レポート

データサイエンスの実践に必要な4つの柱とは? ―「PyCon Malaysia 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

鈴木たかのりです。2019年の個人的な挑戦として「海外のPythonカンファレンスにトークやポスターを応募しまくって,採択されたら行く」ということを行っています。今回レポートするPyCon Malaysiaは5ヵ国目です。過去のレポートもgihyo.jpに掲載していますので,ぜひ興味のある国のレポートを読んでみてください。

PyCon Malaysiaとは

PyConはプログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカや日本をはじめ世界中で開催されています。

PyCon Malaysia 2019 Webサイト

PyCon Malaysia 2019 Webサイト

PyCon Malaysiaは2014に第1回が開催されました。2017にはPyCon APAC in Malaisiaとして,アジア太平洋地域のPyConが開催されました。そのときの模様は以下のレポートで確認できます。

以下はPyCon Malaysia 2019の開催概要です。

URLhttps://pycon.my/
日程2019年8月24日(土⁠⁠,25日(日)
場所マレーシア,クアラルンプール
会場iSpace TTDI
参加費220リンギット(約5,500円)
主催PYCON MY PLT

日本からの大荷物

今回日本からの移動は思いがけない大荷物となりました。きっかけは韓国のYounggun氏からの以下のようなメールでした(Younggun氏はPSF:Python Software Foundationの2016年の理事でPyCon KRの立ち上げメンバーでもあります⁠⁠。

The PSF will have a booth at PyCon MY (Aug 24-25), PyCon JP (Sep. 16-17), PyCon TW (Sep.20-22)

I'll attend JP and TW but unfortunately, I can't make it to MY due to biz trip. So the problem is how to send the booth kit to MY from KR.

I'm thinking if we can deliver the kit from/to countries we've scheduled for travels like below:

  • KR -> JP (Arai)
  • JP -> MY (Takanori)
  • MY -> JP (Takanori)
  • JP -> TW (Younggun, will attend both)

これはどういう内容かというと,PSFがスポンサーしているイベントではPSFがブースを出してPythonステッカーなどを参加者に配っています。また,ブースには通常PSF Conference KitというPythonロゴが入ったバックパネルを設置しています。そのKitは東アジアではYounggun氏が管理しているのですが「マレーシアに行けないのでtakanoriが持って行ってくれない?」というお願いでした。

PSF Conference Kit(イメージ)

PSF Conference Kit(イメージ)

「まぁ,やります」と返事をして,Iqbalさん(元PyCon JP理事)が韓国から日本に持ち帰ったKitが宅配便で自宅に届けられました。そして,そのデカくて重たいKitを持って空港へと向かいました。

Conference Kitとカバン

Conference Kitとカバン

いつもは,現地での移動には(楽しいので)できるだけ公共交通を使うのですが,さすがにこの大荷物なのでGrab(配車サービス)を使って車で移動しました。

Conference Kitの設営,オープニング

次の日はカンファレンスの1日目です。早めにConference Kitを持って会場に移動し,PyCon Malaysia 2019のChairであるJames氏とあいさつをして会場に設営しました。

各国PyConでボランティアスタッフをしている(私には)おなじみのNoah氏と一緒にConference Kitを組み立てました。そのときに衝撃の事実が発覚しました。なんとバッグの中にキャリーが入っていたのです。がんばって家から空港まで運んだあれはなんだったのか……。

Noah氏とConference Kitを組み立て中

Noah氏とConference Kitを組み立て中

まぁ,悔やんでもしょうがないので,Conference Kitを組み立ててメイン会場に設置しました。大仕事を終えたな!!という感じです。

Conference Kitができあがった

Conference Kitができあがった

その後時間となりイベントのオープニングとなりました。先ほど話したJames氏のあいさつでPyCon Malaysia 2019が始まりました。

PyCon Malaysia 2019のオープニング

PyCon Malaysia 2019のオープニング

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory

バックナンバー

2019年

  • データサイエンスの実践に必要な4つの柱とは? ―「PyCon Malaysia 2019」レポート

バックナンバー一覧