レポート

「OSSライセンスMeetup Vol.1:OSSライセンスの教科書」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2019年1月9日(水)に開催されたOSSライセンスMeetup Vol.1:OSSライセンスの教科書の参加レポートを,一般参加者の視点からお届けします。少しでもミートアップの雰囲気や魅力をお伝えできればと思います。

OSSライセンスMeetupとは

その名のとおりOSS(Open Source Software)のライセンスに関するテーマを扱うミートアップです。イベントの概要には次のように書かれています。

ソフトウェア開発者をはじめとするソフトウェア技術と何らかの関わりがある方々に向けて,⁠こんなことをおさえているとOSSをより積極的に使えるはず!」という話が聞ける貴重な機会

「OSSライセンス」についての啓蒙や参加者間での知見の共有を,エンジニアだけに限定せず,さまざまな人に向けたミートアップであると言えるでしょう。

前半はOSSライセンスの教科書の著者である上田理さんを迎え,刊行に至った理由,本書に込めた思い,本書でのポイントなどを聞き,後半はテクニカルライター可知豊さんと共に,上田さんと本書およびOSSライセンスについてのディスカッションとなりました。

Meetupの雰囲気

当日は風が強くてとても寒かったにもかかわらず,80人以上の参加者が詰めかけて会場は熱気にあふれていました(写真1)⁠ライセンスの話でこれだけの人が集まるのも凄いですし,集まっている人たちもよく見るとそうそうたる顔ぶれがいて,とても興味深いMeetupでした。

写真1 会場はサイオス株式会社さんの9Fラウンジ

写真1 会場はサイオス株式会社さんの9Fラウンジ

セッション:『OSSライセンスの教科書』…なぜこのような本を書いたのか

上田理さんによる,なぜ『OSSライセンスの教科書』という本を書いたのか,についての背景とそこに込めた想いをお話いただきました※1)⁠

2000年代に入って,組み込み機器にもOSなどが必要になるという機運が勤務先で高まり,何を採用するかの検討が始まりました。自社でOSを開発するか? それとも他社から既製のOSを買ってくるのか? などを検討した結果,最終的に組み込みLinuxを採用することになったそうです。

2003年頃,組み込みLinuxを利用するにあたって

  • 本当にLinuxが組み込み機器で使えるの?
  • Linuxコミュニティという得体の知れない人たちとうまくやっていけるのだろうか
  • 自分の会社だけがLinuxで,他はみんな別の選択をしてしまい孤立してしまうのでは?
  • Linuxに使われているGPLっていうライセンスはどう対応すればよいの?

など,たくさんあった悩みの多くはCE Linux Forum(CELF)という国際団体を作って企業や地域の壁を越えた連携基盤を作り,活動を展開して解決していきました。

※1)
当日の発表資料は,上田さんご自身がSlideShareで公開されております。

ライセンスの無理解から起こること

そして現在,組み込みLinuxをはじめとするOSSは幅広く使われるようになっており,自分が使っていなくても委託先から納入されたり,ベンダから提供されるSDKに含まれていたりするなど,自分の所属している会社の中だけでOSSの適切な扱いについて理解していれば良い時代ではなくなりました。

その一方で,ライセンスについての無理解から,次のような信じられない事案も見聞きすることがあります。

  • 組み込み機器だけど「バイナリが入っているだけだからソースコードの開示は不要だ」という対応を受けた
  • GPL関係のコピーライトの文言をソースコードから消して「対処した」という報告を受けた

しかし,このような問題を法務・知財スタッフに相談しても,一般的なライセンスアグリーメントと体裁が違ううえに技術用語(たとえば「オブジェクトコード」⁠ライブラリ」⁠リンク」⁠インターフェイス定義ファイル」など)も出てくるために嫌がられるという話や,職場の上司に相談しても理解されない…という声も聞かれるようになっています。

なんで未だにこんな状況なのか? そこをなんとかしたい! そういう想いから,OSSライセンスについて正しく理解をしてもらいたい,というのがこの本を執筆された理由だそうです。

著者プロフィール

Kunihisa Abukawa

今は無所属のソフトエンジニア。さまざまな勉強会の情報発信を通じて,今とは違う世界もあるということをすべてのエンジニアに届けたいと活動中。

Twitter:@kabukawa

バックナンバー

2019年

  • 「OSSライセンスMeetup Vol.1:OSSライセンスの教科書」参加レポート

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入