レポート

「Ruby biz Grand prix 2017」各賞受賞者が決定! グランプリは2社が受賞

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2017年12月14日,帝国ホテル(東京都千代田区)にて「Ruby biz Grand prix 2017」の表彰式が行われました。

Ruby biz Grand prixは,プログラミング言語Rubyを活用したサービス・商品でビズネスにおいてイノベーションを起こした事例を表彰するグランプリです。審査員長にはまつもとゆきひろ氏を迎え,表彰状には島根県の重要無形文化財「石州和紙」が使われるなど,島根県づくしの大賞となっています。審査委員は以下の方々です(敬称略)⁠

審査委員長

Rubyアソシエーション 理事長
まつもとゆきひろ

審査委員

株式会社オープンソース活用研究所 代表取締役所長
寺田 雄一

Ruby アソシエーション 評議員 楽天株式会社 執行役員
森 正弥

日経 BP社 情報技術メディア発行人補佐
中村 建助

日本郵政株式会社 執行役
正村 勉

Ruby アソシエーション 理事 クックパッド株式会社
笹田 耕一

開催は今年で3回目となりますが,過去のグランプリ受賞事例は次のとおりでした。

2016年

Misoca:株式会社Misoca
ハコベル:ラクスル株式会社

2015年

Treasure Data Service / Fluentd / embulk:トレジャーデータ株式会社
ユビレジ/フリックオーダー:株式会社ユビレジ

2016年のグランプリ受賞者による講演

受賞者発表に先立って,Ruby biz Grand prix 2016のグランプリ受賞者,⁠株)MISOCA 取締役の松本哲氏のプレゼンテーションが行われました。

松本哲氏

松本哲氏

松本氏によると,グランプリの受賞はMisocaの知名度向上に寄与したほか,エンジニア採用に関する対外的なメッセージになったと言います。実際,受賞後の1年で多くの求職者に恵まれたそう。また獲得した賞金は,開発合宿の費用に使ったとのことでした。

受賞事例発表,表彰式へ

国内からノミネートされた29事例から,グランプリ,特別賞,FinTech賞,ソーシャルイノベーション賞が発表されました。受賞企業の代表者によるプレゼンテーションも同時に行われました。

ソーシャルイノベーション賞

社会的意義の高い問題解決への取り組みを評価された4事例が受賞しました。

いこーよ:アクトインディ株式会社

アクトインディ⁠株⁠ 代表取締役 下元敬道氏

アクトインディ(株) 代表取締役 下元敬道氏

いこーよは,親子でお出かけできる遊び場,ファミリー向けイベントなどの情報が集まるポータルサイトです。下元敬道氏によると,⁠Rubyで0から作ったサービスだが,先人が作ったgem(ライブラリ)と,Rubyが可能にするスピーディな開発によって,現在は月間500万人の親子が利用するサービスにまで成長させることができた」とのこと。

全国タクシー:JapanTaxi株式会社

JapanTaxi⁠株⁠取締役 CTO 岩田和宏氏

JapanTaxi(株)取締役 CTO 岩田和宏氏

全国タクシーは,全国4万超のタクシーに対応したタクシーの料金検索・配車・予約アプリ。現在は400万DLを突破しています。アプリのバックエンドにはもともとVisual Studio 2012を使用していたそうですが,さまざまな技術的負債を抱えており,これを10ヵ月かけてRuby on Railsに移行したそうです。

SmartHR:株式会社SmartHR

⁠株⁠SmartHR 副社長 兼 CPO 内藤研介氏

(株)SmartHR 副社長 兼 CPO 内藤研介氏

SmartHRは社会保険・雇用保険の手続き自動化を目指す企業向けの人事労務ソフトです。複雑な保険の仕様に追従できているのは,Rubyの持つ柔軟性のおかげだと強調されました。株式会社SmartHRはgemの公開や技術イベントへの出展にも力を入れているそうです。

Job-Hub:株式会社パソナテック

⁠株⁠パソナテック Job-Hub事業部 マネージャー 鈴木真志氏

(株)パソナテック Job-Hub事業部 マネージャー 鈴木真志氏

Job-Hubはクラウドソーシング,アウトソーシングなどのサービスからなる,働き方改革のためのプラットフォーム。鈴木真志氏は,これからもRubyのパフォーマンスを最大限活かしてサービスの開発を続けると意気込みが語られました。

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入