レポート

Sansan Innovation Project 2019開催――イノベーションのインパクトとその先にある未来を展望した2日間

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

2019年3月14,15日の2日間,Sansan株式会社主催のビジネスカンファレンス「Sansan Innovation Project 2019(SIP2019)⁠がザ・プリンス パークタワー東京にて開催された。

同イベントは今回で4回目となる,最先端のテクノロジーや画期的なソリューションなど,これからの時代を動かすイノベーションを紹介し,組織の健全かつ適切な進化へ導くことを目的としたカンファレンス。

多様なスピーカーによるキーノートを始めとしたセッションや,多くの企業・組織による実践的な事例を紹介した展示が行われた。ここでは,初日のキーノートおよび2日目のセッションの模様をお届けする。

名刺管理から,ビジネスがはじまる――キーノートから見るSansanのこれからとSansanが生み出すイノベーション

AI名刺管理,同僚コラボレーション,顧客データHub

初日のキーノート,トップバッターとして登場したのはSansan株式会社 代表取締役社長 寺田親弘氏。

「名刺管理から,ビジネスがはじまる」⁠力強いメッセージを述べたSansan株式会社 代表取締役社長 寺田親弘氏

「名刺管理から,ビジネスがはじまる」。力強いメッセージを述べたSansan株式会社 代表取締役社長 寺田親弘氏

寺田氏は,SIP2019の狙いとともに,これからのSansanの未来について語った。⁠出会いからイノベーションを生み出す」⁠名刺を企業の資産に変える」⁠名刺はビジネスを始めるためのもの」という,Sansanリリース時からのコンセプトをふまえつつ,今,この先のビジネスシーンにマッチすべく,Sansanのリニューアルを進めているとのこと。

寺田氏が考えるSansanのリニューアル,進化のポイントは次の3つ。

  • AI名刺管理
  • 同僚コラボレーション
  • 顧客データHub

Sansanのリニューアルのポイント,⁠AI名刺管理」⁠同僚コラボレーション」⁠顧客データHub」

Sansanのリニューアルのポイント,「AI名刺管理」「同僚コラボレーション」「顧客データHub」

⁠AI名刺管理」は,すでに記録された名刺管理の履歴を分析し,その結果から,個々人の得意領域などをデータ化し,組織内の強みを高めていくことを目的とするための機能。

⁠同僚コラボレーション」は,AI名刺管理とは違った観点から,社内における人脈という価値を,一層高めるべく,企業に属する同僚同士の人脈をつなげることにより,シームレスかつスピーディなコミュニケーションを目指す。とくに普段接することがない同僚同士のデータまでもつなげられる点に注目したい。

最後の「顧客データHub」は,Sansan独自のAI技術を活用し,名刺の各項目ごとの名寄および分析を行うことで,顕在化している状況の改善だけではなく,潜在的にビジネスになりうるであろう企業や人のつながりを,その組織に提供することが可能となる。

これら3つのポイントを説明した上で,寺田氏は「社内にあるビジネスデータをSansanに集約し,その先にある可能性をさらに広げること,すなわち,イノベーションにつなげるための第一歩としての名刺管理こそが,Sansanが目指す世界です」と,Sansanリニューアルの目的,そして,同社が目指す未来について語った。

社内外のコミュニケーションの活性化がビジネスを広げる~寸劇でSansanの強みと魅力を紹介

続いて,Sansan株式会社CPO(Chief Product Officer)の大津裕史氏が登壇し,寺田氏が説明したSansanが目指す未来について,ゲストの事例とともに紹介を進めた。

Sansan株式会社CPO(Chief Product Officer)⁠ 大津裕史氏

Sansan株式会社CPO(Chief Product Officer) 大津裕史氏

外部からのゲストとして登壇したのは,Sansan上で(グループ企業全体で)1,300人以上の従業員が50万枚の名刺管理を実践している,森ビル株式会社執行役員/株式会社ラフォーレ原宿 代表取締役社長 荒川信雄氏。

荒川氏自身,とくに同僚コラボレーションによる従業員感のコミュニケーションを評価し,日々,多くの社員と積極的にコミュニケーションを取りながら,次の一手を考えているそうだ。

紹介にあたっては,同社の社員が演技を行う寸劇が盛り込まれ,Sansan株式会社としてのカラーが全面に押し出された,ユニークかつ観客を引き込むプレゼンテーションが印象的だった。

荒川氏もキャストとして寸劇に参加。主役の女性との名刺交換風景

荒川氏もキャストとして寸劇に参加。主役の女性との名刺交換風景

IT/ビジネス分野のキーノートとは思えないぐらい,質の高い寸劇で聴講者を劇の世界に惹き込みながらSansanのリニューアルを紹介。ちなみに両名ともSansan所属の社員とのこと

IT/ビジネス分野のキーノートとは思えないぐらい,質の高い寸劇で聴講者を劇の世界に惹き込みながらSansanのリニューアルを紹介。ちなみに両名ともSansan所属の社員とのこと

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/