レポート

「NEXT」に向かって~メルカリを支える技術を大公開――Mercari Tech Conf 2017開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

2017年9月30日,ベルサール六本木(東京)にて,シェアリングエコノミービジネスを展開するメルカリの技術カンファレンス「Mercari Tech Conf 2017」が開催されました。ここではその模様をお届けします。

第1回目のテーマは「NEXT」

Mercari Tech Conf 2017は,その名のとおり,フリマアプリ・サービス「Mercari(メルカリ)⁠を支えるさまざまな技術にフォーカスを当て,メルカリが実現してきたこと,これから実現する未来について,専門的な内容で発表するカンファレンスです。

第1回目となる今回のテーマは「NEXT」⁠4年間の成長の軌跡,3つのリージョンでの開発,そして,この先に何を見て,どこに向かっていくのか,それを探る1日となりました。

3人の技術キーマンによるリレー形式の基調講演

基調講演は,これまでのメルカリを同社の成長とともに支えてきた3人のキーマンが登壇し,リレー形式で発表を行いました。

メルカリの礎を築い事業コンセプト

トップバッターを務めたのは,株式会社ソウゾウのHead of Engineeringである鶴岡達也氏。ソウゾウの開発チームのマネジメントを担当しています。鶴岡氏のパートでは,メルカリ設立~成長まで,初期のメルカリについて,どのように開発・運用を行い,事業拡大をしてきたかについて説明が行われました。

株式会社ソウゾウ,Head of Engineeringである鶴岡達也氏

株式会社ソウゾウ,Head of Engineeringである鶴岡達也氏

⁠今でこそこの4年間で最も成長したIT企業として認知された」⁠鶴岡氏)と前置きをしたうえで,⁠設立時は取り壊し予定のシェアオフィスで経営者である山田進太郎氏をはじめ従業員が同じテーブルで業務・開発をする,いわゆるよくあるスタートアップ企業の1つでもあありました」と当時の社内風景写真とともに,思い出を語りました。

メルカリ創業当時の写真

メルカリ創業当時の写真

よくあるスタートアップ企業がここまで成長できた要因として挙げたのが,⁠メルカリの事業コンセプト」です。

1つは「優れた出品体験」⁠もう1つは「競合よりも早いリリース」です。メルカリが誕生した当時,すでに日本国内にはいくつかのフリマアプリが存在し,立場としては後発だったメルカリが意識したのが,ユーザ体験,そして,後発の強みとして顕在化した課題をあらかじめ解決しながら早くリリースするという意識だったそう。

たとえば,インフラに関しては,リリース当時はスケールよりも開発とメンテナンス性を重視した結果,ハイエンドなサーバに集約する設計方針を採用していたとのこと。これは,サーバは3ヵ月持てば良いという割り切りから決められたもので,それ以上(のサービス規模)になった場合は,新しくサーバを準備するようにしていたのです。

その他,開発言語にPHPを採用した理由として,⁠初期のメルカリエンジニアの経験値が最も高い言語だった」⁠エンジニア同士の横のつながりが強かった」など,メルカリのエンジニアチームならではの特徴を最大限に活かすためであることを挙げました。

また,⁠当初は(開発が複雑な)検索機能を実装しなかった(リリーススピードを優先)⁠といった点や「商品画像の最適化(当時の3G回線でより良い出品体験を提供する)⁠など,事業コンセプトに沿った開発が進められていたことが公開されました。

ほかにも,当時,開発者の間ではアプリのHTML5化が注目される中,ユーザのレスポンススピードを上げるために,タイムライン部分をあえてネイティブアプリ化で開発することを選ぶなど,技術先行だけではない,今のメルカリの礎を築いたことを伺えるエピソードやテレビCMを放映した際の準備と対応に関する苦労話なども紹介されました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入