レポート

年に一度のロボットエンジニアの晴れ舞台「ROSCon JP 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

基調講演2:これからのGazebo

午後最初のセッションは,Open RoboticsエンジニアのLouise Poubelさんによる基調講演で始まりました。LouiseさんはROSの主開発企業であるOpen Roboticsに勤めており,主にロボットシミュレータGazeboを開発しておられます。Gazeboはこれまでモノリシックなアーキテクチャで設計されていましたが,それがモジュールに分解されプラグイン構造で機能の拡張を可能にする柔軟なアーキテクチャに変更された話をしていただきました。このアーキテクチャの変更に伴い,GazeboはIgnitionと名称を変えて呼ばれるようになっていくことが報告されました。

基調講演を行うLouiseさん

基調講演を行うLouiseさん

ライトニングトーク

基調講演のほか,多くの講演が行われたのですが,そちらはROSCon JP 2019ホームページのプログラムをご参照ください。プログラム委員会が厳粛に選んだ講演であるため,どの講演も非常に質の高い内容でした。10月中旬頃には講演の様子を録画したビデオや各講演者のスライドがオンライン上で共有される予定です。

この場ではそれらの講演以外に催されたライトニングトークの様子をレポートします。ライトニングトークはROSCon, ROSCon JPではおなじみのセッションです。ROSCon JP 2019の当日に発表希望者を募り,一人当たり3分の文字通り電光石火の勢いで発表を行います。中には3分の限られた中でドローンを飛ばす発表者がいたり,最近発売されたDJIのRoboMaster S1をハックしてROS対応させた発表者がいたり,と1時間のセッションに20名以上の方が矢継ぎ早に発表していき,大変に会場が盛り上がりました。

前日にROS対応させたドローンを会場で飛ばす発表者

前日にROS対応させたドローンを会場で飛ばす発表者

RoboMaster S1のROS対応ハックを行った発表者

RoboMaster S1のROS対応ハックを行った発表者

企業スポンサー展示

ROSCon JPは企業スポンサーによる展示ブースが豪華なのも特徴です。昨年の「ROSCon JP 2018」の成功を受けて,今年は昨年以上にスポンサー企業に大変に恵まれた会議となりました。プラチナスポンサーはスポンサー申込当日にすぐ決まり,最終的には24社にスポンサー申し込みをいただき,会場の大きさの問題で数社のキャンセル待ちができるほどでした。

展示ブースでは,愛玩ロボットや人型ロボット,協働ロボット,移動ロボットが所狭しと展示されていました。ネットワーキングや商談に繋がる企業も多く見受けられました。

企業スポンサー展示ブースの様子(その1)

企業スポンサー展示ブースの様子(その1)

企業スポンサー展示ブースの様子(その2)

企業スポンサー展示ブースの様子(その2)

ROSCon JP 2019を終えて

ROSCon JP 2019は昨年よりもグレードアップし,2日開催となりました。今現在いただいているアンケート結果を見ても,初日の講習会,2日目の会議本番ともに参加者の満足度の非常に高いイベントになったと確信しております。昨年に得られた改善点を改善しつつ,また新しいことにもチャレンジできた会議となりました。

レセプションでのROSCon JP 2019実行委員と基調講演者

レセプションでのROSCon JP 2019実行委員と基調講演者

また,多くの企業の方々が積極的にロボットエンジニアの採用活動をしている様子もさまざまな場面で伺えました。これからはROSコミュニティでの活躍が,趣味だけでなく仕事にも直結していく時代となっていくことでしょう。その晴れ舞台のひとつにこのROSCon JPがなれるように,これからも実行委員の一人として尽力していきます。

当日の講演の様子はTwitterのハッシュタグ #ROSConJP2019 で検索すると,今からでもその熱量を感じることができます。来年もおそらくROSCon JPは開催されるでしょう。来年のご参加,心よりお待ちしております。

著者プロフィール

近藤豊(こんどうゆたか)

株式会社Preferred Networks エンジニア

仕事の合間にROS Japan Users Group 主宰とROSCon JP 運営委員を華麗(?)にこなす自称ROSエヴァンジェリスト。趣味で始めたROSプログラミングが高じて,仕事でもROS を使ったロボットプログラミングに携わる。

2013年,奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程を修了,博士(工学)。同年,株式会社カワダロボティクスに入社し,後年は開発部主任として製品化プロジェクトの一部をリード。2018年より現職。高専時代から現在に至るまで,人に何ができるか,ロボットに何ができるか,人とロボットに何ができるかに関心を抱き続ける。アカウント名の youtalk は本名yutaka のもじり。

1985年生まれ。大阪府大阪市出身。1児の父。正直,書籍執筆は当分こりごりだが,実践編の企画もなくはない(こともない)。

URL:https://www.youtalk.jp/
Twitter:@youtalk

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧