなく,実際の災害救助現場を想定した課題解決を目的としていること。競技は,国際レスキュー工学研究所内に設置された,大地震で倒壊した市街地を6分の1スケールで模擬した実験フィールド(約9m X 9m)という想定で行われ,ガレキの中に倒れている,被災者のダミー人形ことダミヤンを時間内に救助,搬送する技術やチームワークを競います。

画像 画像

競技は2チーム同時に行われ,ロボットの構成や救助方法を説明するプレゼンテーション,作戦会議,レスキュー活動という流れで,平地と高台に置かれたダミヤンを時間内に救助,搬送するミッションポイントを競います。テレビでも放送されているロボコンとは違い,レスコンは基本的に毎年同じルールで,入場ゲート(高さ450ミリ×幅1,200ミリ)を通過できる潜れるサイズであれば,使用するロボットの数や種類に制限はありません。

画像

ただし,チーム人数は最大15名,うちミッションを行うメンバーは8名まで。現実の被災地と同様に,現場が直接見えない場所からリモートコントロールするため,フィールド内の状況は,天井に取り付けられたヘリテレカメラ,もしくはロボットに搭載したカメラの映像や様々なセンサ類から把握しなければならず,そうした状況に対応できるロボットの開発が求められます。

画像

災害救助に対する「やさしさ」がコアコンセプト

本レスコンの大きな特徴は,ただ単に救助活動の技術を競うのではなく,救助作業に「やさしさ」を求めていることです。ダミヤンには圧力や振動を感知するセンサが内蔵されており,強く掴んだり振動を与えるとダメージを受けます。目の色や音の周波数,鳴動パターン,QRコードによって状態を把握し,的確に対応しながら救助できるかがフィジカルポイントとして審査されます。

画像

救助活動は,相手チームとも助け合いながら行う必要があり,そのためにチーム間で使えるチャットや通信が用意されています。また,災害情報をサイネージで表示したり,避難ルートの確保するといった,ミッションポイントには直接関係ない救助活動への配慮も,審査評価の対象になっています。

画像

このようにコンテストのルールはかなり複雑で高度な技術が求められますが,年々参加者のレベルは上がっており,今年は制限時間内に救助活動を終了するチームが続出。そこで決勝では,フィールド内の上半分をヘリテレカメラから見えなくしたり,ガレキやダミヤンの配置を難しくしましたが,それでも半分が目標をクリアし,中には4分近く時間を残しているチームもありました。

著者プロフィール

野々下裕子(ののしたゆうこ)

フリーランスジャーナリスト。大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか,本の企画編集や執筆なども手掛ける。掲載媒体は「@DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」などのほか,著書に『ロンドンオリンピックでソーシャルメディアはどう使われたのか』などがある。

Twitter:@younos

バックナンバー

2017年

  • 災害救助に求められる総合技術を競う「レスキューロボットコンテスト」が神戸で開催

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入