レポート

モバイル・クラウド時代の新たなオフィスソフトへ,LibreOffice Conference2019 Almería, Spainレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

LibreOffice Conference(通称LibOCon)は,オープンソースのオフィスソフトであるLibreOfficeの年次カンファレンスで,例年(決まっているわけではありませんが)ヨーロッパ圏で開催されています。プロジェクトの多くの開発者,貢献者,ユーザーが一同に介して,さまざまな議論を行います。

今年2019年は9月10日〜13日の日程※1で,スペインのアルメリア(Almería)で行われました。アルメリアはスペイン・アンダルシア地方,地中海に面する美しい小都市で,オープンソース的にはデスクトップ環境KDEの年次カンファレンスAkademyや,同じくGNOMEの年次カンファレンスGUADECをホストしてきました。

今年のLibOConの参加者数は29カ国から102人とのことです※2⁠。

※1
9月10日はコミュニティメンバーによるディスカッションの日で,カンファレンスとしては11日〜13日の3日間です。
※2
実行委員Ismael Orea氏のブログ記事より。

LibreOfficeとそのプロジェクトの現状

透明性があって開発者フレンドリーな体制を目指してOpenOffice.orgからフォークしたLibreOfficeプロジェクト。このカンファレンスの時点で発足からほぼ丸9年※3となります。プロジェクトの継続性を特定の企業に左右されないため,非営利組織であるThe Document Foundation(TDF)によりホストされています。

※3
9月27日でちょうど9周年を迎えました

LibreOffice,またはその標準フォーマットであるOpenDocument Format(ODF)を政府系機関の標準として採用を進めている国には,フランス,イギリス,台湾,ハンガリーなどがあります。日本国内では会津若松市JA福岡市などが採用しています。

タイムベースリリースで年2回のメジャーリリースで活発な新機能追加が行われ,ほぼ毎月のペースでのマイナーリリースにて不具合が修正されています。最新2バージョンがサポート対象で,本稿執筆時のバージョンはそれぞれ6.3.2,6.2.7となります※4⁠。

※4
なお,LibreOfficeのバージョン表記は上の二つ(6.3)がメジャーバージョンです。

カンファレンス初日のオープニングトーク「State of the Project」から,いくつかトピックを拾ってみましょう。

図1 オープニングセッションの様子。The Document Foundation公式ブログより。

画像

LibreOfficeのユーザー数は世界中で推定2億人とされ,Linuxディストリビューションのほぼすべてが標準のオフィスソフトとして採用しています。Windows,Mac,Linux版が公式に存在し,BSD系のビルドもコミュニティにより行われています。また近年は,Google DocsやMS Office OnlineのようなWebブラウザから利用するシステムを独自に構築できる「LibreOffice Online」の開発も活発です。

ソースコード管理はGitを採用していて,年間のコミット数は15,000ほど(周辺プロダクトも含む⁠⁠。1年間になにかの活動を行った開発者は200人以上です。企業に属している開発者だけでなく,ボランティア開発者が1/3を占めているのが特徴的です。

ダウンロードについての統計も公開され,サーチエンジンとしてロシアのYandex経由が20%近いのは興味を引かれました。地域別にはヨーロッパが60%でダントツで,アジアからは10%程度,アフリカは1%ほどです。人口比から大いに伸びる余地がありマーケティングを進めていくそうです。アジアの中ではトップが日本が26%です。しかし人口当たりのダウンロード数でいうと,アジア全体の9%である台湾がトップとなります。さすがに政府がODFへの移行を推進しているだけのことはあります。

次からは筆者の目にとまったトピックをいくつか紹介します。

オンライン版LibreOfficeの開発は堅調,関心は運用にも

ブラウザベースでのコンピュータ利用のニーズの高まりや,エンタープライズにおけるオフィスワークの共同作業効率化,TCOの削減などのニーズに答えるべく,前述のように,LibreOfficeをWebブラウザから利用できるようにする「LibreOffice Online(通称LOOL⁠⁠」が開発されています※5⁠。

※5
特にヨーロッパにおいては,米国一国主義に対する警戒感が強いこともあり,政府系組織では,GoogleやMicrosoftという米国企業が提供しているクラウドベースのサービスに対応するものを,自身のインフラ上に独自に構築できるLOOLに関心が高まっています。

LOOLはGoogleやMSのサービスとは異なり,TDFや特定のベンダーがサービスを提供しているわけではなく,LibreOfficeの共同編集をWebベースで行うためのサーバー(C++)とフロント(JavaScript)の組み合わせをOSSで提供しています。またフロント側も単独のソフトウェアとして完結しているわけではないため,任意のソフトウェア開発者は自身のWebサービスに本格的オフィスソフトの編集機能を取り込むことができます。よくある組み合わせとしては,オンラインストレージ構築OSSであるownCloudNextcloudにプラグインを導入して,ODFの編集機能を統合する使い方です。

実装としてはLOOLサーバーはLibreOfficeそのものをLibreOfficeKit(LOKit)というC++のヘッダライブラリで起動し,レンダリング結果を256x256のタイルに分割して(タイルレンダリング)WebSocket経由でフロントに送信します。フロント側はLeafletでこれらを並べて描画します。クライアントの環境(ブラウザ,OS,インストール済フォントなど)に依存せず完全に同じレンダリング結果を保証しています。

LOOL関係の発表で特に紹介したいのはIván Sánchez Ortega氏による「Getting on key」で,JavaScriptのキーイベントについてのものです。

図2 JavaScriptのキーイベントについての講演でテキストコンポジションについて説明するIván Sánchez Ortega氏(撮影 おがさわらなるひこ)

画像

JavaScriptのキーの扱いについて,イベント種別,テキストコンポジション,さらにキーや入力の種別といったさまざまなトピック,そして落とし穴,結局どうすればいいのか?をわかりやすくまとめた発表でした。このようなWebフロントエンド界隈の深い知見が必要とされ,活かす機会があるという意味で,LOOLがLibreOfficeの,そしてLibOConの世界を広げていると感じました。

Philippe Hemmel氏「Integrating LibreOffice Online in Alfresco」は,文書管理のためのOSSAlfrescoへのLOOLの統合について発表しました。Alfrescoはワークフローなどの機能を備える強力な文書管理システムですが,共同作業には不向きでした。それをLOOLを統合することで改善したというものです。パフォーマンスを引き出すためにロードバランサーの配下にLOOLを入れ,またLOOL自体の監視を行うプロセスも自作したとのこと。

ロードバランサー+LOOLについての議論は,村上正記氏による「Experiment for large-scale operation of LibreOffice Online, 2019 Edition」でも行われました。

このような,活用方法や運用についての発表の存在はLOOLが実用段階にいることの現れです。

図3 村上氏の発表スライドからまとめページ(撮影 おがさわらなるひこ)

画像

著者プロフィール

おがさわらなるひこ

LibreOffice日本語チーム所属,The Document Foundationメンバー。主な担当はUI翻訳や東京圏でのイベント企画など。本業は(株)SHIFT SECURITYにてソフトウェア脆弱性診断の仕組み化などを担当。自由なデスクトップとしてUbuntuを愛用。

Twitter@naru0ga


榎真治(えのきしんじ)

LibreOffice日本語チーム所属。The Document Foundationメンバー。主な担当はイベントの企画運営などを通じてコミュニティの成長を図ること。ビジネスではLibreOfficeのサポートを提供しており,The Document Foundation認定移行専門家でもある。

Twitter:@eno_eno