レポート

さまざまな工夫をこらした施策の展開で,システム設計・開発におけるモデリングツール,MBSEの価値最大化を目指す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ソフトウェア開発をめぐる品質やコスト,納期にかかわる要求がますます高まっている状況の中,そうした要求に応えるための効果的なアプローチとして脚光を浴びているのがUML/SysMLモデリングをベースとした設計・開発の実践である。

去る2018年3月2日,東京国際フォーラムにおいて,UML/SysMLモデリングツール「Enterprise Architect」の提供元として知られるスパークスシステムズ ジャパン主催による「Enterprise Architect 事例紹介セミナー」が実施された。事前予約で満席となり,キャンセル待ちも出る中,会場に集まった100名を超える参加者の期待のほどが伺える。

画像

ここでは,2017年に続き第2回目の開催となる同イベントで実施された各セッションの模様をレポートしたい。

モデルによる表現に拘泥しないこともMBSEの実践においては時として重要

この日最初のセッションには,SUBARUの古賀祐一郎氏が登壇。同社が4年ほど前から進めてきた,自動車のボディ系と呼ばれる電子制御領域におけるMBSE(Model Based System Engineering)の実践についての紹介を行った。

株式会社SUBARU 第1技術本部 電子プラットフォーム設計部 電子プラットフォーム設計第2課 古賀祐一郎氏

株式会社SUBARU 第1技術本部 電子プラットフォーム設計部 電子プラットフォーム設計第2課 古賀祐一郎氏

今日の自動車産業において,さらなる安全性,電動化の追求が進む中で,自動車に搭載される自動制御システムはますます複雑化する傾向にある。⁠そうした電子制御をめぐる要求がますます高度化,複雑化するのに伴い,その設計・開発においても,システムズエンジニアリング的なアプローチにより,複数のECUの連携を見据えた設計の検討が求められる一方,利便性といった指標化しにくい価値を比較的自由度の高い構造により実現していくには,ユーザーの要求を広範な視野で分析し,それに合致した機能を提供していくことが不可欠です。それが,我々がMBSEを実践していこうと考えた動機です」と古賀氏は説明する。

とはいえ,いざMBSEを実践していくとはいっても,実際にどうやって進めていいのかわからない状況だったという。そこで同社では,モデリングツールの活用が効果的なガイダンスになり得るものと考え,検討の結果,Enterprise Architectを選定したという。⁠Enterprise Architectの採用については,社内の他部署で導入実績があり,マネジメント層を説得しやすかったことに加え,コストも含めて新たな取り組みを進めていくうえでのハードルが非常に低かったことが,その理由としてあげられます」と古賀氏は言う。

その後,SUBARUではトライアルとして,コンサルティング会社の支援を受けるかたちでMBSEの実践に着手。自動車のトランクリッドの開閉にかかわる制御をテーマとする仮想プロジェクトを立ち上げ,SysMLのダイアグラムの利用をベースに取り組みを進めた。その大まかな流れとしては,まずステークホルダ要求分析を行ってユースケース図,要求図を作成。洗い出された要求を充足するための機能をステートマシン図で記述し,アクティビティ図でデータのやり取りを含めた処理内容を明らかした。さらに,アクティビティ図で表現した処理を,ブロック定義図に置き換えて処理の一覧を作成し,処理を内部ブロック図で記述して,論理的な構造化を実施。同様に物理的な部品の構造についても,ブロック図と内部ブロック図で表現して構造化を行い,どの論理要素を物理要素に割り当てるかといった関連づけを実施して,評価を行った。

こうしたトライアルを進める中で,SUBARUではMBSEを実践するうえでの工夫にかかわる,いくつかの気づきを得たという。⁠たとえば,すべてをSysMLのダイアグラムを用いてモデルで表現することにこだわらないということ。一連のプロセスの中で,一旦,Enterprise Architectの外に出て,ExcelやWordなどで自分たちがわかりやすいかたちで記述するといったことも行いながら,またEnterprise Architectの世界に戻っていくというアプローチなども効果的であると感じました」と古賀氏はそうした工夫の1つを紹介する。

特に要求分析のフェーズについては,ExcelやWordなどのドキュメントとして文章での記述を行ったのち,それをEnterprise Architectのモデルに落とし込んで,分析を行うという方法が主体になっているという。また振る舞いの記述には,シーケンス図をExcelで作成した同社独自のタイミングチャートなども,随時併用しているという。

「MBSEの実践は,単にツールを導入すれば何とかなるというわけではなく,導入後,当面は様々な工夫を凝らしながらの実践を継続し,自分たちにとって最適なアプローチの確立につなげていくことが肝要であると考えます」と古賀氏は語った。

コメント

コメントの記入