[祝!ダイオウイカ動画撮影成功]日本人が世界で初めて撮った「モンスター」─この手に“The First”の称号を~世界を驚かせる日本人科学者たち

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

この記事は技術評論社刊『英語野郎 Vol.2』⁠2005年12月22日発行)に掲載されたものの転載です。このほど国立科学博物館の窪寺恒巳氏をはじめとするチームにより動く姿が撮影されたダイオウイカ,2005年にその写真撮影に初めて成功した際の窪寺氏のインタビューをここに公開します。

2005年9月28日,イギリスの学術誌『The Royal Society』のWebサイトで,世界中の海洋学者にとって衝撃的な論文と写真が公開されました。これまで誰も見たことがなかったダイオウイカgiant squid学名:Architeuthis)の生きた姿を,国立科学博物館の窪寺恒巳さんら日本の調査チームが初めて撮影に成功したのです。

世界で最も巨大な無脊椎動物the world's largest invertebrateであるダイオウイカは,ときたま死骸が海岸に打ち上げられたり,死にかけた状態で漁網にかかることはありましたが,深海に棲息していることもあってその生態は謎に包まれていました。数多くの科学者やカメラマンが生きたダイオウイカの姿を追い求め,撮影を試みたものの,いずれも失敗に終わっています。

AP通信The Associated Pressが配信した記事のリードを見てみましょう。

Scientists Get First Photos of Rare Giant Squid in Wild

TOKYO (AP)-- When a nearly 20-foot long tentacle was hauled aboard his research ship, Tsunemi Kubodera knew he had something big. Then it began sucking on his hands. But what came next excited him most-- hundreds of photos of a purplish-red sea monster doing battle 3,000 feet deep.

※tentacle:触腕

※be hauled aboard:船上に引き揚げられて

※suck on:~に吸い付く

調査船に引き上げられた約20フィート(6m)もの触腕,窪寺さんがそれに触れるとさっきまでダイオウイカの一部だったそれは,まるでまだ持ち主がいるかのように手に吸い付いてくる,しかし引き揚げられたもうひとつの成果であるカメラはもっと興奮を誘うものだった。深海3,000フィート(900m)で激しく動く怪物─モンスター)の何百枚もの写真を撮っていたのだから…。

─―船上での窪寺さんたちの熱気が伝わってくるような,躍動感あふれる文章です。

今回の撮影成功について,窪寺さんはAP通信の取材に対し「We were very lucky」と答えています。しかし単なる偶然によるものではなく,長年に渡る地道な調査と研究が千載一遇の⁠lucky⁠をもたらしたのは明らかです。科学者にとって最高の名誉とも言うべき「一番乗り」を果たした要因はどこにあったのでしょうか。

漁師さんのテクニックを応用

さっそく,国立科学博物館の窪寺さんにお話を伺いました。

窪寺恒巳さん,ダイオウイカの模型を手に,親切に説明していただきました

窪寺恒巳さん,ダイオウイカの模型を手に,親切に説明していただきました

窪寺さんがダイオウイカの撮影にあたってまず目をつけたのはマッコウクジラです。よく図鑑なんかで格闘する図が描かれていますが,実際マッコウクジラの胃の内容物を調べると,95%以上はイカを食べているそうです。そこで,マッコウクジラのいるところにはイカもいると考え,日本の近海でマッコウクジラが多く見られる小笠原に乗り出しました。

ダイオウイカと違って,マッコウクジラは呼吸のために必ず海面に上がってきますから,そのときに記録装置をとりつけると,ある程度行動パターンを調べることができます。こうしてマッコウクジラのいる水深や海域を調べて,そこにアタリをつける形で撮影装置を仕掛けました。

仕掛けは小笠原の漁師さんが「旗流し」と呼んでいる釣り道具を改良したもの(図1)で,水面に出た浮きからダイオウイカが生息していると思われる水深400~1000メートルの深さに,エサとなるスルメイカJapanese Common Squid)⁠エサのにおいを出すオキアミのすり身mashed euphausiid shrimps)⁠そしてカメラと深度計がセットされたユニット(NTPR systemと呼ばれている=写真)を垂らして写真を撮るというもの。

図1 仕掛けの概要,bait squidはイカ型の疑似餌

図1 仕掛けの概要,bait squidはイカ型の疑似餌

カメラユニットに触らせてもらいましたが,非常に頑丈で重かったです。NTPRとは国立極地研究所National Institute of Polar Researchのことで,この機材はもともとアザラシの胴体に取り付けて,アザラシの視点で見えるものを撮るために開発されたそうです。

双眼鏡のような形の一方の筒がデジタルカメラ,もう一方にストロボが付いていて,同調して撮影できます。中には深度記録計depth loggerとタイマーが入っていて,タイマーで撮影開始時刻や撮影間隔をセットし,撮影中の水深も同時に記録できます。水深2000メートルまで耐えることができます。ただ,特注品で非常に高価なので,なかなか買えないとのこと。この機械も作られてから10年以上経っていて,データは撮影後に引き上げて,パソコンにつなぐまで見ることができません。撮影できる画像のサイズが150Kバイトで最高600枚,最短撮影間隔も30秒と,現在のデジカメと比べると,ちょっとパワー不足が否めません。

窪寺さんの前にあるのが実際にダイオウイカを撮影したNTPR systemと呼ばれるユニット

窪寺さんの前にあるのが実際にダイオウイカを撮影したNTPR systemと呼ばれるユニット

2002~2004年にかけて,9~11月のマッコウクジラが小笠原に近づくシーズンにこの機材を毎朝早くから海に出てセットして,5時間くらいかけて連続撮影が終わるのを待って回収,戻ってパソコンにつないで撮った写真を確認,という作業を繰り返しました。その間下ろす深さや海域,エサとカメラの間隔を変えたり,オキアミをつけたりといった試行錯誤を行い,23回めにやっとダイオウイカを撮影できたそうです。仕掛けをセットした後も陸に戻って一服なんてできず(旗が見える範囲にいないと見失ってしまうそうです)⁠2台あったカメラも1台無くしてしまうなどアクシデントにも見舞われ,簡単に撮れたわけではありません。

バックナンバー

生物

  • [祝!ダイオウイカ動画撮影成功]日本人が世界で初めて撮った「モンスター」─この手に“The First”の称号を~世界を驚かせる日本人科学者たち

コメント

コメントの記入